2017年5月22日 (月)

岩崎佳子&稲葉國光

 ジョンダーノ・ホールで昨日開かれたジャズライブには
大変驚きました。超一流ミュージシャンの生演奏がたった
の二千円で聴けるなんて驚き桃の木です。(@@

 すいません。チケットの値段から入る辺りは凡人の極み
なんですが、とにかく凄いんです。

 そして、改めて思いました。

「黒木先生って、一流の趣味人だなー。」fuji

 自分が楽しむだけではなく、地元の皆さんにも一流の
生演奏を楽しんで貰いたいという心意気が素晴らしい!!。

 なんと、これまでに50回数回もサロンコンサートを実施
したそうです。私が聴いたのはたったの3回ですが、実は
毎回聴かなきゃ損という内容ばかりです。

 ということで、昨日の会場で買ってきた2枚のCDを聴いて
います。

 Dscf4049

 いや~、良いな~。実に良い。
岩崎さんのピアノは、音楽性豊かで音の粒立ちがハッキリ
してとても綺麗。稲葉さんのベースは非常に骨太でベース
フェチの私にはたまりませんね。決して出しゃばらない所が
特に良いです。

 実は、私のオーディオシステムは、ベースを本物の楽器
以上に楽しめることを目標に構築しています。
20cmウーファー2発のB&W、Nautilus802では全く物足り
なかったので、B&Wのサブウーファー、ASW850用の15
インチユニットを英国から取り寄せて自作の密閉式ボックス
に取り付けて鳴らしています。超低音専用のチャンネルデバ
イダーを使って4Wayにしているので、扱いが難しい低音も
自由自在。稲葉さんのベースが重厚に唸りますが、今まで
氏を存じ上げなかったのは痛恨の極みです。。

Dscf4051

 それにしても、稲葉さんの経歴を調べたら凄いのなんの。
半世紀に渡っての世界の超一流ジャズメンとの競演もそう
ですが、御歳83歳!?。(@@

 いやはや、昨日の演奏からは微塵も感じられませんで
した。世の中には本当に凄い人がいるものです。fuji

 

| | コメント (0)

2017年5月21日 (日)

裸の季節②

 今日も絶好のカヤック日和でした。
波高1mでも、波が立っていたのでサーファーは10人以上
いました。

Dscf4041

 水際にも子連れの親子が30人ほどいましたが、沖へ
漕ぎ出せば他には誰もいません。航行する船も見あたり
ませんでした。貸切感ハンパ無いです。fuji

 それに、5月は雨が少ないので水が澄んでいて最高です。
波乗りも楽しみました。昼まで2時間ほど乗っていました。

 次に、今日は15:00からジョンダーノ・ホールで、岩崎
佳子&稲葉國光のジャズライブがあったので、久しぶりに
トールライダーで出掛けました。

Dscf4042

 ライブ会場でCDを買うつもりだったので、モンベルの
フロントバッグを装着していきました。6年前に実施した、
「チャレンジ!ワンデイラン600Km」で使って以来
押入に眠っていた代物です。

 トールライダーは目線が高いので、非常に視界が広くて
爽快感が最高です。世界が違って見えます。(笑)

 ホールに着くと、クールダウンをしながら、「プシュ!」
一発。これはたまらん!!。(笑)

 ライブも実に良かったです。
その話はまた明日。。


| | コメント (4)

2017年5月20日 (土)

裸の季節

 昨日の加茂港の海水温は16.9℃。
気温は高く、もう裸で漕ぎ出しても平気です。(^〇^

Dscf4040

 やっぱり、サーフスキーは海パン一丁に限りますなー。
爽快感が全く違います。経験上、波高1.5m以上の時は
ライフジャケットを着けますが、今日は1mなので必要なし。
再乗艇は問題ないし、水温17℃だと沈しても冷たくありま
せん。

 波乗りも楽しみました。カヤックサーフィンは本格的に
やってみたいですね~。

| | コメント (2)

2017年5月 7日 (日)

低山探訪MTBサイクリング

 今日は、昼から低山探訪MTBサイクリングに出掛けました。
一般道は極力避けて走行し、まずは高舘山から。

Dscf4013

 善寶寺のすぐ南に池があるのは知りませんでした。
歩く人も殆ど居ないような道だしね。

 その先には獣道に近い道があったので、登ってみました。

Dscf4015

 道は益々細くなり、走行困難になりました。

Dscf4017

 崖ですが、この先はいよいよヤバくなったので潔く撤退
です。高舘山の麓なのは間違いないのですが、これは無理。
下りたら、椙尾神社に出ました。新発見です。

 今度は、間違いないルートとして、下池から向かうことに。

Dscf4018

 ラムサール条約登録湿地となったからでしょう。昔は
無かった観察小屋やトイレが出来ていました。
一部ですが、舗装もされてるし。(@@

 その割には訪れる人が少なくて私好みです。
とっても気分良く周遊路を走りました。

 途中から高舘山への登山道へ上がるつもりでしたが、
MTB禁止とのこと。あれ~。。

Dscf4020

 高舘山に熊が出るとは、まぁ珍しい。

 MTB禁止表示がない脇道を攻めてみましたが、途中
から急坂になって、MTBでは登れませんでした。
若い頃はバイクでよく登ったんですがねぇ。。。

Dscf4021

 下池周遊道にはトイレや東屋が随所にあって、さすがは
環境省!?と思いましたね。

Dscf4022

 終点は桜の名所でもある大山公園で、展望は抜群です。

Dscf4023

Dscf4024

 その後は一般道で高舘山に向かいましたが、寄り道して
昔の加茂坂を登ってみました。

Dscf4025

 トンネルで行き止まりなのは知っていましたが、チャリで
登るのは大変な坂だったし、路線バスが転落したことも
ある難所なので、久しぶりに走りたくなったんです。

 が、今走ると、全然どうということないな。

 ちなみに、その転落したバスには、ウチの婆ちゃんも
たまたま乗っていたそうです。(爆、、、

 結局、高舘山には舗装されている車道で登りました。
ヒルクライムに好適なコースですが、重いMTBでも楽勝
です。

 山頂には高さ20mの展望塔があるんですが、幼稚園の
遠足以来なので、なんと50年振りに登りました。
もちろん、ダッシュで。dash

 いや~、素晴らしい眺めですね。何たってタダですから。

Dscf4026


Dscf4028

 山頂には、下池から登ってきたという4人パーティが
いました。花好きには人気の山のようです。

 一方、花には全く興味がない私は、林道を湯野浜へ
下りました。MTBのタイヤ痕が一本だけあったので、
他にも物好きがいるようです。

 次に目指したのは、標高307mの荒倉山。
油戸から菱津の方へ抜けて東から登りましたが、ありゃま、
長く急な階段が現れた。どう見ても参道ですね、これは。

Dscf4030

 MTBで登るのは不可能なので、目的地を葉山に変更
しました。三瀬の手前にある低山ですが、これが予想外
に手強い。北側から登ったら、道が完全になくなって断念。

 今度は南から登ったものの、かなりの急坂で、28ー28T
のローギアでは本当にギリギリでした。ダンシングで頑張り
ましたが、トルクを掛けすぎると後輪がスリップして、マジで
キツかったです。

Dscf4031

 何度も道を間違えながら、ようやく山頂付近に到達
しましたが、道標はおろか踏み跡も無い。。。

 一般的に、里山の多くは地元民に愛されているもの
ですが、この山は全く誰にも相手にされない山のよう
です。coldsweats01

 しかし、そこが私のツボに填りました。藪の中、山頂
までMTBを押して辿り着いた時には、何とも言えない
満足感があったんです。標高がたったの154mの山
なのにねー。(笑)

Dscf4032

 その時点で、16:30。帰るか。

 帰りは強い追い風だったので、時速50Km程でぶっ飛び
でした。カ・イ・カ・ンです。good

 17:30に一旦帰宅しましたが、まだ明るいので更に走り
ました。MTBでのダート走行は本当に楽しいですね。happy01

※本日の記録

 走行距離 90.9Km
 最高速度 56.3Km/h
 移動時間 5h37m
 停止時間 53m
 総上昇量 1,448m
 最高高度 301m


  


| | コメント (2)

2017年5月 5日 (金)

液化固形パラフィン・ランタン

 休みが何日かあると、一日は工作をしたくなります。
私の場合。(笑)

 今回は、固形パラフィンを液化しながら燃料として使用
するランタンを作りました。材料は全て在り合わせなので、
費用は2mmのステンレス溶接棒4本と電気代だけです。good

 2年ほど前、解体現場で医療用パラフィンを30Kgも
ゲットしたので、当然のごとくロウソクを作ったら、ススが
出ないように作るのが非常に難しい。普通の蝋より融点が
低いんです。真夏の室内で変形するほどですから。

Dscf4012

 そこで、液化してオイルランタンで使えるようにしたいと
思って、ネットで調べたり化学者の友人に訊いたりしました
が、それなりの設備が必要だし、爆発する危険性が高い
ということで諦めました。

 ならば、燃焼熱で液化するランタンを作ろう!考えたと
いうワケです。市販品はもちろんのこと、実験的な物も全
く見あたらなかったので、完全オリジナルです。

 材料には、ステンレス端材と10mmのボルト、アルミ端材、
ホワイトリカーの空瓶を使い、20mm芯を出し入れする
歯車は10mm平ワッシャーを削って作りました。

 ここまでは順調でしたが、ガラス瓶に芯調節穴兼空気穴
を開けるのがかなり面倒でした。ミニトリマーにダイアモンド
ビットを取り付けましたが、定格時間5分を超えたらダウン。
インパクトドライバーに替えて作業しました。僅か15mm辺
の穴を開けるのに1時間も掛かりました。

 頑張った甲斐あって、完成sign03

Dscf4009

  早速、特製はんだごてカッターで蝋を溶かし入れました。

Dscf4010

 点火して暫くすると、中の蝋が溶け出しました。

Dscf4011

 写真では分かりませんが、芯が浸っている部分は液化
しているので、問題なく吸い上げます。完全に狙い通りです。

 ということで、大成功sign03fuji

 でも、一生掛かっても使い切れませんね。この蝋は。。coldsweats01

| | コメント (0)

2017年5月 4日 (木)

初漕ぎ

 ベタ凪の日本海へサーフスキーで漕ぎ出しました。
今年初です。水温は14℃と、裸でも泳げるほどになって
きました。

 でも、今日はネオプレンのノースリーブ&ショーツ着用。
水が澄んでいて、とても気持ち良かったです。
何よりも、海水浴場を離れると殆ど誰もいないのが嬉しい
です。GWの喧騒とは無縁の世界ですからね。good

 で、南へ7Kmあまり漕いでからUターンして途中の
無人浜でお昼寝~。もちろん、海パン一丁であ~る(笑)

Dscf4007

 鳥海山は大賑わいでしょうね。

Dscf4006

 でも、チョット焼き過ぎました。coldsweats01

| | コメント (0)

2017年4月30日 (日)

魅惑のルネサンス・フルート

 くろき脳神経クリニック内「ジョンダノ・ホール」で開催され
たコンサートを聴きに行ってきました。ソフィオ・アルモニコ
というルネサンス・フルートだけのカルテットです。
リーダーは、トラベルソの名手前田りり子さん。

Dscf4005

 いやー、こんなに珍しくも洗練された古楽が酒田で聴ける
なんて、驚き桃の木ですよ。(@@

 しかも、入場料はたったの¥2,000sign03

 この金額は普通あり得ませんが、地域の人達にも一流の
演奏を気軽に楽しんで貰えらた嬉しい、という黒木先生の
心意気に感謝感謝です。殆ど脚長おじさんですね。fuji

 ルネサンスフルートというのは、バッハ以前の横笛で、
キーは全くありません。日本の横笛も一見同様ですが、
非常に巧妙な内部構造をしているようです。特にバス
フルートには本当に驚きました。長さが1.2~3mも
あって、右手と左手の穴がかなり離れているのに、
音階が繋がるって凄いことですよ。普通の管だったら
穴の間隔が広くなるので、どんな大男でも押さえるのは
不可能です。作るのは無理でしょうが、その構造を調べ
てみたいと思います。

 で、買ってきたCDを聴いていますが、これがまた良い。
リュートと打楽器も加わって非常に華やかで、録音も秀逸
です。前田さんは、チョット宣伝下手だったかもー。(笑)

 それにしても、ジョンダノホールの響きの良さと音の
分離性が良いことにも感心しました。私のオーディオ
ルームのアコースティックを改善したいとマジで思い
ましたよ。

 ということで、良い刺激を頂きました。good

| | コメント (0)

2017年4月29日 (土)

大会に出るぞ!

 自転車屋から以前に貰ってきたフレームを使って組み
上げたMTBで、ラフロードを久しぶりに走り回ったら凄く
楽しい。fuji

 そこで、決めました。

「よしっ、今年こそは鳥海山グルッと一周MTBサイクリング
に出るぞ!!。」

 最長コースはエリートコースの160Kmですが、過去の
大会で実績のある人しか参加資格が無いということで、
140Kmコースで決まりです。今年は10月8日開催です。

 長距離走が快適になるパーツとして、バーエンドも取り
付けました。オンロードも結構ありますからね。

Dscf4002

 そして、公式サイトに載っていたコースの詳細地図
全36枚をプリントしました。時期的にまだまだ早いです
が、試走するためです。

 ところが、これがまぁ難しい。随分と苦労してコース設定
をしたのは良~く分かりますが、地図を見ながら走れる
とは全く思えません。道が無い区間も何カ所かあります。。

 そこで、GPSにトラックを入れるために、PC上の地図と
格闘。。ナンと3時間もかかりましたー。coldsweats01

Dscf4001

 これで140Kmコースです。フー、ヤレヤレ。。。

 慌ててエントリーする気はありませんが、他の大会と
重ならないかのチェックは必要です。SEA TO SUMMIT
は無いから、あとはカヤックだな。。

 すると、ナンチューことでしょう。例年9月に開催している、
宮古シーカヤックマラソン大会が、今年は10月7~8日
開催に決定したのでありました。

 ムムム、仕方ない。宮古のレースは外せないので、
今年も諦めます。。。試走はやりますが。dash

| | コメント (2)

2017年4月23日 (日)

テント山行は良いね

 山仲間3人で、超久しぶりテント山行を楽しんできました。
コースは鳥海ブルーラインの大平から笙ヶ岳です。

P4220002

 22日の13時過ぎにスタート。3m程の雪壁をよじ登って、
山スキーで登ります。ザラメ雪なのでスイスイかと思い
きや、かつての冬山パートナーM氏がまさかの大ブレーキ。

P4220014

 ツアーブーツを新調して上機嫌のT氏は余裕です。

P4220006

 M氏があまりにも遅いので、先に登ってテントを張って
いようと思っていたら、雪が降ってきた。。

 ガスが濃くて視界は10m。。トレースが消えたら追従
不能になるので、諦めて彼を待っていたら寒いのなんの。。

 見晴台付近の台地まで、僅か2.5Km地点まで何と
2時間半近くかかりました。crying

 それ以上の行動は無理なので、テント設置。

P4230024

 ダンロップの名作、Vー300です。荷室用として自立式
に改造したツエルトも持参しましたが、必要ありませんで
した。

 私は今回、通常個人装備の他に、3人用テントと自立
ツエルト、大型コッヘルセット、酒一升を持ちましたが、
ザックはいつもの30L。無理矢理押し込みました。
大型ザックもあるんですが、テントの中では邪魔臭いん
でね。(笑)

 ということで、16時過ぎには酒飲み開始。
ビールに始まって日本酒、ウイスキーと飲みまくりました。
これぞ山の醍醐味です。(笑)

 M氏も完全復調で、メインディッシュの海鮮タップリ
キムチ鍋を食べまくりました。

P4220018

 23時前就寝。sleepy

 4月23日

 昨日から変わらずに一面真っ白で何も見えないので、
ひたすら眠り続けました。何と昼12時まで。(笑)

「これだば、夕方まで晴れねっ!」

と判断して、昨夜の残り汁でうどんを食べて撤収。
下山となりました。視界がないので方向に気を付けて
堅雪を滑りました。楽しかったです。ski

 来週はブルーラインが開通するので、一気に賑わい
ますね。

| | コメント (2)

2017年4月15日 (土)

寄せ集めMTB完成④

 今度こそ完成です。(笑)

Dscf2138

 貯まっていたポイント¥6,000分で、軽量サドルとBBB
のアルミ合金製シートポストをゲットしてきました。ペダルも
手持ちの中からオフ向きの軽量タイプに交換。車重を計って
みると、13.8Kgでした。フェンダーとボトルホルダーを外せ
ば13Kgというところでしょうか。まずまずです。

 ここで、新車時の情報を調べてみました。
ブリジストンのMTBブランドだったワイルドウエストの、マッド
ロックアルミ370(MRA370)で、1991~1992年製、定価
¥80,000。アルミとクロモリのハイブリッドフレームです。
420mmモデルの重量は14.2Kg。色がフレームと全然違う
ので別メーカー品と思っていたフロントフォークは純正品でした。

  フレームサイズは小さいと思っていましたが、370mm
なんですね。シートポストを高めにしし、サドルを目一杯
引いているので窮屈な感じはありません。
思った通りで21速でしたが、チェーンステーを広げて24速
にしています。

 ということで、本完成です。当初の寄せ集めで組むという
思惑から外れて新品パーツに3万円も掛けてしまいましたが、
大会にも出られる性能を獲得したので大満足です。(^〇^

 結局の所、既存のパーツは、、フレーム、フロントフォーク、
ハンドルポスト、ハンドルバー、前後Vブレーキ、前後ホイール、
前後タイヤ、BB、前後フェンダー、反射板、ボトルホルダー、
ペダル、クイックリリース、だけとなってしまいましたー。coldsweats01

 ちなみに、外したシートポストとサドルは、トレーラー専用
にします。鉄製だから丈夫だし、この際なのでヒッチを溶接
しちゃいましょう。good

Dscf2140

このシリーズの最初はこちら。↓

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2017/03/post-bfa0.html

| | コメント (0)

2017年4月10日 (月)

トレイルライド

 いや~、MTBは楽しいね~。happy01

 MTB改ランドナーで会社から帰るとすぐに、MTBで松林
へ。

Dscf2129

 営林署の管理道路ですが、アップダウンが多くてとても
楽しいです。もちろん、車は全く通りません。毎年開催
されているノルディックウォーク大会のコースでもあります。

Dscf2130

 若い頃はオフロードバイクで飛び回ったもんですが、
今は禁止されているようです。

Dscf2132

 湯野浜まで往復12Km程なので手軽なコースですが、
ここをMTBで走ったのは11年振りです。そのMTBは、
妻の車に轢かれてお釈迦になったので、リカンベント1号
として生まれ変わらせたのでありました。(笑)

Img_2060

| | コメント (0)

2017年4月 9日 (日)

松の木要らんかね?

 ほんの22年間放ったらかしにしていただけで松林に
なってしまった砂丘畑で松の木を伐採をしたので、丸太が
大量にあります。ちゃんと乾燥させれば薪として使えるので、
誰か要りませんか?。軽トラックが入れるように下刈りも
してあります。国道沿いの分かりやすい場所です。

 しかも、一人で普通に持てる長さに切ってあります。
太さは10~25cmで、枝は落としてあります。

 ただし、昔から生えていた大松を3本だけ倒しましたが、
それは凄く重いので、2mの長さで切ってそのままにして
います。

Dscf2082

 最初はこんな感じ。

Dscf2070

 隣の畑に日が差しにくくなって迷惑を掛けていたので
倒したワケですが、全部倒すと風当たりが強くなるという
耕作者の意向を汲んで、1/3程度です。

 それでも、軽トラ10台分以上はあるでしょう。

Dscf2083

 運び出したいんですが、トラックが無くてねー。
キャリアじゃ面倒だし。。。coldsweats01

| | コメント (0)

2017年4月 8日 (土)

寄せ集めMTB完成③

 8枚のカセットスプロケットの内でトップ側4枚に歯飛びが
発生するので、新品に交換しました。

Dscf2123

 これまでの11-32Tから11-28Tに変更です。
最小ギア比は1.0。今度こそ変速バッチリsign01good

 また、このMTBは悪路専用車なので、泥ハネ対策として、
在り合わせのフェンダーを加工して取り付けました。

Dscf2127

 ついでなので、通勤用のMTB改ランドナーも整備しました。
切れたシフトワイヤーを交換し、ハブのグリスアップ。歯飛び
するスプロケットを4枚交換しました。古パーツですが、問題
ありません。

 さてと、午後からはMTBで里山でも走ってくるかー。

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2017/04/post-ef7c.html

へつづく。。


 

| | コメント (2)

2017年4月 2日 (日)

椅子の修理

 いや~、MTBは楽しいなぁ~。
ロードバイクが走れない所もガンガン行けます。今日は山の
天気がパッとしないので、自転車の整備&ライドを楽しんで
いました。

 が、頭の中で妻の声が聞こえました。

「一体いつになったら椅子を直してくれるの?」

 45年程前に買ったという食卓の椅子の事ですが、6脚の
内で3脚が壊れていて、もう2脚も壊れ掛かっています。
残りの1脚は6年余り前に私が本格修理したので問題あり
ません。つまり、5脚が要修理なんです。sad

 年末にバラし始めたんですが、修理は嫌いなので殆ど
やる気なくてねー。coldsweats01

Dscf2115

 見ての通りで、肝心要の座面取り付け部がプラスチック
製のために劣化して使えないんです。高度成長期には
画期的な材料だったんでしょうが、木材に勝る物はありま
せん。当時の職人が邪な道に走ってしまったことが甚だ
遺憾です。。。

 さて、今回は5脚の修理なので、ちょっと本気になって、
材料を探しました。欅と樹種不明の銘木、集成材を使う
ことにしました。まずは墨付けです。

Dscf2121

 そして、穴開けの準備。位置と角度をしっかりと合わせ
なくちゃいけないんでね。

Dscf2114

 続いては、試し掘りです。これはかなりシビアなので、
5脚分を一緒にやらないと効率が悪いワケです。

Dscf2118

 何度も試して少しきつめの径で決まりました。
ここは妥協してはいけない点です。

 で、今日の作業はここでお終い。MTBで遊びに行ったの
であーる。(笑)

| | コメント (0)

2017年4月 1日 (土)

寄せ集めMTB完成②

 やはり、駆動系は統一しないとダメだったので、パーツを
注文していました。今日の午後に荷物が着くということで、
自転車屋に行ったものの、まだ来てない。。。

 ただ待つのは時間の無駄なので、乗っていったMTB改
ランドナーのハンドルバーテープを交換しました。
かなり痛んでいたので丁度良かったです。
 
 それも、綺麗に剥がれることが無くて苦労したので、時間
潰しには丁度良かったりして。。coldsweats01

 Dscf2108

 さて、今日買ってきたパーツです。

Dscf2110

 ブレーキレバー&シフター、クランクギア、F&Rディレイ
ラー、チェーンです。今度はバッチリ決まりました。

 で、このMTBを組むのに掛けた費用は総額で¥22,000。
新車を買うよりは断然安く済みました。

 ちなみに、フレームはワイルドウエストです。つまりは20年
前のBSのMTBブランドで、実は7速仕様でしたが、力業で
8速のホイールを装着しました。リジッドは、私好みです。good

Dscf2111


Dscf2113

 明日は里山を走りに行こうかなー。happy01 

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2017/04/post-f05c.html

へつづく。。
 

| | コメント (0)

2017年3月31日 (金)

寄せ集めMTB完成!?

「MTBに乗りた~い!!」 

と思って久しいですが、買う気は全く無いので在り合わせ
のパーツを使って組んでみました。パーツといっても廃チャリ
ばかりなので、ろくなモンではありません。coldsweats01

 結果的に、6~8台の合作になったと思います。
MTBだけで4台で、BBは娘が乗っていたママチャリのを
使ったほどですから~。(笑)

Dscf2099


Dscf2100

 まぁ、それはそれは酷いもんで、ホイールやブレーキは
前後共に違うし、クランクギアとカセットは別メーカー。
ディレイラーもかなり怪しいです。シフターが7速なのにリア
のカセットが8速で、チェーンも在り合わせ。大丈夫かsign02

 しかし、どうしても足りない物は、いつもの上ノ山自転車で
買ってきました。チューブ2本にリムバンド、ハンドルグリップ、
ブレーキ&シフトワイヤーです。

 やがて完成しました。

Dscf2102

 一見まともですが、駆動系はダメですね。
庭先で遊ぶ分には良いですが、パワーを掛けるとチェーン
が飛びます。

 やっぱ、も少し投資しないとダメだね~。coldsweats01

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2017/04/post-be14.html

へつづく。。

| | コメント (0)

2017年3月30日 (木)

イワタニ  カセットフー・エコジュニア

 車中での調理では、登山で長く愛用していたEPIの
小型バーナーを使っていましたが、安定性が全く悪い。
先日もフライパンをひっくり返してしまいました。
一度や二度ではないのだ。。。sad

 かといって、普通のカセットコンロでは大きすぎて邪魔
なので、小さいのを探したら良いのを見つけました。
イワタニのカセットフー・エコジュニアです。

Dscf2098

 とても小さいのに安定性は文句なし。ミニテーブルに
載せても全く邪魔になりません。普通サイズのカセット
ガスが使えるし、テフロン加工されているので掃除も簡単。
炎が中央に集まるので、熱効率も良さそうです。

 これで、車中泊がますます快適になるなー。fuji

| | コメント (0)

2017年3月29日 (水)

アウトドア・ボイラー完成!!

 究極のドラム缶風呂は野趣満点で山仲間にも大好評
ですが、足を伸ばして入浴したいので、薪で沸かせて浴槽
を選ばないアウトドアボイラーを作りました。
材料は廃材のステンレス板ですが、1mm厚という薄板
なので、溶接がかなり面倒でした。wobbly

Dscf2094


Dscf2092


Dscf2093_2

 燃焼室の拡大や煙突の取り付け変更、配管の保温等、
何度も改良して完成しました。電池式のポンプを時々回して
お湯を循環させる方式です。満点の星空を眺めながらの
露天風呂は最高でした。fuji

Dscf2096_2

 薪を焚きながら、バーベキューも出来ます。(笑)

Dscf2095_2

 しかし、自宅で使う分には単一乾電池が勿体ないので、
400リットルタンクにソケットを取り付けて、自然循環式に
しました。満月の夜にでも楽しもうと思います。delicious

Dscf2097_2

| | コメント (0)

2017年3月26日 (日)

鳥海山は春の賑わい

 久しぶりに上ノ台から登ろうと思ったので、昨夜は八幡
スキー場で車中泊しました。夜は車が全く来ないので、
非常に静か。お気に入りの場所です。

 で、今朝は4時起きの予定でしたが、奇想天外で物凄く
面白い夢を見ていたので、5時半まで寝ていました。
現実よりも夢を優先するのだー。(笑)

 結果的に、それは正解でした。奥山林道沿いの山が
全層雪崩で酷いことになっていたからです。先にある
核心部はもっと酷いのは明らかなので、潔く引き返しま
した。二週間遅かったようです。

 そこで、折角なので、一度も滑ったことがない八幡スキー
場を登ってみました。ロープ塔しかない小さなスキー場
です。雪はカッチカチで、終点から上にも足を伸ばしました。
先に続いている尾根を登ってみるのも面白そうです。

P3260003

 さて、ササッと滑った後は、鳥海牧場へ移動しました。
他県ナンバーの車も多く、春の賑わいが始まりましたね。

P3260007

 無風快晴で、歩いていて暑いくらいでした。
先行者に追いつく度に話をするのも山の楽しみです。

P3260009

 宮様コースを順調に登って、2時間丁度で滝の小屋を
通過しました。昨日降った雪が少し載っていたので、シール
が良く効いて歩きやすかったです。スキーアイゼン不要で
外輪直下まで続いたのは予想外でしたが、それは夏道
付近を登ったから。普段はソロバン尾根の下方を登る
んですが、今日は凍っている感じがしたので回り道しま
した。

 案の定、そこを登っていた人は苦労したようで、こちらに
迂回してきました。心の中で、

「こっちさ来い!」

と念じたのが通じたんでしょうか。(笑)

 さて、ガスが上がってきて外輪は見えなくなりましたが、
そのまま登って、外輪直下の急斜面に差し掛かりました。
伏拝岳までしか行く気がないので、僅か10秒間ほどの
滑降のためにアイゼンに履き替えるのは面倒。

 そこで、 スキーアイゼンを装着しましたが、やはり無理
でした。ガスで視界が無くなったことだし、ササッとシール
を剥いで滑降タイムです。下る前に外輪の写真を撮りま
したが、。。

P3260025

 雪質はイマイチでしたが、楽しく滑ることが出来ました。
登ってくる人達にも声を掛けましたが、羽黒からの御仁は
このブログの読者でした。ゲレンデスキーを担いでくる
なんて、ガッツありますね。

 今日は本当に暖かい日で、滝の小屋では外でラーメン
タイム。鶴岡の御仁とお話しできて楽しかったです。

P3260032

 小屋下の雪も思ったほど腐らなくて、楽しく滑ることが
出来ました。冬山だと人と遭うことが殆ど無いのとは
違って、春山は出会いがあって楽しいですね。


| | コメント (2)

2017年3月12日 (日)

湯殿山2コース

 今日は鳥海山行の予定だったんですが、高気圧が南へ
大きく逸れてしまって晴れパターンが崩れたので、行き先を
湯殿山へ変更しました。普通に半日コースですが、車中泊
したかったので、昨夜から出掛けましたー。(笑)

 良い機会なので、かつて、地形図を見て、

「おっ、この尾根使えるなー。」

と目を付けていた、国道112号線月山第一トンネルの鶴岡
側から登るコースを選びました。実は、あれから30年なん
ですが。coldsweats01

 登り口にはとても広い駐車場があるので、車中泊バッチリ。
外灯と公衆電話もあります。魚介類と焼肉で美味しい酒を
飲みましたー。smile

 今朝は6時過ぎに出発しましたが、天気は予想通り。
上空の寒気の影響で雲が広がり、雪もチラチラ。雪が腐ら
なくて良いな、と思っていたら、意外に30cm程のパウダー。

「こりゃ、スーパーファットにすれば良かったかな?。」

と思いましたが、トレースが残っていたので助かりました。
人数は少ないですが、利用者がいるようです。

P3120001

 やがて展望が開けましたが、雲はしばらく取れそうにない。

P3120005

 上の台地から湯殿山へ真っ直ぐ伸びる痩せ尾根へ向かい
ましたが、凍っていて、スキーアイゼンじゃイカンガーです。

P3120011

 アイゼンを持って行かなかったので、さっさと引き返して
ウハウハのパウダースノーを楽しみました。こりゃ良いね。heart04

 P3120014

 しかし、下りてもまだ8時半。山頂の雲は取れる気がして
いたので、志津へ移動してノーマルルートで2本目行って
みようsign01

 今回は博物園方面へは行かずに、尾根方向へ向かって
みました。初めてですが、小さなアップダウンがあるので、
登り専用ですな。

 ノーマルルートの尾根へ上がると、予想通りで超立派な
高速道路が出来上がっていました。

P3120017

 志津出発から2時間で山頂到着です。

P3120025

 スキーの先には月山がありますが、雲の中。湯殿山で正解
でしたね。鳥海山は当然のごとく、厚い雲に覆われていました。

 晴れ間が時々覗いたので、雪が腐って1本目とは大違い。
両足踵加重でノーマルコースを下りました。僅か25分で
志津着。

 ということで、湯殿山を楽しんできました。お手軽です。

 帰り道に1本目の登り口へ寄って、写真を撮りました。

P3120031

| | コメント (4)

«兼用座椅子②