« 雨ガッパ | トップページ | ビートルズ・ネイキッド?? »

2003年11月12日 (水)

ジェシ・ヴァン・ルーラー ヨーロピアン・カルテット

 ヨーロッパ・トリオのCDを買いに行きましたが、誰かに先を
越されたようです。仕方ないので貧弱なジャズ・コーナーを眺めている
と目に付いたのが、このCDです。トリオよりも一人多くてカルテット
というのも何か興味をそそります。
 
 早速聞いてみましたが、いや、これは良いですね。宝物を見つけた
ような気分です。
 ギタリストであるリーダーのジェシ・ヴァン・ルーラーが若干25歳
で出した初のアルバムが本作ということですが、信じられないような
円熟味のある演奏です。卓越したテクニックも何ら力みもなく、ごく
自然です。音が良く整っていて大変耳に心地よいサウンドです。
「第一回モンク・コンペ」で優勝した際も、満場一致で決まった、との
ことにも納得です。
 その時の審査員は以下の通りで、
ジム・ホール、パット・マルティーノ、ジョン・スコフィールド、
パット・メセニー、マーク・ホイットフィールドという5人のギタリスト
とのことです。
 私は、この内の3人しか聞いたことがありませんが、
「ひょっとしたら彼らよりも上手いかも知れない…。」
と思ってしまいました。

 とにかく、素晴らしい才能の持ち主です。未聴の方は、是非聴いて
みて下さい。オススメですよ。(^^

|

« 雨ガッパ | トップページ | ビートルズ・ネイキッド?? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジェシ・ヴァン・ルーラー ヨーロピアン・カルテット:

« 雨ガッパ | トップページ | ビートルズ・ネイキッド?? »