« レオさん来訪 | トップページ | 楽しや音楽! »

2004年1月26日 (月)

食の安全

 タマネギの市場価格が波乱含みだそうです。
米のBSE騒ぎで吉野家が牛丼を休止した?影響も大きいようです。
仙台の牛タンもほとんどが米国産ですし、鳥インフルエンザの為に
焼き鳥や名物駅弁等にも深刻な影響が出始めているとか。

 いやはや、何といっても食糧自給率40%の国ですからねえ。
生命線を他国に依存した現体制の危うさが露呈した恰好です。
本当はもっともっと生産する能力があるのに残念な事です。
 今の農政は、大阪の中学生虐待事件と同じです。
食事をほとんど与えないため拒食症になったのに、
「食事を与えても食べなかった。」
とうそぶいています。そのために、一部のやる気(体力)のある農家
だけが生き残っているのが現状です。その体力もそうは持ちません。
このままでいったら、大変なことになるでしょうね。(ーー
 
 ちなみに、我が家では安全安心な米と野菜を作っています。
真冬の野菜は特に美味しいです。白菜、キャベツ、長ネギ、ブロッコリー、
白カブ、ほうれん草、大根……、幸せを感じます。

 でも、食糧自給率でいったら…、70%位でしょうかねえ……。

|

« レオさん来訪 | トップページ | 楽しや音楽! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 食の安全:

« レオさん来訪 | トップページ | 楽しや音楽! »