« 甘いなあ | トップページ | 山日和 »

2004年2月 8日 (日)

大量山岳遭難

 関西学院大ワンダーフォーゲル部の14人の山岳遭難が報道されていました。
「またしても……。」
という感じです。

 まだ今の時期は一晩でどっさり積もったりするので、相当慣れている
山男でも厳しいのに、14人ともなれば初心者もいることでしょう。
山スキーを装備しているようですが、履いていても雪が膝上に達するのは
間違いありませんから、不慣れな者はまず歩行不能です。
 冬山で大事なのは、適切な時期・ルート選定と不安のないメンバーを
揃える事、完璧な装備、天候判断、状況判断ですが、彼らにはいくつも
欠落しているはずです。

 悪天候による捜索難航に、薬師岳の学生大量遭難事故を連想しますが、
全員無事に救出されて欲しいものです。

|

« 甘いなあ | トップページ | 山日和 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大量山岳遭難:

« 甘いなあ | トップページ | 山日和 »