« 大量山岳遭難 | トップページ | やっぱり山は良いなあ~ »

2004年2月 9日 (月)

山日和

 明日は久しぶりに快晴が見込まれます。
そこで、山仲間数人に電話をして、やっと一人相棒を確保しました。(^^
山中に一泊するつもりでしたが、夕方から会議があるとのことで日帰り
に決定しました。その分ザックが軽くなるので滑るには良いです。
 ただ、帰る頃には雪が腐るんですよねー。(^^;
さくらも連れて行き、目一杯走らせてきます。

 やっぱり、山はお天気次第ですね。フットワークを軽くして条件の
良い時にスッと行くか、第二計画を用意しておいて良さそうな方へ
行く。ダメだと思ったら登山を中止する。
山中に於いては、先を見越して天気が悪くなりそうだったら素早く
逃げる。というのが肝要です。
 山は、行かなければ分からないところもありますが、ヤバイと思ったら
とにかく逃げ足は速くなければいけません。死にたくなかったら…ネ。

 関西学院大の学生は、全員無事に救助されて良かったです。
ギリギリの所でお天道様が情けをかけたように思いました。

|

« 大量山岳遭難 | トップページ | やっぱり山は良いなあ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山日和:

« 大量山岳遭難 | トップページ | やっぱり山は良いなあ~ »