« 戦々恐々… | トップページ | スペクトル・アナライザー »

2004年3月 6日 (土)

諏訪内晶子嬢

 三月になると、監査会やら総会やらとやたらと飲み会があります。
今日もたっぷり呑んできました。ヒック…。
 
 さて、ヴァイオリニスト、諏訪内晶子さんのベスト・アルバムを買い
ましたが、お目当てはオマケのDVDです。
「おお!!、等身大の晶子ちゃんだ!!」
と喜んで見ていましたが、ハア……、なんなんでしょう、これ。
内容は単なるインタビューなのですが、意味不明のモノクロのフラッシュ
バックやら、不可解なカメラ・アングルに閉口しました。
「このディレクター、若いな……。」

 まあ、所詮はオマケです。CDを聴いてみましょうか。

 お!?、これは……。
この人上手いなあ、とは思っていましたが、ブラームスのソナタを聴いて
「これは凄い!!」
と思いました。全盛期のヘンリク・シェリングを彷彿とさせる見事な
演奏です。

 ああ、是非とも生演奏を聴いてみたいなあ、と思って調べてみたら
演奏会の予定がありました。
ん??、5月??、東京???、ああ、絶対無理……です。(^^;

 もしも……、もしもですよ。聴きに行けるとしたら絶対最前列に座り
たいです。花束を持ってネ。(^^
 最前列って音響的には良くないと思いますが、楽器や弦がキリキリ
唸る音が聞こえるし、物凄い力で弾いているソリストの体臭までもが
臭ってきそうで好きです。(^^;

 それにしても諏訪内晶子嬢……、キレイですねえ。(^^

|

« 戦々恐々… | トップページ | スペクトル・アナライザー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 諏訪内晶子嬢:

« 戦々恐々… | トップページ | スペクトル・アナライザー »