« 取材 | トップページ | 台風被害 »

2004年8月18日 (水)

第四回登山者検定 地図の読み方編

 特別企画につられて「山と渓谷」を買ってきました。

「山形県境縦走で鍛えたからな!。楽勝だろう。」

 と勇んで向かいました。

30点未満 =初級レベル。日頃から地図に関心を持ち、本で基礎
        知識を身に付けましょう。
30~64点=中級レベル。基本的な問題はほぼ出来ています。
        さらに地図スキルを高めるために、山でいつも地図と
        地形を対応するようにしましょう。
65~79点=上級者。現在地把握の問題などもかなり出来ていると
        思われます。実践でも、注意を怠らなければ道迷いの
        心配もないでしょう。
80点以上 =読図マイスター。すばらしい読図力の持ち主。
        ナヴィゲーションマイスターの名にふさわしい!。

 という事ですが、さて結果はいかに!?

 100点満点中74点でありました。コンパスを使えばもう10点は
いけた筈ですが、まあ、こんなもんでしょう。
結構楽しめました。(^^
山好きの方は、ぜひチャレンジしてみて下さい。  

|

« 取材 | トップページ | 台風被害 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第四回登山者検定 地図の読み方編:

« 取材 | トップページ | 台風被害 »