« 二度あることは三度ある!? | トップページ | 子孫代々シリーズ »

2004年9月 6日 (月)

ご機嫌な音楽

 フュージョン・フルーティスト、デイブ・バレンティンのCDを安く
手に入れました。ラテン系の明るい演奏は良いですねえ。
私の脳天気ぶりに良く合うようです。

「オープンカーの幌を上げて、爽快に走りながら聴きたいCDだ!」

と思いました。(^^
60歳になったらまたオープンカーを買う予定なので、今から楽しみ
です。気の長い話ですが。(笑)

 次に聴いたCDは、J.S.バッハの「音楽の捧物」。
全く傾向が違いますが、どちらも良い気分にさせます。
音楽って本当に素晴らしいですね。(^^

|

« 二度あることは三度ある!? | トップページ | 子孫代々シリーズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ご機嫌な音楽:

« 二度あることは三度ある!? | トップページ | 子孫代々シリーズ »