« 見込み違い | トップページ | 日本沈没 »

2004年12月11日 (土)

雪山賛歌

 ラジオでデューク・エイセスが歌う「雪山賛歌」が流れた時、熱い
ものを感じました。分かる人にしか分からない感覚ですねえ…。
(あたりまえだ!)

 10月に穂高を楽しんできてから早二ヶ月が経ち、癒しの効き目が
薄れてきました。あれ以降休み無しに働いているし、鳥海山も白く
なってきたところへ「雪山賛歌」です。

「山へ行きた~い!!!!」

 あの純白でフカフカの深雪を腰でかき分ける感覚…。
アイゼンが軋むほどのアイスバーン…。
シールを外して、

「さあ、滑るぞ!!」

と言うときのワクワク感…。
ああ、胸が躍ります。

 と、まずはイマジネーションの世界で遊びましょう。

「山あ??、まだ雪少ないじゃん。」

山形では、気象台始まって以来113年間で最も遅い初雪の記録を
更新中です。やっぱり異常気象だ!。

|

« 見込み違い | トップページ | 日本沈没 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雪山賛歌:

« 見込み違い | トップページ | 日本沈没 »