« 雪山賛歌 | トップページ | コンバーチブル »

2004年12月12日 (日)

日本沈没

 DVDで「日本沈没」を観ました。
30年前の作品ですからCGは一切なし。画質も悪いです。
原作を読む方がイマジネーションが広がって圧倒的な迫力の差を
感じます。
 
 それはともかく、昔観たときには単なる娯楽作品としてとらえたよう
に思いますが、今回はいろいろと考えさせられました。 
その中で、列島沈没が確定的になって、三名の学者が日本民族の救済策
を練り上げる場で出た言葉、それも共通したという本音が心に残りました。

「いっそ何もせん方がええ。」

 含蓄のある言葉です。地球的規模からみれば、一民族が消え去ること
など大したことではないでしょうし、サムライ的な潔さを感じます。
早かれ遅かれ人類は滅亡するでしょう。

「増えすぎた種は滅びる。」

これ、自然界の法則。

 ブッシュ大統領が、ネバダ州に核廃棄物を一万年間保存する大規模
施設を建設する法案に署名したというニュースがありましたが、
私には理解不能です。(ーー

|

« 雪山賛歌 | トップページ | コンバーチブル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本沈没:

« 雪山賛歌 | トップページ | コンバーチブル »