« 順調な回復 | トップページ | 忙春 »

2005年3月14日 (月)

エージング

 銀コーティング撚り線SPケーブルを買ってから一ヶ月経ちました。

「エージングに一ヶ月かかる。」

ということでしたから検証したいと思いました。
 が、思うだけで、一ヶ月前の音をちゃんと覚えていて比較出来る耳
など持ち合わせてはいません。もし持っていたとしたら、全く別の
仕事をしていたことでしょう。(^^;
 
 この冬は、シアターの音が大きく変化しました。

①黒幕とカーテンを減らした

②AccuphaseのプリアンプCX-260を導入

③地震対策として、CDM-9NTを重量ベースに固定

④重量ベースの下に黒檀製インシュレーターを挿入

⑤SPケーブルを根布産業製銀コーティング撚り線に交換

⑥フェイジング・プラグを自作の青檀製に交換

 ほとんど2チャンネル指向になっていて、映画音響に関しては、
どうでも良くなっていたりします。(^^;
 いや、鮮度重視に変わったというべきか。

 で、どう変わったかというと、臨場感が格段に増して、音が自然に
聞こえます。切れが良くなって、スネアドラムの音がビシッと決まる
ようになりましたが、それでいてふくよかです。
音に品があります。上品な私にピッタリの音がします。(笑)
演奏の微妙なニュアンスが感じられる様になりました。
疲れ知らずで、何時間でも気持ちよく聴いていられます。

 まあ、ジャズを聴いていると、もっと猥雑な感じが欲しいと思う
こともありますが、スペース的な問題もあってこの辺の頃合いは
難しいところです。

 いや、ビジュアルを捨て去ればそうでもないか。(^^;

|

« 順調な回復 | トップページ | 忙春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エージング:

« 順調な回復 | トップページ | 忙春 »