« オーディオラボ・オガワ | トップページ | 超気持ちイイッ! »

2005年3月18日 (金)

きっかけはタンノイ

 昨夜の試聴では、タンノイの大型スピーカーも聴かせて貰いました。
普段聴いているジャズをかけたら、随分とノンビリした音です。
よく言えばたおやかな音ですが、クラシックは良いです。ホールトーン
が上手く再現されて大変心地よい響きです。

「良いなあ、こういうの……。」

としみじみ思ってしまいました。
 一方、私のシステムではあんな音は出ません。コンボ・ジャズでは
気持ちいい音が出るんですけどね。

「何か良い方法は無いか??」

と思って、それこそ思いつきでプリアンプのRECアウトからの
信号をボリューム付きのパワーアンプに繋いでリアSPも鳴らして
みました。グンと広がりは出ますが音楽性が低下してこれはダメです。

「ん?、待てよ…。」

と、内振りにしていたメインSPを正面に向けてみました。
おっ~と!、これは効果テキメンで、交響曲も気持ちよく聞ける様に
なりました。ジャズも悪くありません。
 なんとまあ、いろいろいじっている内に、基本的なことを忘れていた
というワケです。全く金のかからない方法なのにねー。(^^;
これで、黒幕を減らして反射板でも取り付ければ、更に良くなる感じです。

 良い音を聴くことは、やはり刺激になりますね。(^^

|

« オーディオラボ・オガワ | トップページ | 超気持ちイイッ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: きっかけはタンノイ:

« オーディオラボ・オガワ | トップページ | 超気持ちイイッ! »