« 苦しい楽器 | トップページ | あわや大量遭難! »

2005年3月30日 (水)

一流の技

 私のフルートは三響製ですが、糸魚川市のフルート・リペア工房、
「フルート・アトリエ・ヤナギサワ」でオーバーホールして貰いました。
その後、遊ぶのに忙しくてじっくり吹いていませんでしたが、手の怪我
もほとんど治ったので久しぶりに吹き込んでみました。

 不思議なこともあるものです。新品の頃よりも遙かに鳴りが良いん
ですから。銀製の管が振動に慣れて鳴る様になったというレベルでは
ありません。鳴りそのものと音の粒立ちが全く違うのです。
元々がハンドメイドではありますが、仕上げる際の職人の腕の差という
ことになるでしょうか。
驚いたことに、柳沢氏によれば、トーンホールが若干歪んでいたそう
で、修正した上でメーカー品とは違うタンポとスペーサーに交換した
そうです。

 柳沢氏を紹介してくれたSonore氏曰く、

「吹くのがあまり上手じゃないから良いのでは?」

ということでした。上手い人は「合わせ」が完璧じゃなくてもテクで
吹いてしまうのだそうです。なるほど、そいういうことはあるでしょう
ね。

「これは正に一流がなせる技だ!!」

 吹く人は五流……というのが、チト申し訳ないんだけど。(^^;

|

« 苦しい楽器 | トップページ | あわや大量遭難! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一流の技:

« 苦しい楽器 | トップページ | あわや大量遭難! »