« 神宿 | トップページ | 傷跡 »

2005年5月21日 (土)

バスター・ウィリアムズ

 スティーブ・キューン・トリオの「誘惑」を聴いて、

「おおっ!!、これは!!!」

と思わず興奮してしまいました。
バスター・ウィリアムズのウッド・ベースが凄く良いからです。
躍動感がある骨太の音は、ハートにビンビン響きます。

「これぞウッドベース!!」

と言っても良いでしょう。柔なベーシストでは出せない音です。

 私は楽器が大好きで、ウッドベースもその一つです。弾くことは
出来ませんが、

「こういう演奏を聴きたい!」

というイメージは、ずっと持っていました。その思いにピタリと合致
したのがこのアルバムです。是非聴いてみて欲しいですねー。

|

« 神宿 | トップページ | 傷跡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バスター・ウィリアムズ:

« 神宿 | トップページ | 傷跡 »