« 台風の影響 | トップページ | 気晴らし »

2005年6月 1日 (水)

野鳥保護

 「認定農業者の皆さんへのお知らせ」の中に、「白鳥のえさ集荷作業
の協力のお願い」がありました。
今年の秋に向けての話ですが、ちょっとねー。

「日本一の白鳥飛来地といわれる酒田の認定農業者会議として何か
できることはないか」

ということのようですが、私は野生生物にエサを与えることには反対
です。私のように、猟の手段として少量のエサをばらまく、などという
特殊な例は別にして貰うことにして、生態系に何らかの影響を及ぼして
いると考えるからです。

 でも、こういうのはよくある話ですよね。
鳥海山の麓には環境省の猛禽類保護センターがありますが、前所長が
絶滅危惧種のイヌワシについて、こんな風に発言していました。

「イヌワシは、環境の変化を知るための指標生物なんですよ。」

 実に分かりやすい表現だなあ、と感心しましたが、その指標生物を
保護するということに大きな矛盾を感じたものです。
私に言わせれば、人類だって絶滅危惧種だと思うんですけどね。
「人類保護センター」が無いのが不思議です。

|

« 台風の影響 | トップページ | 気晴らし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野鳥保護:

« 台風の影響 | トップページ | 気晴らし »