« 捜索 | トップページ | 法体の滝 »

2005年8月12日 (金)

日航ジャンボ機墜落・20年目の夏

 日航ジャンボ機墜落から20年目ということで、テレビで特集
番組を放送していました。事故の検証はとっくに終わっていますが、
最新の解析技術によって、新しい考察が得られているようで大変
興味深いです。
 また、様々な人間模様も描かれていて、今更ながら悲惨な事故
だったと思いますが、特に印象的だったのは機長らの懸命な操縦
です。垂直尾翼を失ったまま飛行するなんて、えせパイロットの
私にでもその困難さは分かります。敵機の銃弾で垂直尾翼を失っ
た事は何度かありますが、完全に操縦不能になります。そんな中
で32分間も飛行していたなんて、全くもって驚異的です。
すっ、凄い!!。(@@

 亡くなった多くの方々の冥福を祈りつつ、これはぜひ試して
みる価値のあるテーマだと思いました。
コンバット・フライト・シミュレーターにジャンボ機のシーナリを
移植して垂直尾翼を破壊し事故を再現してみる、という不謹慎な
ものですが、事故後に多くの誹謗中傷を受けたパイロット達の
壮絶な戦いを体感し、無念さを噛みしめることが出来るのでは
ないかと思います。われら中年飛行隊の次回例会時に試して
ましょう。

|

« 捜索 | トップページ | 法体の滝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日航ジャンボ機墜落・20年目の夏:

« 捜索 | トップページ | 法体の滝 »