« 字幕活用法 | トップページ | 超低音 »

2005年9月26日 (月)

岳人

 山岳誌「岳人」が700号を迎えたと言うことで買ってきました。
戦後まもなくから発行し続けているって、凄いことですね。
特集記事として、「美しき日本の山」が載っていましたが、大変
良い響きの言葉です。どの山も皆美しいということなんですね。
美しくないとすれば、それは悪行三昧の人間の仕業に違いありません。

 例えば富士山。美しいけど美しくない山の代表だと思います。
かなり遠くから眺めてもハッキリと分かるほどのブルトーザー道
は実に見苦しいです。ゴミの量も半端ではないそうです。
現状では世界遺産になんかなれっこありませんね。
人類は、「開発」の名の下に自然破壊を続けてきた訳ですが、
壊すのは簡単でも元に戻すのは至難の業です。不可能といっても
良いでしょう。そこをより所にして生活する人が大勢いますからね。

 ゴミの問題にしてもそう。せっせとゴミの元になるものを生産
しておきながら、やれ分別してリサイクルだのと馬鹿なことを
やっています。どこかで連鎖を断ち切らないとダメですね。
ま、人類が生存する限り無理だと思いますが。

 などといいつつ、美しい山々の写真を見ながら、

「北アルプスに行きたいなあ。」

などと思うのでありました。これも環境汚染なんだけど…。(^^;

|

« 字幕活用法 | トップページ | 超低音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岳人:

« 字幕活用法 | トップページ | 超低音 »