« どぶろく | トップページ | 北京ヴァイオリン »

2006年1月 7日 (土)

冬山装備

 いやはや凄い雪ですねー。
これはもう長靴では役不足だし、体も濡れるので新品の冬専用
ゴアカッパに身を包みました。スノトレにスパッツ、山用手袋、
ゴア帽子と完全装備です。
カッパの中も、汗をかいても冷たくならない冬山仕様です。
自然と気分が高揚しました。(笑)

 すると、さくらが山に行くのと思ったらしくて、

「ワタシも連れてって~!!」

と、そりゃもう大騒ぎ。姿を見れば無理もありません。(~~

 いやあ、感動しました。完璧に水を弾くし、いくら動いても汗を
かきません。心の底から湧きあがる感動なんて滅多にないですが、
本当に感動しました。ゴアとしての機能性が無くなってからも、10年
以上も冬山で使い続けていましたからね。(^^;
これでもう、冷たい思いをしなくて済みます。嬉しいなあ。

 というわけで、仕事もバンバンはかどります。(^^

|

« どぶろく | トップページ | 北京ヴァイオリン »

コメント

はじめまして。
昨年から家の小さな畑で野菜作りをはじめました。 私の住まいのある地方は滅多に雪など降らないのですが 昨年末は積もるほどに雪が降りました。 寒い中での農作業は 足元からジンジンと冷えるし ちょっと動くと汗をかいて その汗が冷えるとさらに寒くなって もう大変です。 こういう寒さには不慣れなもので どのような装備をしたらよいかわからず 苦労しました。 このブログにあるゴアのカッパとはどんなものなのでしょうか? 悪天候のなかでも快適に農作業に専念できる装備があれば ぜひもっとくわしく教えていただけませんか?

投稿: じゅずだま | 2006年1月11日 (水) 18時16分

 じゅずだまさん、初めまして。

 汗をかくと寒くなるようでしたら、登山用品店などに
置いている下着がお薦めです。
クロロファーバーやポリプロピレン、オーロンなど種類は
多くあるので、店員に尋ねると良いでしょう。
それらは、繊維自体に吸水性が無くて湿気を外に放出する
ので、汗をかいても寒くなりません。
 また、ゴアというのはゴアテックスという生地のことで、
体から出る湿気を外に放出し、雨も完全に防ぐという
高い機能性を持っています。
透湿防水素材と言われます。安くはありませんが、
悪天候時でも快適です。
 私は、冬山でも行動中は、クロロファーバーの下着に
オーロンのカッターシャツ、ゴアのカッパの
3枚しか着ません。ー20℃にもなる山でもそうです。

投稿: ファーマー佐藤 | 2006年1月12日 (木) 09時04分

ファーマー佐藤さん、じゅずだまさん、こんばんは^^

所謂、化繊の下着ですよねぇ~^^
木綿素材は夏の着心地は非常に良いのですが(^^;;
冬場の下着は木綿ですと着心地は良いが
発汗して下着に吸湿すると、少し休憩した時に
発汗した湿り気が冷えて体温を急に低下させます^^

ファーマー佐藤さんの言う通り吸湿性のない
化繊の下着と外側のジャケットは外気へ
逃がす繊維が最も適正です。
私も3月初日の渓流解禁でまだまだ凍る様な
寒さで水温も0度~3度程度で動けば発汗するし
落ち着けば冷えてくるので下着や着物類の
選択には充分気を付けています^^

ん~~待ち遠しいなぁ~(^^;;
山女の燻製を早く食べたいσ(^◇^;)

投稿: @ひろちゃん | 2006年1月12日 (木) 19時47分

ファーマー佐藤様、@ひろちゃん様

ご回答いただいてありがとうございます。
参考になります。 自分なりに少し調べてみたのですが 下着の中には汗の水分を利用して発熱するという物もあるそうですね。 そういう素材のものと 湿気を外に逃がすものと どちらのほうがより暖かさが保てるのでしょうか?
そしてゴアテックスというものは 10年使っていても防水能力が持続するものなのですか?

投稿: じゅずだま | 2006年1月12日 (木) 21時20分

>@ひろちゃん

 山女の薫製ですかあ。美味しそう!。(^^

>じゅずだまさん

 下着の選定ですが、運動量に応じて選ぶのが
基本です。運動量が多い場合は、薄くて汗の発散性の
良い物を使い、重ね着で温度調整します。
下着の保温性がありすぎると暑い時には裸になるしか
ありませんからね。(^^;
 とういうことで、あくまでも保温性重視ならばメリノ
カシミヤウール100%がよろしいかと思いますが、
私はグッズフリークではないので、専門家にお尋ね下さい。 

 あと、ゴアテックスに限らず、ラミネート素材の透湿防水
生地は、長く使うとフィルムが剥離したり、
シームテープが剥がれたりして防水性が失われます。
勿論使用頻度にもよりますが、とても10年は
保たないと言えるでしょう。
 ということで、今回の大雪対策では例外的に
ゴアカッパを使用していますが、普段の仕事では
厚手のゴムガッパを愛用しています。
防水性の高さはゴアの比ではありません。

投稿: ファーマー佐藤 | 2006年1月12日 (木) 23時35分

ファーマー佐藤様

色々と教えていただいて とても参考になります。 ありがとうございました。

これからは例外的な寒さに備えておくことが大切なように感じます。 厳寒のなかでの生活というものがどういうものなのか 温暖なところで育った者には想像がつかないことばかりです。

TVでは連日 大雪の被害について報道されていますが、ファーマー佐藤さんのところは大丈夫ですか?

投稿: じゅずだま | 2006年1月13日 (金) 16時47分

 今日、パンツを買いに行ったら、新素材で発汗性が良い
という下着を安く売っていました。
野良仕事用ならそういうので充分だと思います。(^^

 「例外的な……」ということに関しては、農業という
自然相手の仕事柄からか、常に最悪の事態も頭に置いた
考え方をする癖が付いています。
冬山でも、常に逃げ道を用意しておくのがセオリーです。
この冬の大雪は、異常ではありますが、対応できる範囲内です。

投稿: ファーマー佐藤 | 2006年1月13日 (金) 22時55分

ファーマー佐藤様

そちらでは雪の被害は小さいようでなによりです。

今日はいきなり春のような陽気になり なんとも不思議な感じです。 初心者の私がこのような異常ともいえる気象条件のなかで うまく野菜が育てられるのか いささか心配ではありますが なんとか頑張っていきたいとおもっております。 なにかとわからないことが多いので また質問させていただくこともあるかもしれませんが よろしくお願いいたします。

投稿: じゅずだま | 2006年1月15日 (日) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬山装備:

« どぶろく | トップページ | 北京ヴァイオリン »