« 破壊 | トップページ | ペン立て »

2006年2月 6日 (月)

PSE法

 オーディオに限ったことではありませんが、2001年以前に
製造されて「PSEマーク」が表示されていない電気製品の
販売は原則として出来なくなる法律が、5年間の猶予期間を
終えて、今年の4月から本格施行されるそうです。
私は先頃、某掲示板で初めて知りましたが、新聞やテレビ、
ラジオでは全く見聞きしたことがありません。
一体どうなっているんでしょう???。
 昨日来訪されたレオさんからもその話を伺いましたが、
家電リサイクルの大手、ハードオフでは、

「売る物が無くなる!!」

ということで、正に死活問題だそうです。
そりゃそうですよね。僅か5年以上前の製品の売買が出来なく
なるんですから。ジャンク品に関しては、すでに¥100均一で
投げ売りしているそうです。まともな製品もまもなくそうなるかも
知れません。
 これが、自動車だったら、古い車は割高の自動車税と、
リサイクル料金を一度払えば乗り続けることが出来ますが、
古い家電製品は実質的に中古市場から閉め出されることに
なります。メーカーサイドからすれば、待望の法律施行でしょう
が、どうも胡散臭いものを感じます。
 一般の人では、中古製品の売買をされている事は少ないの
かも知れませんが、ことオーディオ&ビジュアルの世界では、
非常に活発に取引されているだけに、かなりの混乱が予想
されます。

 私も中古製品は好んで使用していますが、念のためリアパネル
を覗いてみました。なるほど比較的新しい製品には、「PSE」の
小さなマークがありました。こんなのがあったなんて、いやはや
全く知りませんでした。ただ、CDプレーヤーとDVDプレーヤーは
改造してるので、PSE法に触れてしまいます。
電源コードを切断して「オブジェ」として販売することも禁止だ
そうです。個人による非業務的販売(ネットオークション等)は
例外扱いのようですが、あまりにも横行すれば法の網の目が
細かくなる恐れもあります。

 皆さん、ご存じでした??。

|

« 破壊 | トップページ | ペン立て »

コメント

こんばんは~

>皆さん、ご存じでした??。

一応知ってました。ほんとにふざけていると言うかなんと
言いますか…。絶対に何かあるでしょうね(裏で)。ほんと大企業の
思う壺と言いますか庶民の為になるような方向に法律とか
政治家がらみの事って行きませんよね。まあ考えている方々が庶民では
ないのでしょうがないでしょうけど。金が余っている(政治家全部では
なくこういうの決められる権限の政治家)人々にはリサイクル
なんてのは景気を悪くする物&あまい汁をすえなくなる物と言う
感じの物なんでしょうかね。

ちなみに↓こんなのも施行されそうです
http://www.mainichi-msn.co.jp/keizai/it/computing/news/20060116org00m300093000c.html

これなんかまさに企業怠慢と言うような感じでしょうか?
大企業をサポートする為の法律と言えるような気がします。車の
場合は値段が値段ですから、早々車検のたびに車は買い換えられ
ませんが、そんなに高くない家電の場合は検査に出すの面倒とか
出しに行くくらいなら買い換えると言う話に簡単に発展しそうで
得をするのは消費者ではなくメーカーだけのような気がしてなりません。

投稿: K-DMC | 2006年2月 6日 (月) 19時54分

 K-DMCさんはさすがに情報通ですね。
まさに仰るとおりで、庶民感覚を持たない人が考えた
法律なんだろうと思います。
 
 時限装置付き家電製品なんて、なにを考えているんで
しょうね。

「壊れた!」

と言った苦情が殺到するにきまっているのに。
「絶対に安全」などというものは存在しないのに、
それを求めるのなら、走る凶器ともなる自動車などは
即刻使用禁止にするべきでしょう。
ストーブでの死者とは比較にならない人命を奪って
いるんですから。
 

投稿: ファーマー佐藤 | 2006年2月 6日 (月) 23時59分

こんにちは。今日、某オフに寄ったら
中古は格安販売中の張り紙あり。
PSE対策以前の機器は20%オフになってました。ショボーン(^_^; 半額に期待してたのに!

メーカーには嬉しい法律でしょうね。

投稿: レオ | 2006年2月 7日 (火) 23時46分

 お!、値引きが始まりましたね。
来月は更に下がるのではないでしょうか。
なんせ、あそこには古い機種がたくさんありますから。
そのうちに見に行きたいと思います。(^^

投稿: ファーマー佐藤 | 2006年2月 7日 (火) 23時50分

こんにちは kakijyと申します

サイト拝見させていただきました
僕も作るのは好きですがマンション住まいでなかなか出来ないでおりますが、ファーマー佐藤さんの素晴らしい自作道、アタマが下がる思いです。

PSE法はまたまた新手の形式だけのリサイクル関連の何かかなあと漠然と思っておりましたところ、実はこんなことになっていたのですね、驚きました。

企業と役人だけが利益を得るシステムとしか思えません。
以前の製品の資産価値は0になるばかりか処分するのも自己負担とは・・・。旧いモノを大切にする日本人の美徳は一体どこにいってしまったのでしょうか?。
バブル以降はリサイクルを謳いながらも製品の使い捨てを増進するような設計、メーカーの修理に対する姿勢が変わってきましたヨ、こんな旧いモノ持ってくるなよ〜的態度。
ある通信機メーカーのFMチューナー、アナログ指針の針が1cmずれて戻ってきました。
ある大手メーカーのシニアに優しい設計のラジカセ、これもチューナーの針が狂って戻ってきた。
基本的な修理する態度がもうダメみたいというか、一度開けると元には戻らないという(笑)。

電気製品にはヒューズが付いておりトラブルで過熱すれば電気を断つものだし、松下の温風ヒーターだって一酸化炭素を検知し電源OFFにする装置が付いていれば事故は防げたのでは?と思いますヨ。

僕も自己責任の範囲で改造するのが好きなものですが
こんな改造
http://homepage3.nifty.com/kakimojy/kousaku/miniluck.html
は犯罪になりかねないイヤ〜な時代になってきましたね。

投稿: kakijy | 2006年2月 9日 (木) 17時06分

 kakijyさん、初めまして。
ようこそおいで下さいました。(^^

>旧いモノを大切にする日本人の美徳は一体
>どこにいってしまったのでしょうか?。

 本当にそうですね。嘆かわしいことです。
私などは、お祖母ちゃんっ子だっただけに、かなりの
ものです。(笑)
20以上前の服を平気で着ていたり、誰も使わなくなった
旧式のコンバインを使っていたり、家は築115年だったりします。
 当然、自作する物は家庭内で使う物に関しては、
何代にも渡って使えることを目指しています。

 電気製品は……、一応保証書が付きますが、
切れてから壊れてそれでお終い、ということが多くなりました。
修理に出しても完全に治らないことが多いからです。
以前はサービスステーションが地元にも多数ありましたが、
閉鎖された所が多いですし。(ーー

 私の所は田舎ですから、工作環境としてはかなり
恵まれていると思いますが、マンションで楽しまれている方も、
結構多いですね。皆さん工夫されているようで感心します。
kakijyさんも相当ですね。あとでじっくりとサイトを拝見
したいと思いますが、かなりマニアックです。

投稿: ファーマー佐藤 | 2006年2月10日 (金) 13時18分

こんにちは kakijyです

昔は自分で作ったり修繕したりが当たり前でしたがもう過去の事ですねえ。特にPCが家庭に普及してからはこの手の機器は進化が早い!。半年、1年で陳腐化して、ユーザーをその買い替えペースに飼いならしてしまえばこっちのもの、クルマや電気製品もその感覚で買い替えてくれると思っているのでしょうね、すべてのメーカーが・・・。

家具にしても買ってしまった方が早いと思うことがありますが、本当に欲しているのってないんですよね。自分でやってみると上手くいかなかったところが逆に味になるのかな。いつも何かアイデアを考えていてもすぐに完成するものでもなしで、逆に推敲しイメージしている時間が楽しいのかもしれませんね。

ファーマー佐藤さんのサイトも楽しませていただいてます。リンクバナー貼らせていただきます、今後ともよろしくお願いいたします。
では

投稿: kakijy | 2006年2月11日 (土) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PSE法:

« 破壊 | トップページ | ペン立て »