« 知床 | トップページ | 取材の話…その後 »

2006年2月11日 (土)

イン・ゴッヅ・ハンズ

 いやあ、冒頭から物凄いLFEにビビリました。
トップ・プロ・サーファー出演のサーフィン映画ですが、こんな怒濤の
重低音は聴いたことがありません。「宇宙戦争」をも凌駕しています。
思わずチェンデバのヴォリュームをかなり下げた程です。
この音を大音量で出しても全く平気なシアターは、非常に少ないで
しょう。普通の木造家屋では部屋中が鳴き出し、揺れます。(@@
 
 サブウーハーの実力も、相当高くないと負けます。ウチの40cm
ウーハーでも完敗です。いやはや、参りました。
自慢のホームシアターをお持ちの方は、是非お試し下さい。

 でもって、ビッグウエーブを乗りこなすサーファーの超絶技にも
目を見張ります。本当に凄いっ!!。
それに、どうやって撮ったのよ、あれ。
「ビッグ・ウエンズデイ」なんて目じゃないですね。

|

« 知床 | トップページ | 取材の話…その後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イン・ゴッヅ・ハンズ:

« 知床 | トップページ | 取材の話…その後 »