« 治具作り | トップページ | 美しい穴 »

2006年12月31日 (日)

大晦日山行

 急に思い立ってさくらを連れて月山へ行ってきました。
山スキーで志津を出発したのが、お昼の12時。遅い…。(^^;

 去年とは違って里にはほとんど雪が無いですが、さすがに
月山は特別です。姥沢に近い所ではほぼ例年通りで、車道が
跡形も無く雪で完全に埋まっていました。
それも上質のパウダースノーです。

 しかし、今日は参りました。
ラッセル泥棒をして快適に登って、電柱コースの終わり近くまで
登ったまでは良かったんですが、丁度下ってきた山スキー&
テレマークの二人組と言葉を交わした後、彼らが滑って行ったら、
ナンとさくらが彼らの後を追っていってしまったのです。あ~れ~。
犬は動く物を追う習性があるのを忘れていました。(^^;
呼ぶ声も聞こえないほど本気で追っていったので、たちまち見え
なくなってしまいました。
仕方ないので、シールを付けたままフカフカのパウダースノーの
斜面をグングン下っていきましたが、(あー勿体ない……)

「こりゃ追いつけない」

と観念して、シールを外して本気で下ったら、さくらがポツンと
立っていました。こりゃどうもおかしい……、とでも思ったんで
しょうかネ?。

 ヤレヤレですが、気を取り直してまたシールを貼って登り直しま
した。これで1時間近くのタイムロスですが、天気もあまり良くない
ので、姥沢から姥ヶ岳へ伸びる尾根をしばらく登って登高中止としま
した。タイムリミットです。それでもビールは旨い!!。

 下りは超快適!。雪質最高で、気持ちよく滑ることが出来ました。
やっぱり月山は良いねー!。(^^

6z310006_1

6z310007


6z310011

|

« 治具作り | トップページ | 美しい穴 »

コメント

明けましておめでとうございます。

1月5日(今日ですか?)月山に速攻で登頂とはちょっと驚きました。いくら天気がいいとはいえ、この時期に月山の山頂に立てるチャンスは多くないでしょう。実は大変に羨ましい。

我々も鳥海山の滝ノ小屋まで酒田の若い衆のラッセルドロをさせて頂き、先日の1月1日、念願かなって七高山のピークを踏む事が出来ました。地元の方にとっては別にどうという事のない話でしょうが、よそ者の自分としては大変ラッキーであり、感動ものでした。

しかも2日の日にはここ20年間、正月の滝ノ小屋に通い詰めている酒田のGさんには宴会のご接待まで頂き、夢物語だった山小屋での大人の正月を送る事が出来ました。このGさんはご存知かと思いますが?

それでまた何処でお会いすると思いますが・・・。

投稿: sakano | 2007年1月 5日 (金) 17時03分

 sakanoさん、明けましておめでとうございます。

 いやー、私自身この時期に月山に登頂できるなんて驚きました。
それも、全くのラッセル無しで、ほとんど春山みたいなんですから。

 でも、元旦の鳥海山登頂もかなり貴重ですよ。
本当に良かったですね。(^^

 やはり今年もGさんがいましたか。(^^;
大晦日に行こうかとも思ったんですが、鳥海山は雪がかなり
少ないので止めました。

「まず飲めっ!!」

と捕まるのは間違いありませんでしたし。(^^;

投稿: ファーマー佐藤 | 2007年1月 5日 (金) 17時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 治具作り | トップページ | 美しい穴 »