« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月27日 (火)

FRP加工 完成!!

 途中経過の報告を省いてしまいましたが、完成しました!。
作っていたのはこれです。(写真左)

72270006

 肥料等の散布に使う背負い式動力散布機のタンクを巨大化しま
した。写真右側の普通のタンクには20Kg入り肥料が1袋ちょい
しか入りませんが、元々は同程度の大きさだったのを改造した
この巨大タンクには約2.5袋入ります。田んぼへ肥料を散布する
際に、これまでは復路は空歩きしていましたが、今年からは往復
で散布できます。作業効率が大幅に上がります。
 FRP加工としては、タンク中央部を上下に真っ二つに切って、
積層した発泡材を中に入れて18cm高くしました。それらを包み
込むようにしてマット(ガラス繊維)を張り、ポリエステル樹脂で
固めました。強度を出すために何層にもしました。
一度研磨してから、削りカスで作ったパテで凹部分を埋めて研磨。
更にマットを貼って仕上げの研磨です。
木工ならば結構楽しい作業ですが、FRPはガラス繊維なのでラフ
な格好ではチクチクして辛いです。
 そこで、冬山用として長年愛用していたゴアテックスのカッパに
身を包み、ゴーグルと防塵マスク、長靴、帽子、手袋着用の完全
防備で作業しました。
 中の発泡材はバリバリ割りながら取り出してから内側を軽く研磨
し、元のタンク本体とFRP部分との間に出来た隙間をシリコンで
コーキングしました。

 それにしても、機械の重さが燃料満タン状態で17Kgあるので、
満タンにすれば、60Kg超!。チョー燃えます!!。(^^v

「トラクターで散布すればいいのに。」

とよく言われますが、鳥海山と月山を眺めながら重い荷物を担いで
ひたすら歩くこの仕事は、山を歩いているような気分になれるので
大好きです。トラクターなんぞには譲れません。(笑)
一日で10Km以上歩くことになるので、いつまで笑っていられる
かは不明ですがー。(^^;

| | コメント (9)

2007年2月25日 (日)

鬼太鼓座

 サブ・ウーファーが加わったことで打楽器の音が格段に良くなった
のに気をよくして、

「これはもう和太鼓を聴くしかないだろう!」

ということで、鬼太鼓座のCDを手に入れました。もちろん中古です。
ベスト盤は演奏は良いもののヒスノイズが多くてイマイチ。
「響天動地」は、音は非常に良いものの、フリージャズもどきでこれ
は好みじゃない。

 最後に届いたが「富獄百景」。これは良いです。
邦楽は静寂感が非常に大事なので最優秀録音でなければいけま
せんが、これは合格。アナログ録音の限界とも言える出来です。
楽器を極端に左右に振り分けるミキシングは、実際の演奏では
有り得ない聞こえ方なので、非常に違和感がありますけどね。

 さて、肝心の演奏ですが、なかなか良いです。

「もっと力を抜けば良いのに……。」

とは思いますが許します。張りのある締太鼓や大太鼓、三味線、
篠笛の音が実に生々しくて、目の前で演奏しているかのようです。
一番の目的の特大の大太鼓も破綻すること無く聴かせます。
いやー、大枚はたいてB&Wの15インチ・ユニットを入れて本当に
良かったー。中音域も格段に良くなったしねー。\(^〇^)/

 サブ・ウーファーというと、一般的にオーディオ・マニアにはあまり
受けが良くないようですが、良質のを入れれば効果覿面です。
音楽に使う場合は、ホームシアター向けの物を避けた方が良いの
は間違いないですけどね。

72250002


| | コメント (0)

2007年2月23日 (金)

美しき日本の山

 山好きの私は、山と渓谷社のカレンダー、「美しき日本の山」を
毎年購入していましたが、今年は買いそびれてしまいました。
しかし、ちゃんと部屋に掛けています。去年のですけど。(^^;

 カレンダーといっても、チラッと写真を見るだけで日付はほとんど
見ることがなかったので、

「まっ、これでも良いかあ。」

というワケですが、実際のところ充分です。どうせ、毎年似たような
写真なんですから。おかげで¥1,000得しました。(^^;

 山と言えば、今日は山道具屋から電話がありました。
数週間前に注文していた、冬用手袋のウール・インナーが入荷した
とのこと。今期の冬山はもう諦めたところなんですけどねえ。(~~
 丁度良いので、仕事用にアレンジする予定の山道具のことを訊い
たら、近日中に入荷するそうです。こちらはグッド・タイミングです。
たとえ山には滅多に行けなくても、仕事中に行った気分になるような
工夫は怠りません。鋭意改造中です。(^^v

72230002


| | コメント (2)

2007年2月22日 (木)

早すぎる春

 連日のように春本番の天気が続いています。
世間では「暖冬」」などと言われていますが、

「今年は冬がなかった」

というのが実感です。酒田では降雪量が例年の10%ということで、
道路が白くなることもありませんでした。こんなことは全く記憶にあり
ません。雪が降らないと直接的に困る仕事をしている方々は勿論の
こと、農家も大変です。パイプハウスが大雪で潰される心配は無い
ものの、一ヶ月も季節が前進したことで、冬野菜の花芽分化が異常
に早まってとう立ちが始まってしまいました。まだ残っている水菜の
収穫は残念ながら打ち切りました。白カブのとう立ちも間近なので、
大急ぎで収穫しています。他の葉物も危機的です。
 また、雪が全く積もらなかったために、例年なら越冬出来ない害虫
が死なずにいます。病気を媒介する場合もあるので、今年は病害虫
の被害が大きく増えることが懸念されます。
 さらには、里山にもほとんど雪が無いことから、灌漑用水の不足が
予想されます。もしそうなったら事態は深刻です。

 やっぱりねえ、普通に寒くて普通に降らないとロクな事はないワケ
です。せめてもう一回だけでもさくらを連れて山に行きたかったのです
が、それも絶望的となりました。(ーー
 ま、今年は、正月に月山へ登頂出来たのでヨシとしますが…。

| | コメント (2)

2007年2月21日 (水)

努力と根性

 スマップの歌にあるように、昔、祖父ちゃんがお土産として買って
きた東京タワーの置物には確かに「努力と根性」と書いてありまし
た。(笑)

 それはともかく、昨夜は地元の消防団の幹部連中で酒飲みをして
いたんですが、少々呆れてしまいました。

「エ○ビデオが大量に入った箱(ハードディスク)を譲って貰える
けど、パソコンが使えないからなー。」

とか、

「お前は溶接出来るから色々作れて良いよなー。」

とか、自分のタプタプした腹をつまみながら、

「お前は贅肉なくて良いなあ。」

とか…。
 まったく何を言っているんでしょうねえ。頑張って覚えようとか
体を鍛えようという気持ちは全く無いのか!?。
 私の場合は教室に行くこともなく全て自己流ですが、失敗を繰り
返しながら身につけてきました。苦しい思いをしながらの筋トレ、
悪天を厭わぬ自転車通勤も毎日欠かしません。
パソコンだって、昔は市販ソフトが少なかったので、何冊も本を
買ってきてせっせとプログラムを作りました。それなりの努力は
してきたワケです。

「お前ら、ちょっとは努力しろよ。」

と言いたくなりました。言うだけ無駄だし、教えて貰おうという気も
無いので、ただ笑っていましたけどね。

| | コメント (0)

2007年2月19日 (月)

トップガン

 トム・クルーズの出世作です。もう何度観たか分かりません。
普段私が搭乗している零戦とは比較にならない速度でぶっ飛ぶ
F14にチョー痺れます。
 なので、ほとんど必然的にかったるいシーンは飛ばしてドッグ
ファイトだけ観ます。(^^;

 それにしても、よくまああんな速度で戦えるもんです。
目にも止まらぬ速さでしょ?、あれは。
コンバット・フライト・シミュレーターに現代版が出たら絶対買って
飛んでみたいものです。随分前にはF22だったか、ジェット戦闘
機のソフトを買ったことがありましたが、誰かに上げてしまいました。
つまり、使えなかったワケでー。(^^;

72190001

 

| | コメント (0)

2007年2月17日 (土)

ジャンボブロアー・プロ

 カメラ用の大型ブロアーを買ってきました。
一眼レフと交換レンズ6本を処分して以来、そんなものは必要
なかったのですが、これは仕事用です。プロ仕様ですから。(^^;

 何に使うのかというと、みず菜を収穫する時に根元の砂を
これで吹き飛ばすのです。見た目に美しくなります。
ギュッと握ったときに吸気弁の取り付け部分からエアーが漏れる
ので、ビニールテープで対策して強いエアーが出るようにしました。
 結果は上々。握力強化にもなります。(^^;

72170005


| | コメント (0)

2007年2月14日 (水)

魅惑の超低音

 家で音楽を聴く上で、低音がいかに大事かをB&Wの15インチ・
ウーファーを入れて初めて知りました。
もう何を聴いても楽しくてしょうがありません。家を建てた後で基礎を
打ち直したようなものですが、効果絶大です。
超低音は勿論のこと、中高音域も驚くほど良くなりました。
第一に、ベースや打楽器が実に生き生きと鳴ります。
で、

「チョー痺れるような曲はないかなー?。」

と思っていましたが、灯台もと暗し。
かつて買っていたフュージョンのアルバムにイロイロありました。(^^;
もうノリノリ!。イエーイッ!!。(と、若いフリ)

 でもって、更なる刺激が欲しくなりました。

「これはもう、日本の大太鼓しか無いだろう!。」

ということで、HMVで試聴して選定した上で、ヤフー・オークションで
鬼太鼓座のアルバムを安く落札しました。
西洋の大太鼓を凌駕しますからね。横笛も多用されていることから、
笛吹きとしても楽しみです。(^^

 ちなみに、我が家は今年で築117年になりますが、建ててから
数十年後に基礎を上げています。
玉石に乗っている方が地震には強いそうですけどね。(^^;

| | コメント (0)

2007年2月12日 (月)

ホテル・カリフォルニア

 サブ・ウーハーが完成した折りにシロフクロウさんから推薦頂いた、
イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」ですが、30年前の録音とは
思えないほど新鮮です。
 タイトル曲が大ヒットしていた頃は、アメリカン・ロックに興味が全く
無かったので、ラジオで耳にするだけでした。
学生時代に、西新宿の中華料理店で一緒にアルバイトしていた女の
子への誕生日プレゼントとしてLPを買った事はありましたが、まとも
に聴いたことは一度もありませんでした。
 それが、30年を経てちゃんと聴いてみて、青春時代が甦った気が
しました。よくありますよね、こういうこと。

 さて、オーディオ的に言うと、最低音域の音質が大変良くなったこと
で、音楽全体が生き生きと奏でられるようになりました。
劇的な変化です。というか、今までが悪すぎたのでしょうね。(^^;
「ホテル・カリフォルニア」では、ドラムの音が最高です。
特にスネアドラムが実に心地良いです。ここでも、

「あー、あの時代の音作りはこうだったなー。」

と思うワケです。やはり当時大ヒットした、チャック・マンジョーネの
「フィール・ソー・グッド」も似てますね。
 このアルバムの中で、特に気に入ったのはファンク・ナンバーです。
もうノリノリになります。欲を言えば、ヴォーカル無しでガンガンやるの
が一番の好みなんですが、そういうバンドってあるでしょうかね??。
もし、どなたかご存じでしたらご紹介下さい。とにかくロック系には
疎いのです。

 

| | コメント (2)

2007年2月11日 (日)

FRP加工 その2

 作っているのは仕事用の道具で、既存の物を改造しています。
作業の能率が一気に2倍になるという画期的な代物で、メーカー
でも作っていません。その分体力は必要になりますが、毎日鍛え
ているので多分大丈夫でしょう。(^^;

 すでに収穫作業の合間を見ながら仕上げに入っていますが、
FRPの研磨は厄介ですね。ガラス繊維を削るのでチクチクします。
木工のように気持ちいいものでは全くありません。
いっそ、研磨しないでそのままでも良かったかなー、とすら思って
しまいます。(~~

                                  つづく…

| | コメント (0)

2007年2月10日 (土)

FRP加工 その1

 以前から考えていた物をFRPで作り出しました。
気温が低いと硬化しないので冬向きの作業ではありませんが、
今年は異常に暖かいので硬化剤を増量すれば大丈夫みたい
です。

 まずは、あり合わせの材料で型を作りました。
ベニヤ板で作った型板とトリマーで切り出した20mmの発砲材を
13枚重ねてビス止めし、サンダーで均しました。
隙間をシリコンで埋めれば出来上がり!。

 さて、これで一体何を作るんでしょう??。

                                 つづく…

72090006


| | コメント (2)

2007年2月 6日 (火)

シール修理

 シールというのは、山スキーの裏に貼り付ける登高用の道具です。
方向性がある短い毛が付いているので、前には進んでバックはしな
という特徴があります。山スキーヤーの必需品です。
 そのシールが、お正月の月山山行で荒れたアイスバーンを滑った
ら切れてしまいました。それも中央部が半分程なので、普通なら
買い換えるしかありません。

「でも、勿体ないなー。」

というワケで修理してみました。丈夫な水糸で縫ってから高強度の
ガラス繊維をあてて、ポリエステル樹脂で固めました。
つまりFRP加工ですね。
 ついでに、摩耗して壊れそうになっていたテール部分にも張りま
した。完全に硬化してから削って均して修理完了!。
これで上手くいけばあと数年は使えるでしょう。
買えば1万円近くするので得した気分です。
もう15年くらい使っているので、寿命なのは間違いないんですけ
どね。(^^;

72060001


| | コメント (0)

2007年2月 3日 (土)

コクピット改造!

 マイクロソフトの最新フライト・シミュレーター「X」を試してみると、
「ミッション」が非常に面白いです。高難度のミッションは本当に
難しくて、離陸すら出来なかったりします。こりゃハマリます。

 しか~し、私のコクピットは正座式。(^^;
正座は子供の頃から日常的にしているので苦になりませんが、
やはり一時間以上ともなるとキツイです。

「こりゃ椅子で使える机でも作った方が良いかなー」

などと思いましたが、チョット面倒です。で、ふと思いつきました。

「ごく低い椅子なら長時間飛行が出来るんじゃ?」

 以前、ノートPC用に作ったミニテーブルがピッタリです。
早速、出番を失って土蔵に放られていたミニテーブルを持って
きました。良いじゃんこれ。脚の痺れから解放されるし、
電熱マットを載せればストーブ要らずです。(^^

72030001_1


| | コメント (0)

2007年2月 2日 (金)

ビビリ対策2

 確か以前にも書いたような気がするので、念のためセカンド・
ヴァージョンです。(^^;

 フォステックスのFW405を導入した時に部屋のビビリ対策を
しましたが、B&Wの強力ユニット導入で更なる対策が必要と
なりました。とにかく、こいつのマッチョ・パワーは凄いのです。

 まずは、ウーハーだけ鳴らして何処が鳴っているのか徹底
チェック!。天井と天袋が鳴っていることが判明しました。
天井裏に登って鳴っている箇所に重いペットボトルを置き、
天袋の引き戸の裏にはコンパネを貼って戸自体を木片で
固定しました。これで、ほぼ鳴きは収まりました。
これで、映画館以上の大音響でも大丈夫でしょう。(^^

| | コメント (2)

2007年2月 1日 (木)

サブ・ウーハー本完成!!

 ついに完成しました!。
ユニット交換になったので、もう数ヶ月待つことを覚悟していたの
ですが、たまたま国内在庫があったということで届きました。
凄く嬉しいです。\(^〇^)/

 で、早速取り付けて鳴らしてみました。
これはっ!、予想以上の効果です。3D方式の音とは全く違います。
サブウーハー専用のチャンネンルデバイダーでメイン・スピーカーの
低音をカットしているために、低音といえども指向性をハッキリと感じ
ていました。それが、今回ステレオ式になったことで、呪縛から解放
されて音場が飛躍的に広くなりました。ウーハーの素性の良さも
特筆ものです。
 CDM-9NTだけで聴く音と今の音を比べると、亀田兄弟が担いで
いた重い荷物を、ボブサップが片手でヒョイと持ち上げたような印象
です。3D方式で3年間使用していたフォステックスのFW405は、
曙って感じでしょうか。(^^;

 いやー、ウッドベースなんか、生の音よりも心に染みます。
フル・オーケストラでは、唸るようなホールトーンも再現します。
バスドラムの張りが違います。長岡式バックロードホーンを処分して
以来聴くことが出来なかったパンチ力のあるスネアドラムの音が、
見事に再現されました。中音域にも絶大な効果があるようです。
感動しました。本当に作って良かったです。(^^v

 ま、B&Wのユニットを入手できたことが全てだったのは間違い
ありません。やはり、料理は素材が命です。(^^

72010005


| | コメント (8)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »