« 努力と根性 | トップページ | 美しき日本の山 »

2007年2月22日 (木)

早すぎる春

 連日のように春本番の天気が続いています。
世間では「暖冬」」などと言われていますが、

「今年は冬がなかった」

というのが実感です。酒田では降雪量が例年の10%ということで、
道路が白くなることもありませんでした。こんなことは全く記憶にあり
ません。雪が降らないと直接的に困る仕事をしている方々は勿論の
こと、農家も大変です。パイプハウスが大雪で潰される心配は無い
ものの、一ヶ月も季節が前進したことで、冬野菜の花芽分化が異常
に早まってとう立ちが始まってしまいました。まだ残っている水菜の
収穫は残念ながら打ち切りました。白カブのとう立ちも間近なので、
大急ぎで収穫しています。他の葉物も危機的です。
 また、雪が全く積もらなかったために、例年なら越冬出来ない害虫
が死なずにいます。病気を媒介する場合もあるので、今年は病害虫
の被害が大きく増えることが懸念されます。
 さらには、里山にもほとんど雪が無いことから、灌漑用水の不足が
予想されます。もしそうなったら事態は深刻です。

 やっぱりねえ、普通に寒くて普通に降らないとロクな事はないワケ
です。せめてもう一回だけでもさくらを連れて山に行きたかったのです
が、それも絶望的となりました。(ーー
 ま、今年は、正月に月山へ登頂出来たのでヨシとしますが…。

|

« 努力と根性 | トップページ | 美しき日本の山 »

コメント

こんばんは!
今年は雪がないみたいですね
ファーマーさんがおっしゃるように、雪解け水がないとなると、これからの農作物の生産の影響が出そうで心配です

投稿: 大工協奏曲 | 2007年2月23日 (金) 21時56分

 大工協奏曲さん、どうも~。

 全くその通りで、行政も対策に動き出しました。
異例中の異例なことです。

投稿: ファーマー佐藤 | 2007年2月23日 (金) 22時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 努力と根性 | トップページ | 美しき日本の山 »