« FRP加工 その2 | トップページ | 魅惑の超低音 »

2007年2月12日 (月)

ホテル・カリフォルニア

 サブ・ウーハーが完成した折りにシロフクロウさんから推薦頂いた、
イーグルスの「ホテル・カリフォルニア」ですが、30年前の録音とは
思えないほど新鮮です。
 タイトル曲が大ヒットしていた頃は、アメリカン・ロックに興味が全く
無かったので、ラジオで耳にするだけでした。
学生時代に、西新宿の中華料理店で一緒にアルバイトしていた女の
子への誕生日プレゼントとしてLPを買った事はありましたが、まとも
に聴いたことは一度もありませんでした。
 それが、30年を経てちゃんと聴いてみて、青春時代が甦った気が
しました。よくありますよね、こういうこと。

 さて、オーディオ的に言うと、最低音域の音質が大変良くなったこと
で、音楽全体が生き生きと奏でられるようになりました。
劇的な変化です。というか、今までが悪すぎたのでしょうね。(^^;
「ホテル・カリフォルニア」では、ドラムの音が最高です。
特にスネアドラムが実に心地良いです。ここでも、

「あー、あの時代の音作りはこうだったなー。」

と思うワケです。やはり当時大ヒットした、チャック・マンジョーネの
「フィール・ソー・グッド」も似てますね。
 このアルバムの中で、特に気に入ったのはファンク・ナンバーです。
もうノリノリになります。欲を言えば、ヴォーカル無しでガンガンやるの
が一番の好みなんですが、そういうバンドってあるでしょうかね??。
もし、どなたかご存じでしたらご紹介下さい。とにかくロック系には
疎いのです。

 

|

« FRP加工 その2 | トップページ | 魅惑の超低音 »

コメント

ヴォーカル無しでガンガンやるで思い出しました。
全くないわけではないけどELPエマーソン、レイク&パーマーは
いかがですか?

ナットロッカーなんかピアノが壊れるくらいがんがんですよ。

投稿: さくらい | 2007年2月13日 (火) 01時20分

 さくらいさん、こんばんは~。(^^

 ELPですね。ありがとうございます。
早速チェックします。

投稿: ファーマー佐藤 | 2007年2月13日 (火) 19時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« FRP加工 その2 | トップページ | 魅惑の超低音 »