« 美しき日本の山 | トップページ | FRP加工 完成!! »

2007年2月25日 (日)

鬼太鼓座

 サブ・ウーファーが加わったことで打楽器の音が格段に良くなった
のに気をよくして、

「これはもう和太鼓を聴くしかないだろう!」

ということで、鬼太鼓座のCDを手に入れました。もちろん中古です。
ベスト盤は演奏は良いもののヒスノイズが多くてイマイチ。
「響天動地」は、音は非常に良いものの、フリージャズもどきでこれ
は好みじゃない。

 最後に届いたが「富獄百景」。これは良いです。
邦楽は静寂感が非常に大事なので最優秀録音でなければいけま
せんが、これは合格。アナログ録音の限界とも言える出来です。
楽器を極端に左右に振り分けるミキシングは、実際の演奏では
有り得ない聞こえ方なので、非常に違和感がありますけどね。

 さて、肝心の演奏ですが、なかなか良いです。

「もっと力を抜けば良いのに……。」

とは思いますが許します。張りのある締太鼓や大太鼓、三味線、
篠笛の音が実に生々しくて、目の前で演奏しているかのようです。
一番の目的の特大の大太鼓も破綻すること無く聴かせます。
いやー、大枚はたいてB&Wの15インチ・ユニットを入れて本当に
良かったー。中音域も格段に良くなったしねー。\(^〇^)/

 サブ・ウーファーというと、一般的にオーディオ・マニアにはあまり
受けが良くないようですが、良質のを入れれば効果覿面です。
音楽に使う場合は、ホームシアター向けの物を避けた方が良いの
は間違いないですけどね。

72250002


|

« 美しき日本の山 | トップページ | FRP加工 完成!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 美しき日本の山 | トップページ | FRP加工 完成!! »