« 早すぎる春 | トップページ | 鬼太鼓座 »

2007年2月23日 (金)

美しき日本の山

 山好きの私は、山と渓谷社のカレンダー、「美しき日本の山」を
毎年購入していましたが、今年は買いそびれてしまいました。
しかし、ちゃんと部屋に掛けています。去年のですけど。(^^;

 カレンダーといっても、チラッと写真を見るだけで日付はほとんど
見ることがなかったので、

「まっ、これでも良いかあ。」

というワケですが、実際のところ充分です。どうせ、毎年似たような
写真なんですから。おかげで¥1,000得しました。(^^;

 山と言えば、今日は山道具屋から電話がありました。
数週間前に注文していた、冬用手袋のウール・インナーが入荷した
とのこと。今期の冬山はもう諦めたところなんですけどねえ。(~~
 丁度良いので、仕事用にアレンジする予定の山道具のことを訊い
たら、近日中に入荷するそうです。こちらはグッド・タイミングです。
たとえ山には滅多に行けなくても、仕事中に行った気分になるような
工夫は怠りません。鋭意改造中です。(^^v

72230002


|

« 早すぎる春 | トップページ | 鬼太鼓座 »

コメント

こんにちは〜、ファーマー佐藤さん。
22日の記事で【越冬害虫の生存率】が高まるということを書かれていましたが、これまでにない生態現象が起きるのではないかと思います。私の小さな庭では、この数年来、冬季の石灰硫黄合剤の散布を止めてしまいました。
気候温暖な千葉では、毎年がファマー佐藤さんのところの【北国の暖冬気候】みたいなものですモンね。
また、近郷近在では石灰硫黄合剤を撒きませんから、よそからいくらでも虫が飛んでくるようだし、撒いても撒かなくても、春からの薬剤散布で対処するのは一緒だし、ということで冬季散布は止めてしまった。

山と渓谷社のカレンダーの話は笑えましたデス!
農作業用に山用品を使うのは、ファーマー佐藤さんの常套手段なのですが、常に山岳への憧憬があるから、結びつくのだと思います。農作業しながらも常に山のことが脳裏から離れないというのは、本物の山男だと感服します。
私などは、山そのものが対象ではなく、写真目的の山登りでしたから、行かなくなればスッパリと縁が切れます。想い出だけは残っていますけれども。

そうそう、私の【フクロウの巣穴】のカレンダーは、荒川静香の大きなカレンダーです。1月2月分の写真は、イナバウアーをしているところです。
1月に入ってから通販で買いましたから、半額で買えました。文字が小さいから、カレンダーとしての役目は無いのヨ(笑)。だから、使い道はファーマー佐藤さんと一緒だな。写真を眺めるためだけのアイテムであります。
おお!そういえば、今日の午後15時50分から荒川さんのアメリカでのショーの様子が放送されますよ。

投稿: シロフクロウ | 2007年2月24日 (土) 11時32分

 シロフクロウさん、どうも~。(^^

 滅多に山へ行けない「山男」ってアリでしょうか。(^^;

 カレンダーですが、これまで買った「美しき日本の山」を
全部取っておけば良かったなー、と思っています。
そうすれば、曜日が今年に合った物を使えたのにねえ。(笑)

 イナバウアーは大人気ですね。
シロフクロウさんなら生で見ることも可能ではないでしょうか。(^^

 近年の気候を見ていると、異常気象から気候変動に向かって
いるのかもなー、という気にさせられますね。

投稿: ファーマー佐藤 | 2007年2月24日 (土) 18時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 早すぎる春 | トップページ | 鬼太鼓座 »