« さくらのお仕事 | トップページ | パール・ハーバー »

2007年4月 4日 (水)

鍬の柄

 この時期としては記憶にないくらい忙しいです。
日の出から日没までが私の基本的な仕事時間なんですが、全然
足りずに夜業までしています。昼休みもほとんど無しです。

 それでも、

「休みたい……。」

などとは全く思いません。いずれ死ねばゆっくりできるワケだし、
食べるために働くのはごく自然なことだと思うからです。

 とは言っても気分転換は必要です。
ちょうど農家の必需品である鍬の柄が壊れたので、急遽作り
ました。プチ木工です。
交換用の柄はホームセンターで¥1,100程で売っていたので
作る手間を考えると買った方が安いのですが、どうせなら私の
体にあった長さが欲しいし、たまに工作したいですからね。

 で、材料置き場から取り出したヒバの角材を昇降盤で挽いて、
昇降式作業台にセットしたジグソーで切り出しました。
手カンナとベルト・サンダーで荒削りしてからオービタル・サンダー
で研磨して、最後は手でペーパー仕上げしました。
ヒバ材は作業性と匂い、感触が良いので好きです。
この手の農具に塗装するのはほとんど無意味ですが、最初だけ
でもと思ってチーク・オイルを塗って完成!。

 目標作業時間は1.5時間でしたが、持ちやすいように念入りに
削ったら1時間オーバーしました。この手の農具にヒバを使うなんて
見たことも聞いたこともありませんが、手触りは良いし耐候性が高く
て強度もあるので案外良さそうな気がします。
というか、適当な材料が他に無かっただけなんですけど。(^^;

 仕事用の物を作るのは、私の工作では定番です。
実益を伴った趣味というワケですネ。(^^
 写真の鍬で、短いのは長年使ってきた普通ので、長い方が今回
作った柄です。早速畑で使ったら姿勢が楽だし、幅のある畝を均す
場合でも非常に使い勝手が良いです。快適!。
作った甲斐がありました。(^^v

74040004

|

« さくらのお仕事 | トップページ | パール・ハーバー »

コメント

ファーマーさん、こんばんは。
鍬と鋤の区別が今ひとつよく分かっていない私ですが、柄を自作するのは楽しいですね。ひばは印象では柔らかめな感じがするのですが、オリジナルは何の材だったのでしょう。柄というと樫?木刀のようにぐみや枇杷?それともバットのようにあおだも?

投稿: 書龕洞主人 | 2007年4月14日 (土) 18時11分

 書龕洞主人さん、こんばんは~。

 鋤は我が家にはありませんが、幼少の頃に見たような記憶は
あります。トラクター用のプラウもその一種なのかも知れ
ませんが。鍬は今でも必需品です。非常に便利な農具です。

 柄のオリジナル材が何かは分かりません。樫やアオダモで
ないのは確かです。見た目では白木で、それほど硬いようには
思えません。
 ヒバはハンマーのように強い衝撃が加わるものには不向き
だと思いますが、鍬に使う分には特に問題ないようです。
軽くて丈夫なので使いやすいです。樫が使われている物もある
ようですが、私は使いたいと思いませんね。

投稿: ファーマー佐藤 | 2007年4月14日 (土) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« さくらのお仕事 | トップページ | パール・ハーバー »