« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月31日 (木)

フルート

 私の部屋は真冬でも無暖房で、冬山用の羽毛服に身を包んで
音楽や映画を楽しんでいる程なので、唇と指がかじかんでまともに
吹くことの出来ないフルートはとんとご無沙汰でした。
金属管は冬は冷たくてねえ。(^^;

 で、この頃はすっかり暖かくなったので久~しぶりに手にしたら、
チョット驚きました。息が長持ちするんです。

「オーッ!!、これも自転車のおかげか!?」

 山登りで痛切に感じていた心肺機能低下を回復するために、
去年の秋からずっと自転車に乗り続けているからでしょう。
息が長持ちするようになったんです。さっぱり吹いていない割
には良い音もします。嬉しいですねー。\(^〇^)/
せっかく何時でも吹けるようにと年中出しっぱなしにしているん
ですから吹かなきゃ損というものです。実は単なるものぐさな
だけなんですけどね。(^^;(^^; 

 ついでに、自転車の効果と言えば、最近気づいたんですが、
太腿が、かなり締まっているんです。継続は力なりですね。
フルートの方は全く締まりがありませんが。(^^;

75310001


| | コメント (2)

2007年5月29日 (火)

先手必勝!

「お前からはいずれ師匠をして貰わなきゃならないから抜けられて
は困る。」

 朝早く畑に来た男が言いました。予想通りの展開です。

 私のところでは7年ごとにお祭りの担当地区となるんですが、来年
がその当たり年です。私はこれまで、謡部(「高砂や~」ってヤツ)に
所属してきましたが、幹部連中が動き出す前にサッサと演芸部に
異動しました。謡を習いたいという演芸部の奴と入れ替わりなので
話は早いです。
 その話を聞きつけてやって来たのが今朝の男で、謡部の地頭
(リーダー格)です。本家本元の黒川能の大師匠から直接指導を
受けたのが地域で唯一私だけという事情もあって、将来の師匠に
狙われているのは薄々感じていたので、その前に手を打ったという
訳です。「師匠」というガラじゃないのよねー、私は。

 それに、もし師匠なんかやって本流の指導をしたりなんかしたら、
ほとんど我流でやってきた村中の経験者を混乱させてしまうことに
なりかねません。そんな事態は避けたいです。
そうなる前に身を引いた訳ですが、裃を着て難しい顔で声高らかに
謡うよりも、どじょうすくいでも踊って招待客を笑わせた方が楽しいと
いうものです。もうすでに、お座敷芸用のDVDも買ってあるもんね。
抜かりはないです。(^^v

| | コメント (0)

2007年5月24日 (木)

毛皮

75240011

 先日無理矢理貰わされたタヌキの毛皮です。
目の肥えたハンターが厳選した物を本職が鞣した毛皮なので、
非常に綺麗です。私もタヌキの毛皮は三度鞣しましたが、車に
撥ねられて昇天していた物を拾ってきて、肉は食用、皮も勿体
ないので鞣しましたが、模様の美しさなどは考えたこともありま
せんでした。比べてみると明らかに違います。
下の写真は私が解体して鞣した毛皮です。

32020004

 全然違いますね。上のはさすがに売り物だっただけのことはあり
ます。結構高かったんじゃないかと思いますが、今は私の部屋に
横たわっています。鼻と髭がそのまま付いているところがとっても
可愛いです。

75240012

 問題は、この毛皮をどうするかです。
さくらに着せるのも面白そうですが、絶対嫌がるでしょう。
私の部屋にも、どうもミスマッチです。どうしましょうかねえ?。
襟巻きにでもしましょうか。(^^;

| | コメント (8)

2007年5月23日 (水)

クルーザー

「今度船に乗りに来いよ」 

 農業団体の飲み会で、農機屋をしているかつてのバイク仲間
から別れ際に言われました。

「お!、久しぶりに水上スキーも良いねえ!。」

「いや、クルーザーを買ったんだ。」

「なにっ!?、そりゃあ凄げえ!。中古か?。」

「一千万以上のを350万で買ったんだ。」

 聞けば全長27フィートで12人乗りだそうです。
ヤツは一級免許を持っているので自由に海原を走らせることが
出来ます。こりゃあ極上のビールをたっぷり持って船中泊で遊び
に行きたいですねー。実現するかはサッパリ分かりませんが、
夏の楽しみが出来ました。\(^〇^)/

| | コメント (0)

2007年5月21日 (月)

射的

 子供の頃から射的は大好きでした。子持ちになってからも遊園地
で景品を取りまくった事があります。(^^;
 
 そんな気分で6連発輪ゴム銃で遊んでみました。
ズラッと並べた空き缶を的にして連射をすると、気持ちの良い音を
立てて吹っ飛びます。格調高く、名器ストラディヴァリウスが奏でる
シベリウスのヴァイオリン協奏曲を聴きながらだったりしますが、
イメージ的には、角川映画「甦る金狼」のワンシーンみたいです。

 こうやって練習しながら的を小さくしていったら蝿取りが出来る
ようになるかなー?。

75210010


| | コメント (4)

2007年5月20日 (日)

分別

 ウチのバアちゃんは分別がありません。
じゃなくて、ゴミの分別が出来ません。日本語は難しいです。(^^;
何度も「指導」してきましたが、90近い婆様にいくら教えても無駄
だと諦めて、視覚に訴えることにしました。

75200003

 これでどうだっ!!。分別用のゴミ箱に写真を貼ってみました。
効果あるかなー?。まあ、しばらく様子を見たいと思います。

 って、私自身ちゃんと分別しているかも怪しいですが。(^^;

| | コメント (0)

2007年5月18日 (金)

D-CLOCK

 HPにも載せましたが、SACDプレーヤーのSCDーXA777ESに
搭載していたマスタークロックをXO3からD-CLOCKに替えました。

「もう、これ以上の音は必要ない。」

と思うほどの効果に、静かな満足感を味わっています。

751800232


| | コメント (0)

2007年5月17日 (木)

自己ベスト更新!

 私は他人との比較とか競争とかには全く興味が無いんですが、
自分の中で限界に挑戦するのは大好きです。

 で、昨日から田植えを始めたんですが、一日でどれだけ植えら
れるかに挑んでみました。農業を本業にしてから20年。田植えは
ずっと一人でやってきました。田植機での植え付けや苗補給は
勿論のこと、苗運びから苗箱の片づけまで全て一人でこなします。
まあ、キリが良いということはありましたが、これまでは毎年の
ように最高150aまででした。
 
 そこで、昨日は午前4時前に起きて作業開始!。まずは苗運び
です。

75160012

 一輪車で育苗ハウスから苗をコンテナに入れて運び出します。
コンテナ3個で12枚です。これをそのままトラックに積み込むので
作業性は良いです。この方法は、昔の花栽培仲間(故人)から
教わったもので、非常に合理的で効率が良いのですが、ほとんど
普及していません。他の人達は、下のような市販の鉄枠製の台で
運びます。

75160014


 丁度向かいの田んぼでも田植えだったので撮りました。
工作好きの私としては作るのは簡単ですが、年に数日しか使わ
ない代物に材料費と製作時間と保管場所は取られたくないです。
 一方、コンテナは野菜の定植や収穫用として大量にあるので、
使わない手はありません。ホント便利!。
私は一度に96枚運ぶので、枚数的にもコンテナの勝ちっ!。(^^v

 で、昨日は30a田を6枚で、180aを植え付け出来ました。
田植機の速さは一定なので、もうこれ以上は無理ですが、自己
新記録です。午後8時まで16時間全く休み無しで、食事も移動中
の車中で行動食を取りながらというハードさです。普段あまり体を
使わない人だったら明日は間違いなく酷い筋肉痛に見舞われるで
しょうねえ。ビールが旨かったよー。\(^〇^)/

| | コメント (2)

2007年5月13日 (日)

梱包

 愛用してきたCD/SACDプレーヤーのSCD-XA777ES(改)
を梱包しました。売却して超高級機を買うためです。
なんてことはあるワケないです。そんなお金はないし、欲しいとも
思いませ~ん。部品交換の為の発送です。
梱包作業は慣れていますが、酔っぱらってからやったら、ありゃま、
これは酷いですね。ま、これでも無事には届くでしょう。(^^;

75130010

| | コメント (0)

2007年5月12日 (土)

6連発輪ゴム銃

 注文していた部品を買いに行ったら、こんな物をくれました。

75120009

 6連発の輪ゴム銃で、売れ残りだそうです。アメリカ製です。
輪ゴム銃は子供の頃によく作って遊んでいましたが、単発式でした。
ネット上で、自作の多連式輪ゴム銃(非常に立派!)が紹介されて
いるのを見たことはありますが、「今更ゴム銃?」という感があるので
さほど興味は湧きませんでした。

 しかーし、せっかく貰ったんだからと試してみると、これがなかなか
面白いです。感動的ですらあります。なんせ6連発ですからね。
トリガーを引くと一発ずつ発射するので、海外旅行で撃ってきた拳銃
みたいです。ただし、輪ゴムですから危険性は全くありません。
これでハンティングするとしたら対象は蝿くらいかもね。(^^;

 英文の説明書を読んでみると、「この輪ゴム銃は大人向けに作ら
れています」と書いてあります。フムフム、大人のおもちゃというワケ
ですね。こりゃ、飲み会でのお遊びにも使えそうです。(^^

| | コメント (2)

2007年5月10日 (木)

打撃好調

 ありゃま、今朝は稲の育苗ハウスにスズメが四羽も侵入して
いました。種籾を食べるためにはどんな小さな隙間からでも
入り込むようです。困ったモンです。
 先日の反省から、今日は長い棒で追い回しました。
集中力を高めていざ勝負!。

 その結果、一羽は踏んづけて、他の三羽は反対方向へ飛んで
逃げるところを叩き落とすことが出来ました。私は右打ちなので、
いかに打ちやすい方に飛ばせるかがポイントです。
棒(バット)が届く範囲をストライクジーンに見立てると、初球ヒットも
あったので、打率は3割くらいの感じでしょうか。
大分慣れてきました。こりゃあ、パチンコ猟よりも効率良いかも
知れません。(^^v

| | コメント (6)

2007年5月 9日 (水)

自家菜園

 「紺屋の白袴」というヤツで、自家用野菜は空いている畑でテキトー
に作り、ほとんど管理もしない状態が長年続いていましたが、売ると
安い野菜も買うと高いので、今年は少しばかり真面目にやることに
しました。そこはプロ、やる気にさえなれば仕事は速いです。
朝飯前に畑を作り上げました。マルチング作業も、先日柄を作った
鍬で楽々です。

75080005

 カボチャの風乾用に空けておいたビニール・ハウスの一角に3畝を
作りました。ハウス内なら安定的に作れるもんね。(^^
 そこで、早速野菜の種を播くために、速攻でマルチの穴開け器を
作りました。バーベキュー用の着火剤を燃やして、その熱で穴を
空けるワケです。キレイに空いてるでしょ。
いろいろと植え付けるための苗も順調に育っているので、これから
賑やかになりそうです。(^^

75080006

| | コメント (2)

2007年5月 5日 (土)

真剣勝負!

 夕方、稲の育苗ハウスにスズメが一羽侵入しているのを発見しま
した。防鳥網を張り巡らせているのに一体どこから侵入したのか
分かりませんが、凄い執念です。逃がしてやるのは簡単ですが、
一度旨い思いをしたヤツは必ずまたやってきます。
それも仲間を連れてくるので看過出来ません。
今年は苗箱の枚数を節約したので一枚も無駄には出来ないのです。

 しかーし、得意のパチンコはゴムが切れています。
飛んで逃げ回るスズメをどうやって仕留めるか?。

 まずは、そこらにあった棒を持って、怒ったヒグマのように、

「ウオーッ!!」

という声を発して追い回しました。

「あんたバカか!?」

と思うでしょうが、これが案外有効で、敵は恐怖のあまりにパニック
に陥って飛ぶことも出来なくなることがあるんです。
今日もハウスの地表の隅に二度追いつめましたが、惜しいところで
踏み損ねてしまいました。敵も学習したようで、それからは地面には
下りずに高い所を飛んで逃げ回りました。こうなると持久戦です。
正に真剣勝負です。

「こいつ、絶対食ってやるっ!!」

 敵の飛行パターンを学習しながら追い回すこと約20分!。
ようやく棒で叩き落とすことが出来ました。(^^v
イチローなら難なく落とす事が出来るのかも知れませんが、細い棒で
スズメを叩き落とすのは非常に難しいのです。なんだか延長12回裏
でサヨナラ・ヒットを放ったような気分です。
 
 撃墜後は、すぐに血抜きをして毛をむしりました。
スズメは身が少ないので、内臓を取っただけで良く叩いてから玉葱と
捏ねてハンバーグにして食べました。本当に小さいハンバーグです
が、凄~く美味しかったです。これぞ勝利の味!!。(^^v

75050004

| | コメント (2)

2007年5月 3日 (木)

チューリッヒ歌劇場/「魔笛」

 ご存じモーツアルト最後の傑作オペラです。
CDでは何度となく聴いていましたが、ようやくDVDを手に入れま
した。どういう訳か、このところ急にオペラのDVDがオークションに
多く出品されるようになりました。高い新品にはなかなか手が出せ
ないので大変嬉しいです。

 さて、今回の「魔笛」は、チューリッヒ歌劇場2000年7月7日公演
のライブ映像です。演出はお馴染みのジョナサン・ミラー。

 いやー、やっぱり映像があるのは楽しいですね。
字幕があるのも大変助かります。

 私はモーツアルトの音楽が中学時代から好きなんですが、
マッティ・サルミナンが歌うザラストロのアリアは特に心に染み
ました。鳥肌が立ちました。

 また、細かいことですが、タミーノが吹く(マネ)笛の指使いが、
ちゃんとオケのフルートに合わせていることに感心しました。
さすがですねー。映画に多くあるデタラメな弾きマネとは大違い
です。チョット思い出す作品では、「帰らざる河」のマリリン・モンロー、
「本当のジャクリーヌ・デュプレ」のエミリー・ワトソンとレイチェル・
グリフィス、「007リビング・デイライツ」のマリアム・ダボ等、
それはそれは酷いもんです。「シャイン」や「バード」、「レイ」等、
見事なものもありますけどね。

 あと印象に残ったのは、エレーナ・モシュク演じる夜の女王の
「復讐は心の地獄のように胸に燃え」です。歌よりも目がチョー怖い
からですが、こういうのはCDじゃあ絶対に分かりませんね。
映像ソフトならではの醍醐味です。

75030003

| | コメント (0)

2007年5月 1日 (火)

槽前酒

「今日は筋トレしたくないなー。」

 と思う日がたまにあります。今日は夕方から雨になったせいも
あってかテンションがさっぱり上がりませんでした。
どんなに疲れていても、毎日必ず夕食前の日課としてこなして
いますが、やはりこういう日もあります。
そんな時は、甘い物をちょっと食べながら夕刊を見たりして気分を
整えます。

 が、今日は低かったテンションが一瞬で上がりました。
冷蔵庫に「生」寒作り槽前酒が入っていたんです。(^^;

「おーっ!!、早く飲みてー!!」

 と、速攻で筋トレを済ませました。いやー、旨かったー。(^^

75010002

| | コメント (2)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »