« 射的大会 | トップページ | ホームシアター初体験 »

2007年6月 3日 (日)

エコ・ドライブ

 この頃よく「エコ・ドライブ」という言葉を耳にします。
アクセル操作を優しくしてガソリンや軽油の消費量を減らそうという
取り組みですね。良いことだと思います。
 私もホンダ・フィットに乗るときだけ実践しています。我が家では
この車だけ燃費が表示されるからですが、ここがミソです。
ちょっとしたアクセル操作の違いで燃費が大きく違うのが良~く
分かるから、俄然その気になるんです。
 フィットですが、購入当初は15Km/Lでしたが、今は23Kmを
越えることも珍しくありません。この違いは大きいですよー。
一回の給油(32L程度)で700Km以上走りますから。

 と、ここまでは以前も書きましたが、自動車メーカーももう少し
工夫したら良いというお話です。
私の大真面目で現実的なアイディアを上げてみます。

① 「エコ・モード」スイッチを入れると、アクセルを踏み込んでも
  ノロノロとしか加速しないようにする。意識することなくエコ・
  ドライブが出来ます。

② 減速する時にはゼンマイが巻かれるようにして、発進時に
  解放する。アクセルを踏まなくても発進するから燃費が大幅
  に向上します。オートマ車はエンジン・ブレーキの効きが
  弱いので特に有効なハズです。蓄電池やモーターと違って
  軽く済むのも大きなメリットです。

③ ありきたりですが、とにかく空気抵抗の少ない車体形状にし、
  徹底した軽量化も図る。

 これでフィットクラスならリッター30Kmは軽く越えるでしょう。
トヨタに対抗してどこかやらないでしょうかね?。
 まあ、車など使わずに徒歩か自転車で済ませればもっと良い
と思いますけどね。

|

« 射的大会 | トップページ | ホームシアター初体験 »

コメント

こんばんは、ご無沙汰してます。
仕事で毎日車を利用していますが、燃費のことはあまり考えたことがありません。
必要経費だからとついつい感覚が麻痺してしまうんでしょうね。
でも燃費ではなく地球環境規模で考えなくてはいけませんね。

我々の仕事では、休憩や昼食を車の中でとることが珍しくありません。
大手のゼネコンでは「アイドリングストップ厳守」を
新規入場の際に喚起しています。
言われるまでも無くその趣旨には大賛成のわが社は
厳守しておりますが、守ることが出来ない職人さんは
少なくありません。
残念なことです。
ただ真夏の熱中症や真冬の体調管理を考えると
それもやむなしという場合もあります。
建築現場ももう少し近代的?に快適な環境を整えて欲しいものです。

投稿: さくらい | 2007年6月 4日 (月) 01時19分

書き忘れました。
2番目のゼンマイのアイディアは面白いですね。
さすが佐藤さんって感じです。

1番目もいいとは思いますが、後ろの車がイラつくかもですね。

あ~~あ、もっとゆったりとすごせないもんかなぁ。

投稿: さくらい | 2007年6月 4日 (月) 01時22分

 さくらいさん、おはようございます。

 ノロノロという表現がまずかったですね。
オートマ車ってアクセルを踏まなくても発進しますよね。
まずそのクリープ現象を利用して発進してからほんの
5mmほど踏むだけでもちゃんと加速するんですよ。
もちろんグッと踏み込んだときのように勢いよくとはいきませんが、
後続車の迷惑になるほどでもないです。
これだけでも燃費が大幅に向上します。お試しあれ。

 ゼンマイはクリープ現象を強力にしたようなものに
なってブレーキでコントロール出来るでしょうから、
使い勝手は良いと思います。

 そういえば、フィットでエンジン始動直後の
アイドリング回転数が少し高い状態での発進で、
全くアクセルを踏まないで何キロまで出るかを試した
事があります。時速30Km出ました。
これは他車の迷惑になるのは間違いありませんが。(笑)

投稿: ファーマー佐藤 | 2007年6月 4日 (月) 08時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 射的大会 | トップページ | ホームシアター初体験 »