« しらす丼 | トップページ | 仮想山小屋 »

2007年10月27日 (土)

蜜蝋燭

 取りあえず蜜蝋が出来ました。

7x270010

 まだ不純物が混じっていまが、早速蝋燭を作ってみましょう。
調べてみると蜜蝋燭はいろいろ売られていますね。
手間を考えると買った方が安いような気もしますが、今晩、山仲間
とレトロな宴会をやるので、そこで使おうというワケです。
今回作った蜜蝋は量が少ないので、精製は無しです。

 いつものように、溶かした蝋をカップに流し入れました。
芯は凧糸を撚って太くしています。

 しばらくして固まりました。

7x270011

 普通のパラフィンと違って、カップに入れた場合の蜜蝋はヒビ割れ
するんですね。収縮度が大きいようです。
どうせ、自分で使う物なので気にしませんが~。
 
 この蜜蝋燭とパラフィンで作った蝋燭を並べて灯してみました。
左が蜜蝋燭です。

7x2700191

 ウーム…、蝋燭を灯した写真は難しい……。
肉眼で見比べても明確な違いは見られないし、消した後の煙は
蜜蝋燭の方がずっと多くて、テントの中では文句が出そう。
独特な匂いも好き嫌いがありそうです。
 蜜蝋燭を灯すというと何やら風情を感じますが、山での照明具
として見ると、好んで使う物じゃない気がしてきました。

 ちなみに、私が山で使う蝋燭はこれです。

7x270020

 芯が3本あるので、明るさを調節出来ます。
普通の蝋燭と違って蝋が流れることもない優れものです。
容器には水ようかんの空き缶を使っています。簡単に作れる
ので薦めですヨ。芯には、凧糸じゃなくともティッシュペーパーや
トイレットペーパーをコヨリにして使ってもOKです。

|

« しらす丼 | トップページ | 仮想山小屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« しらす丼 | トップページ | 仮想山小屋 »