« 浅間山 | トップページ | GPSケース »

2008年1月23日 (水)

試験山行

 この冬初めての山行で、鳥海山に行ってきました。
子供を高校に送ってからなので遅いスタートです。月山は雪が
多そうですが、全く誰もいない山を楽しみたい気分だったので
鳥海山にしました。パッとしない曇天でも等圧線が大きく開いて
いたので、さくらを連れて足慣らしです。予想通りで、かなり雪が
少ないです。

81220006

 大台野牧場の直線道を抜けて斜面に取り付く所の様子です。
ウーム、ひどいブッシュです。それでも、車道を歩くのは嫌なので
頑張って登りました。雪がフカフカでスキーが30cm位埋まるので、
さくらは大変そうです。


 宮様コースの入り口に着きました。

 81220007

 ありゃまですが、取りあえず休憩です。

81220005

 さくらは目でエサをねだります。(~~


 さて、ひどいブッシュを掻き分けて宮様コースに進入しました。
ウ~ン、ヤッパリ止めよう。50m程進んでから車道コースに軌道
修正しました。ただし、なるべく車道は歩かずにショートカットしま
した。
 ここで、大感動です。今回あえて天気がパッとしない日を選んだ
のはガーミンの携帯GPSを試すためでもありましたが、これは本当
に凄い!!。カーナビとしても優秀でしたが、登山用としても素晴ら
しい!!。地図上に現在地が表示されて、ちゃんと進行方向を向く
んですから\(^〇^)/です。なるほど、愛用者が多いワケだ。
これさえあれば視界不良でもルートを失う心配は皆無ですね。
先頃、吾妻連峰で遭難して2週間振りに生還した男性も、これを
持っていれば予定通り下山出来たでしょう。

 気象観測小屋の雪を見ると少雪ぶりが分かります。

81220011

 雪原を漕いでいるさくらは頭だけ出しているので、前から見ると
犬かきで泳いでいるように見えます。(^^


 しばらく登ってから大休止です。

 81220012

 さくらもラーメンを食べたそうだったので、初めて与えてみました。

81220014

 犬はすすることが出来ないらしく、妙な食べ方をしていましたが、
完食。(笑)


 GPSのおかげで、全く無駄のないルートを取りながらどんどん
進みました。ブナ林の中を快適に登り、車道終点のトイレに着き
ました。

81220016

 上の方も少し晴れてきました。

81220017

 そこからもう少し登って左に折れると滝の小屋が見えてきました。

81220021

 滝の小屋に着きましたが、ドアが開かない!?。

81220022

 スコップで氷を落として錠を外してガンガン叩いても開きません。
しばらく格闘したら、下の部分と一緒に開きました。
上の戸が下がっていて、スムーズな開閉が出来なくなっている
だけではなくて、床に氷が張り付いていて開閉を一層困難に
していました。トイレを作ったら風が巻くようになったからでしょう。
ロクなもんじゃありません。
 この状態では今度来る人も往生しそうなので、剣先スコップで
氷を叩き割って何とか開閉出来るようにしました。
雪も吹き込んでいて、昔の滝の小屋の中のようでした。
 ここで写真を撮ろうと思ったら、ナンとデジカメのレンズカバー
開閉ツマミが壊れてしまいました。ありゃまーです。
デジカメ黎明期の200MP機CP-800の最後です。
修理可能かも知れませんが、買った方が安いでしょうね…。

 小屋の中に入ってみると、気温-6℃と温かいです。
例年のようにデポ品が大量にあって、一ヶ月以上は暮らせそうです。

 GPSもあることだし、もう少し登りたい気もしましたが、時間的に
厳しいので下山しました。午後1時半と丁度良いです。
フカフカのパウダースノーで充分楽しめました。(^^
 ただし、深雪に弱いさくらを待たなくてはならないので、一気に
滑降することは出来ません。なんだか、5歳位の我が子を連れて
いるような気がしました。悪い気はしませんね。(^~^

 今回の山行で携帯GPSの威力が分かったので、新しいルート
の開拓が出来そうです。ウン、楽しみが出来ました。(^^

|

« 浅間山 | トップページ | GPSケース »

コメント

ご無沙汰しております。

昨シーズンと打って変わって、今シーズンは風雪模様(これが何時も当たり前でしょうが)が続き、皆さん滝ノ小屋まではご苦労の多い日々と思います。
昨年は正月に鳥海山の運を使い切ってしまい、もう一度美味しい思いとの見込みは殆ど諦めの状態。昨年、私達が滝ノ小屋でさんざんお世話になったGさんを見かけませんでしたか?

投稿: sakano | 2008年1月23日 (水) 19時26分

試験山行ご苦労様でした。
とは言いながら滝の小屋往復とはさすがです。軟弱モノのワタクシメにはとっても真似できないです。
さくらの餌をねだる視線かわいいですね。
今週末も何かすごい天気のよう・・・
sakanoさんもまた是非鳥海いらしてください。
      ・・・一ファンより(*^o^*)

投稿: lison | 2008年1月23日 (水) 21時09分

滝の小屋まで往復を数時間で済ますとは流石です。まだまだ元気なのね〜。

GPSは補助的に使いましょうと取説に書いてます。確かに機械に頼り切りは危険だよ〜。偶にずれたり衛星を捕まえきれなかったりするから。

ま〜そんな事は分かってるでしょうから楽しんで使ってね。

投稿: こうさく | 2008年1月23日 (水) 22時35分

>sakanoさん

 滝の小屋まで苦労したという記憶は全くありませ~ん。
ラッセルは大好きなので、山岳会で登っても常にトップです。(笑)
 実は、sakanoさんが紹介されていたルートを狙っています。
誰か誘って行きたいと思っています。
 Gさんは、正月以外はほとんど行かないような気がしますが…。(^^;


>lisonさん

 やっと冬らしい天気になりそうですね。
嬉しいです。野菜の値段が上がってくれるでしょうか?。(笑)


>こうさくさん

 えっ?、説明書にそんなことが書かれているんですか?。
ほとんど読んでいないので知りませんでした。マズイなあ。(笑)
 最終的に頼りになるのは、いつの時代も経験に裏打ちされた
勘ですね。今回もそれは意識していて、自分で方向を決めてから
GPSを見るようにしました。
勿論、地形図とコンパスも持って行きますが、ガスがかかった
今回も全く不要でした。恐るべしGPS!。

投稿: ファーマー佐藤 | 2008年1月24日 (木) 00時11分

雪の中で、EPIガスでお湯が沸いたんですね~ 
チタン製のコッヘルが羨ましい・・・
小屋の中が-6℃で温かい・・
私じゃ一生言えない言葉です。

投稿: pickupcamper | 2008年1月24日 (木) 14時24分

>pickupcamperさん

 寒冷地用ガスではありません。(笑)
チタンは良いですよ。軽くて丈夫だし、縁があまり熱く
ならないので、そのまま口をつけて食べても平気です。(^^
 例年ならー10℃位だし、風のある外から入ると
やっぱり暖かく感じます。滝の小屋は冬山のオアシス
なんです。ストーブは無いけどねー。(~~

投稿: ファーマー佐藤 | 2008年1月24日 (木) 16時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浅間山 | トップページ | GPSケース »