« ヘリコプター物語 | トップページ | 安っ! »

2008年1月30日 (水)

鳥海山上ノ台コース偵察山行

1月29日
 
 朝、子供を高校に送りに行ったら、鳥海山が丸見えでした。

「あー、山が呼んでいるっ!!」

 誰も呼んじゃいませんが、仕事が一段落したこともあって、急遽
行くことにしました。天気は良くもなく悪くもないのは天気図で確認
していたので話は早いです。

「そうだ!、上ノ台コースの偵察に行こう!」

 鳥海山の南東側にある、ほとんど誰も行かない超マイナールート
で、仙台のsakanoさんから紹介されるまで全く知りませんでした。
好適期は雪が多い年の3月下旬から4月と思われますが、2月下旬
からは仕事オンリーになるので、その時期に行くのは絶対無理。
特に今年は雪が少ないので、「偵察」と割り切っての山行です。

 しか~し!、行くと決めたのは良いとして、問題は靴。

81290001

 先日の試験山行で山スキー兼用靴のインナーが見事に破損
して、そのままになっていたのです。あ゛~。
以前もボンドで補修していましたが、ここまで酷くなると普通は
買い換えです。もう20年以上履いている靴なので、そう考える
のが普通ですが、そこはファーマー佐藤。大急ぎで修理です。

81290003

 長年愛用しているステッチャーでの縫合ですが、こりゃ完全に
ドロナワだ…。(^^;
もう片方も切れかかっていたのでついでに縫いました。

81290004

 よっしゃー!。これでバッチリ!!。もう10年は大丈夫だ!。(?)
時間も遅いので、山中一泊の装備に切り替えての出発です。
勿論さくらも一緒です。

 旧八幡町の升田スキー場に車を置いて出発です。
途中で買い出しもしてきたので、もう11時半。
ホント遅いなー。(^^;
 鳥海山を冬の奥山林道から眺めるのは初めてなので、車道
歩きもそれほど苦にはなりません。景色がとても新鮮です。

81290006

 しばらくは鬱蒼とした杉林が続きます。

81290008

 日光川の清々しい水音を聞きながらどんどん進みます。

81290012

81290017

 毎日のように雪が雪崩れている所を通ります。

81290015

 橋を渡れば、もうすぐ上ノ台コースの取り付き地点です。

81290018

 2時間近くかけて林道を6Km歩いて、ようやく取り付き地点に
着きました。

81290020

 GPSを見るまでもなく取り付き地点が分かりましたが、登って
みると予想外に地形が複雑で難しい…。
地形図にも載っていないような小さな沢が多くて、それがまだ雪で
埋まっていない為に厳密なルート取りが必要でした。
こんな所ではGPSは役に立ちません。スキーで登るには大変な
急斜面もありましたが、細かい斜登高を繰り返して頑張って登り
ました。ツボ足で登るよりはマシなのですが、何だか昔熱中した
「山形県境縦走」みたいで嬉しくもありました。

 これだけグチャグチャだと登った所を降りるしかないので、トレース
が新雪で埋まることを想定して赤布を枝に付けながら登りました。

81290022

 しかし、700m付近の急斜面に立ちはだかるのはブッシュで武装
した杉林…。そりゃねえべえ……。

81290023

 たちまち戦意喪失で、ここを幕営地に決定しました。

 81290024

 しっかりと整地してからアライテントのエアライズ2を張りました。
一人で使うには充分な大きさです。

「プシュッ!、ゴクゴク……、プハーッ!」

 たまんないねー。\(^〇^)/
午後3時とはナイスな時間です。(^^v

81290027

 本日のメインディッシュはチンジャオロウスウですが、なんという
事でしょう。ピーマンを刻むためのナイフを忘れました。(^^;
山では、ある物で間に合わせるのが鉄則です。

81290029

 今回はナイフ代わりに方位磁石を用いました。
シルヴァ社も想定外の使用法でしょう。(笑)
 私の部屋で活躍しているテントシューズは本来の使われ方をして
います。

81290030

料理が出来て、ご飯も炊きあがりました。

81290031

 それにしても、全く誰もいない山中の暖かいテントの中でノンビリ
するのって、凄~く贅沢に感じます。ビールの後はウイスキーを
チビリチビリ……。幸せ幸せ……。(^~^

 
1月30日
 夜中からサラサラと雪が降ってきました。予想通りなので、早起き
することもなく明るくなるまで寝ていました。外を覗くと、15cm程の
新雪が積もっています。風が無いので気持ちの良い朝です。
 朝食は、夜の残りのご飯でカレー雑炊です。冷え切っているガスの
缶は寒冷地用ではありませんが、ローソクの炎で加熱しているので
火力充分です。

81300033

 撤収してからは取りあえず上を目指しましたが昨日よりもハード
です。これ以上無理すると下りが悲惨なことになりそうなので、
30分ほど登った所で撤退することにしました。なんせ、スキー技術
検定一級を持っていても滑降不能に違いない難所です。
そこを重装備で滑り降りるためには、気力体力とも充分でなければ
いけません。生粋の藪山スキーヤーの領域です。

 実際に滑ってみて、全くその通りでした。
フー、ヤレヤレ。ここは今の時期に来る所じゃないな。ヤッパシ。
 途中、さくらが急な沢に落ちてしまって、救出するのがまた
一苦労。スキーを脱いで降りたら登るのがチョー大変で、大汗
かきました。ピッケルを持参したのもその為です。犬を連れて行く
と装備が増えます。(^^;

 でも、来て良かった。ウン。

 なんとか車道まで降りてしまえば、あとは単調な歩きだけです。
新雪が積もったので、スキーはほとんど滑りません。雪は更に
激しく降ってきます。早く降りて正解です。

 10時半には升田スキー場に着きました。

 と、ここで事件発生!。
私よりも少し前を歩いていたさくらが、たまたまやって来たスノー
モービルの音に驚いたからか、私に追い越されたのに気付かな
かったようで、今来た道を戻っていったのです。
私は、どうせその辺で遊んでいるんだろうと思って帰り支度をして
いたので、そのことに気付くのが遅れてしまいました。
私が来ないと思って迎えに戻ったに違いありません。
ありゃまあです。健気にもご主人様を迎えに行ったのに、

「あのバカ犬!」

 と捨てて帰るワケにもいかなくて長靴で見に行きましたが、全く
姿が見えません。犬の足は速いですからね。一旦駐車場に戻って
暫く待っていましたが、さっぱり帰ってきません。
仕方ないので、諦めてスキーを履いて迎えに行きました。
いったい何処まで行ったやら……。(ーー

 さすがのさくらも変だと思ったのか、300mほど歩いた所で戻って
来るのに遭いました。私を見つけると大喜びで駆け寄ってきました。
感動の再会です。(笑)

 全くヤレヤレですが、連れて帰れて良かった良かった…。
スノーモービルには要注意です。

 というワケで、上ノ台コースは、やはり4月が良いでしょう。
とういうことは、私しゃ永遠に行けないかもね。(~~

|

« ヘリコプター物語 | トップページ | 安っ! »

コメント

今の時期に好天を狙える地元山スキーヤーは羨ましい。最近中々姿を見せない鳥海山ですが、2月頃にはご機嫌な日も有るだろうと期待しています。
スノーモビラーに自粛勧告が出ている上ノ台では、昔と変わらぬ日々が続いて欲しいものです。
自分でもかつて兼用靴をさんざんいじくりましたが、ここまで酷使された靴も本望でしょう。

投稿: sakano | 2008年1月30日 (水) 21時07分

 この際天気は、冬型と低気圧通過時以外は良いことに
しました。そうじゃないとなかなか行けません。(笑)
 奥山林道の入り口を圧雪車が塞いでいたので、結構強力な
スノーモビラー対策と言っても良さそうです。

 兼用靴は、誰もがここまで使ったらメーカーは倒産する
かもですね。(笑)

投稿: ファーマー佐藤 | 2008年1月30日 (水) 23時53分

お疲れさま、
私のような軟弱な者は・・・

でも、羨ましげな山泊の雰囲気は十分
伝わりました。

さくらが親方の桜肉にならなくてホットしました。

でも・・・
互い4月の山行出来ないこと、辛いですねf(^^;)

ホント、sakanoさんのレポ、よだれタラタラで拝見した記憶がよみがえります。

投稿: lison | 2008年1月31日 (木) 21時09分

>lisonさん

 あそこは3月下旬でも大丈夫なので、何とかなるかも知れませんよ。
私も10年前までは何とかなりましたが、今は不可能です。(~~
 ま、近いところで三の俣コースにでも行こうかと思っています。
安近短ですね。(^^

投稿: ファーマー佐藤 | 2008年1月31日 (木) 22時28分

こんばんは。。
靴が・・と書込み頂いてたので、気になってオジャマにまいりました。
何でも製作・修理されてしまう技に、改めて感心致しました。
それにしても、BEERの数といい、チンジャオロースとご飯の量といい、ホントにソロテン泊?と、こちらの方も関心?してしまいました。
上ノ台ルートは、春にトライしてみたい処の一つです。

投稿: HAMA | 2008年1月31日 (木) 23時24分

>HAMAさん

 やっぱり重い物は美味しいです。(笑)
春の上ノ台コースは静かに楽しめると思いますよ。
私の分まで満喫して欲しいと思います。(^^

投稿: ファーマー佐藤 | 2008年2月 1日 (金) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘリコプター物語 | トップページ | 安っ! »