« サラ・ガザレク | トップページ | 白鳥のエサ問題 »

2008年2月23日 (土)

蜜蝋作り

 以前にも一度蜜蝋を作りましたが、あれは予行練習で今回が
本番です。反省点を踏まえて実行です。
蜜蜂の巣は、3枚群を8箱で24枚使いました。

 以下、順を追って解説します。

①巣板から巣を剥ぎ取りました。この際、蜜蜂の死骸は枠を
 叩いてなるべく落としました。黴びや虫食いが酷い部分は
 捨てました。

②鍋代わりのブリキバケツにお湯を沸かして、巣を入れて
 溶かしました。巣は正にハニカム状になっているので非常
 に嵩張りますが、溶かすと1/10位になります。
 これをザルですくい取り、種籾浸種用の網袋に分けて入れ
 ました。 写真は、使い終わった網袋です。

82230001

③熱湯に網を入れて、蜜蝋を溶出しました。次の日にやった
 ために簡単には熔けなくて、結構時間がかかりました。

④網をお湯から上げて絞りました。蜜蝋は水より軽いので浮い
 て固まりますが、時間がかかるので一晩置きました。
 
⑤次は精製です。布オシメを二重にして作った袋に蜜蝋の固まり
 を入れて、熱湯でグツグツ煮ました。目が細かすぎない布なら
 何でも良いでしょうね。
 完全に溶けたらお湯から上げて中身が流れ尽くすのを待ち
 ます。つい絞りたくなりますが、ゴミも出やすくなるのでジッと
 我慢です。写真は、ご用済みのオシメ袋です。

82230002

⑥一晩置いて冷まして出来たのがこれ。

82230003

 分厚いので簡単には取れませんでした。ゴムハンマーで
 バケツをガンガン叩いて取り出しました。

82230004

⑦裏に付いたカスを使い古しの歯ブラシを使って洗い流せば
 完成!!です。

82230005

 精製前の固まりでは重く感じていましたが、計ってみたら
2.8Kgした。充分な量です。ヤッター。

 このように手間はかかりますが、誰でも作れるので興味の
ある人はやってみて下さい。材料の巣はメロンやスイカを作る
農家に頼めば、中身だけなら入手出来ると思いますよ~。

|

« サラ・ガザレク | トップページ | 白鳥のエサ問題 »

コメント

自分で作れるのですね!!
考えてもみませんでした。
買うとかなりの値段ですが、作れば安くできるでしょうね。こちらにも養蜂場がありますから巣は手に入るだろうし・・・これはいつか試してみたいです。
手作り蜜蝋の使い心地、品質はどうでしょう。
自分で作った蜜蝋で塗りまで出来ればかっこいいなぁ!

投稿: のほほん | 2008年2月23日 (土) 10時12分

 のほほんさん、こんばんは~。

 そうそう、蜜蝋は自分で作れますが、結構
時間がかかります。もう一回精製した方が良い気も
しますし。
 巣が手に入ればいいですね。(^^

投稿: ファーマー佐藤 | 2008年2月24日 (日) 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サラ・ガザレク | トップページ | 白鳥のエサ問題 »