« 怒濤の春 | トップページ | 畦塗り »

2008年4月13日 (日)

カボチャ畑

84130002

 久しぶりに晴れたので、予定よりもずっと遅れていたカボチャの
定植を済ませました。自然相手の仕事なので、天気に左右される
ことはよくあります。農産物価格が低迷しているので、作業性と
保温性、耐久性は劣っても古い資材を多用してコストを下げて
います。農家も大変なのよ。

 だから、中国の毒入り餃子事件は農家にとってありがたいもの
でした。いや、全日本国民にとっても非常に良いことだったと
思っています。

 日本の食糧自給率が39%で、安い外食産業の材料や冷凍
食品は、中国を始めとした外国産が圧倒的という話はもはや
常識ですが、事態はもっと深刻です。
野菜の種も中国産が非常に多い現実をご存じですか?。
今年も各種の種を蒔きましたが、日本産はたった一種だけで、
他はほとんどが中国産でした。現代の農業に必要不可欠な
ビニール類の原材料の原油はもとより、肥料やその原料も
ほとんど輸入に頼っています。農薬の原体も多くが輸入されて
いるし、養鶏や酪農用の飼料も勿論そう。
世界的なバイオエタノール増産の影響で飼料価格が暴騰して
日本の酪農家は青色吐息です。勿論、我々農家もギリギリの
線で頑張っています。

 今日植えたカボチャも、種は悲しいかな中国産です。
種苗会社も厳しいコスト削減を強いられた結果と言えます。
度を超した市場原理主義と、急激な社会構造の変化は大きな
歪みを生みます。取り返しがつかなくなる前に大幅な軌道修正
をして欲しいものです。

|

« 怒濤の春 | トップページ | 畦塗り »

コメント

ファーマーさん、こんばんは。
種に外国産が多いと言う話は聞いた事があります。
(どこかで在来種の種も保管されているらしいという話も.....)
先進国では最下位の穀物自給率は、こう言う事でもないと改善されないのでしょうか?
既に毒菜の話は数年前から聞いてはいましたが、マスコミも積極的に取り上げず消費者の関心も薄いようでした。
アメリカなどの遺伝子改変作物の話も、最近では沈静化していますね。
(BTコーンなどの遺伝子改変作物からの遺伝子汚染の話は御存じですか?)

絶対に、これからの国内農業を発展させないといけませんね。
ささやかながら、応援しています。(^_^)/~

投稿: さいかち | 2008年4月14日 (月) 02時59分

 さいかちさん、おはようございます。

 毒菜の話ですが、中国では多数の中毒死が出ているので、
日本の毒餃子程度では全然何とも思わないようですね。
 日本でも農薬について無知だった時代があって、除草剤の
パラコート(商品名グラモキソン)等で事故死が多発して問題に
なったことがありました。それを知って自殺に利用する人も…。
 あれから約20年。農薬の使用基準が非常に厳しくなって、
中毒死の話は聞かなくなりました。

「農家の人は自分で食べる野菜には農薬をかけないんでしょ?」

と言う人がいますが、そんなことはありません。普通に農薬を
かけた野菜を食べています。全然平気です。
医薬品を平気で飲むことの方がはるかに危険でしょうね。
実際、副作用も出るし、薬害で死亡することもあります。私は薬は
なるべく飲まないようにしています。

 韓国では遺伝子組み換え作物の一部が解禁になったことで
大騒ぎになっているようです。これも、穀物不足が原因です。
 遺伝子汚染の話は実は日本にも数年前からあります。
ほとんど報道されませんが。

 日本国民は、さいかちさんのように食糧問題にも大きな
関心を寄せなければいけないですね。
食料の安全保障は国家存続上の最重要課題なだけに、
日本政府と関係省庁の無策無能振りには目を覆いたくなります。

投稿: ファーマー佐藤 | 2008年4月14日 (月) 08時01分

ファーマーさん、こんばんは。
>「農家の人は自分で食べる野菜には農薬をかけないんでしょ?」
親戚に農家がいるので聞いてみたら、自家用は減農薬か無農薬だと言っていました。
(お裾分けの野菜は虫食いだらけのキャベツや捻れたキュウリだったりしますが、美味しいです)

>韓国では遺伝子組み換え作物の一部が解禁になったことで 大騒ぎになっているようです。
>これも、穀物不足が原因です。
私は遺伝子組み換え作物のすべてが悪いとは思いません。
本来は絶対に交配されない種の組み合わせが、人為的な遺伝子改変で作られているのが問題です。

>遺伝子汚染の話は実は日本にも数年前からあります。
>ほとんど報道されませんが。
その話は初耳です。
農業試験場で稲の遺伝子組み換えを行っている話は聞いた事がありますが、その関連でしょうか?
屋内栽培で、遺伝子汚染の防止には十分な配慮がされているとの話を聞いていたのですが........

投稿: さいかち | 2008年4月15日 (火) 01時26分

 さいかちさん、おはようございます。

 私は自分が安心して食べられない農産物を消費者に
供給するのはイヤですがね。

 「遺伝子汚染」で検索してみて下さい。
いろいろ出てきますので。

投稿: ファーマー佐藤 | 2008年4月15日 (火) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 怒濤の春 | トップページ | 畦塗り »