« 前立腺 | トップページ | アンナケイ&ジャック・リー/レター »

2008年4月22日 (火)

肥え振り

 庄内では肥料散布を「肥え振り」と言います。
今年に稲を作付けする3haの田んぼの肥え振りを、4時起き
して朝飯前にこなしてきました。去年、タンクをFRPで巨大化
した動力散布機でです。20Kg袋で67袋を振りました。
長さ100mの田んぼを往復で散布できるので速いです。

84220008

 無塗装では何だかみっともないので、冬の間に白く塗って
おきました。中身は見えませんが問題無しです。

 さて、去年使ってみて感じた問題点が一つありました。
メーカーも完全に想定外の高い重心と重量になるために、
タンクが前後に振れてバランスが不安定になると共に、支点が
壊れそうな予感がしたんです。
 その対策として、取りあえず硬質スポンジをフレームとの
間に挟んでみました。

84220006

 これが期待した以上にバッチグーでした。
全く振れなくなって、肥料満載での最大積載重量が約48Kg
でも問題なしです。総重量は65Kgにもなりますが、別段
苦もなく散布できました。

 ただし、トラックの荷台から背負う時だけは気合い一発です。

「オリャーッ


 足下も固めました。

84220009

 去年は地下足袋でしたが、今年は秋起こしした田んぼで条件
が悪いので、軽登山靴を履きました。
荷物が重くて地面が不安定な場合は、地下足袋や長靴よりも
圧倒的に楽です。鳥海山や月山は霞に隠れて見ることが出来ま
せんでしたが、気分は山歩きって感じ。

 他の農家は皆さんトラクターか普通の散布機で散布するだけ
に私のような変わり者はいませんが、ひょっとしたら日本の
どこかには同様の事をしている人がいるかも知れませんね。
もしいたらお友達になりたいです。

 いや、逆に対抗心を燃やすかも知れませんが~。(笑)

|

« 前立腺 | トップページ | アンナケイ&ジャック・リー/レター »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 前立腺 | トップページ | アンナケイ&ジャック・リー/レター »