« 高速ケイデンス車 | トップページ | 池昭語録 »

2008年7月 5日 (土)

ドロップハンドルもどき・完成!

 農機屋にアルミ溶接して貰ったハンドルですが、ビスと溶接
部分の凸凹を完全に隠すために、エポキシ樹脂でグルリと覆い
ました。更に強度アップです。硬化してからサンドペーパーで
磨いて、下準備はバッチリ整いました。
 仕上げはバーテープの巻き付けです。ちゃんとネットで巻き方
を調べるという念の入れようです。good

 しか~し、ここからがなっていません。
いつものようにたっぷりと晩酌をしてから、おもむろに仕上げ作業
に取りかかりました。酒を飲んでからやることじゃないでしょ!。
(と、自分で突っ込む)

 が、繊細さと大雑把さを兼ね備えた性格ですから大丈夫です。
集中力を高めて巻き始めました。グリップを握った時にかかる
力の方向に合わせた巻き方向を確認してからバーエンドから
スタートです。作業中の写真はありません。
バーテープは、一番安いのを買ってきて使用しました。必要充分
です。私には分かりませんが、分かる人には分かるでしょう。
Bのマークが付いていました。

 さあ、ドロップハンドルもどきが完成しました。

87040004

 巻きムラはこの際、気にしませ~ん。
取り付け角度は試走を繰り返して決めました。サンダル履きで
甚平姿という格好で夜更けに全力疾走する姿は異様だったの
でしょう。バスが遠慮がちに追い越していきました。
肩の部分にRのついたドロップハンドルと違って向きを直角に
変えている、腕がフラットバーに当たらないようにする必要
があります。そのために、かなり下向きになりました。

 でも、「もどき」とはいえ、さすがはドロップハンドル。
強度の前傾姿勢と腕の引きの強さで、グングン加速します。
ヤッター、大成功sign03。\(^〇^)/

 今後の課題は、高トルク(脚力強化)と高出力(回転数アップ)の
二点です。

「目指せ!、時速80キロ!!」

 頑張るぞsign01。おおっsign03

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2008/07/post_d5a8.html

へ続く…

|

« 高速ケイデンス車 | トップページ | 池昭語録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高速ケイデンス車 | トップページ | 池昭語録 »