« レナート・セラーニ・トリオ | トップページ | 北杜 »

2008年11月24日 (月)

初滑り! さくらと月山

「ウヒャーッ!、鳥海山が丸見えだー!!。
山が呼んでいるっ~~!!」

 昨日で大根洗いが終わったこともあって、朝から
ソワソワ…。仕事が手に付きません。

 で、急遽、行ってきました。月山に。coldsweats01

 といっても、出発が11:30ですから、かなり遅い
です。月山なら、かなり人が入っているハズだから、
そのトレースをアテにしての山行です。本当は踏み跡
が無い雪原を歩くのが好きですが、時間がない場合
は別です。
 
 月山もクッキリ見えます。

8y230003

 もちろん、愛犬さくらも一緒です。

 志津に着くと、車がたくさんありました。その先で
工事中のために除雪もされていました。普通なら
喜ぶところですが、スキーで歩けないのでちっとも
嬉しくありません。

 それでも、姥沢への分岐からは雪はたっぷりで、
トレースもバッチリ!。高速道です。電柱コースを
登りましたが、腐れ雪なのでシールの効きも最高!。
ほとんど直登出来ました。おかげで、おそらく過去
最高の1時間で姥沢に到着しました。
 姥沢でも休憩無しで、そのまま姥ヶ岳への尾根を
登りました。歩き出しが1時過ぎなのに下山時間を
3時と決めていたので、他の登山者と出会っても立ち
止まることなく、ひたすら歩きました。
自転車乗りの成果で心肺機能が大幅に強化された
ことを実感します。心拍数約160でも苦しくありません。

 午後2:30。月山ペアリフトを眼下に望み、姥ヶ岳の
大斜面を見上げる地点で登行を中止しました。
雪質はまあまあです。リフトの下にはトレースが多く
ありましたが、尾根コースには登りと下りに一本しか
なかったので、キレイなものです。

 ここで、初めての休憩です。
さすがに冷えるので、サッと着込んでから

「プシュッ!」

 普段飲む第三ではなくて、今日は特別に第一です。
苦みと深い味わいがたまりません。good

 景色も良かったのですが、非常に残念ながらカメラ
の電池切れで写真はナシです。coldsweats01

 しばしの初滑りを楽しんだ後、 登る時に追い越した
スノーシューの熟年夫婦が姥沢にテントを張っていた
ので、ちょっと話をしました。なんと関西から来たそう
です。月山も随分とメジャーになったものです。
天気は下り坂なので、明日はただ下山するのみで
しょう。随分と遠くから来たのにねえ。せめてもう一日
早く来ればよかったのに…。

 なんせトレースバッチリなので、下りは滑る滑る!!。
ワックスを忘れたのも影響無しです。

 しかし、さくらは大変です。スキーのトレースだけなら
良いのに、ワッパの踏み跡がボコボコ開いているんです
から。それでも健気についてくるのを見ると胸がキュンと
なるのを感じました。初恋に似た感覚です。
妻にも感じたこと無いのに犬に感じるとは……。catface

 後ろを振り返りながらコーナーごとに待つことを繰り
返していましたが、ついつい飛ばしてしまいました。
電柱コース入り口付近まで来てからは、いくら待っても
来ない。おっかしいなー??。
下りは車道を滑っていましたが、直登ルートを下りて
しまったのかも?と考えて、一旦車まで戻ってみました。

 いない……。足跡も無い。

「そのうち来るだろ」

と思って車を工事現場まで移動させて待機していても
やっぱり来ないので、兼用靴を履き直して登り返しま
した。暗くなってきたので急ぎました。
指笛を吹いても来ないということは、結構上の方にいる
と考えました。良~く見ると下った足跡もありませんで
した。

 時刻は4:30。辺りは暗くなって諦めざるを得なくなり
ました。仕方ないので、一旦志津まで下りて家に電話
して、今夜は車でビバーク。明日また登って捜そうと
思って足を止めたその時。さくらが後ろから現れました。
私を見つけると嬉しそうに駆け寄ってきました。
二月の鳥海山、上ノ台コース偵察山行に続いて、また
しても感動の再会です。coldsweats01
はぐれた付近で私を捜し続けていたようです。

 今度こそ、さくらの視界から消えないように慎重に
下りました。犬を連れていると下りのスピードはガタ
落ちです。森林限界を超えてクラストした雪面では
ガンガン走るんですけが、柴犬の小さなツボ足で
月山の深雪を走れというのは酷というものです。

 ちなみに、大勢が付けたトレースを長靴で歩いて
みましたが、ほとんど歩けませんでした。
さくらは偉いなー。といっても、雪山は大好きみたい
です。これに懲りずにまた連れて行くか。delicious

|

« レナート・セラーニ・トリオ | トップページ | 北杜 »

コメント

あーっ、やっぱりそうだったのですか!?
今日、車止め付近で「犬を見ませんでしたか?」と聞かれたとき、「もしやファーマー佐藤さんとさくらでは?」と頭をよぎったのですが、柴犬って言わなかったしなぁとか、タヌキつけてるから佐藤さんなら、あかねずみってわかるんじゃないかなとか思って、そのままにしてしまいました。せめて犬種を聞くんだった。(姿も足跡も見てないから、もう車に戻るだけなのに、今から聞いても、と思ってしまいました)
では、あれからまた車に戻ってスキー履いて探しに行かれたんですね。
死ぬことはないけれど、見つからなかったら、わんこも心細いだろうなぁと心配してました。
見つかってよかったです。

投稿: あかねずみ | 2008年11月25日 (火) 00時19分

 えええっ??、あかねずみさんだったのですか??。
すみませ~ん。今の今まで男性だと思い込んでいましたー。happy02
スノーシューと腰のタヌキはしっかりチェックしていたん
ですが、清楚で美しいお顔に見とれておりました。coldsweats01

「蔓細工をする方なんだなー。工房とか持ってんのかな?」
などと考えていました。

投稿: ファーマー佐藤 | 2008年11月25日 (火) 00時44分

やっぱり姥沢からの下りで会ったのはファーマー佐藤さんでしたね。多分そうだとは思ってましたが、飛ばして下っていったのでタイミングを外してしまいました。
しかしあの時間帯での往復では早すぎませんか?当方は久しぶりの山行の為山頂まで5時間もかかってしまいました。
鳥海山・月山界隈でまた遭遇しそうです。

投稿: sakano | 2008年11月25日 (火) 05時52分

 あら~、sakanoさんでしたか。
急いでいたのでお声掛けをしませんでした。catface
 昨日は山頂まで行かれたんですね。写真を見に伺います。happy01

投稿: ファーマー佐藤 | 2008年11月25日 (火) 07時19分

ぶ。文章で男と思われていることはよくありますが、直接会っても男と思われていたとは。しかも話もしたのに・・・
「清楚で美しいお顔に見とれておりました。」というのはフォローになってませんよ。だって男と思っていたんだから(厳しいつっこみ)
佐藤さんと、ほぼ似たようなスタート時間なのに、遠くに行くことをあきらめていた私は、ぶらぶらと動物の足跡探したり、ツルとって編んだりして遊び歩いておりました。

投稿: あかねずみ | 2008年11月25日 (火) 10時03分

 えええっ???。そ、そうじゃなくって…。
最初にネットで知り合った際に、尻皮を愛用している
ということで、「尻皮愛用者=男」という先入観から、
何年にも渡りあかねずみさんを男性と思いこんでいた
ワケです。coldsweats01
 
 しかし、昨日遭遇した方は、アルプスの高嶺に咲く
一輪のコマクサのように可憐な女性でしたから、
あかねずみさんではないと判断したワケです。
大変失礼致しました~。今度お会いした時には、何か
ご馳走しますので平にご容赦を……。crying

投稿: ファーマー佐藤 | 2008年11月25日 (火) 18時19分

そうでしたか。なよっとした男に見えたのかなと、軽くショックだったので安心しました。
ちょっとというか、相当ほめすぎの形容詞で、またしても吹き出してしまいましたが。
ご馳走してもらわなくてもいいですが、さくらと遊びたいなぁ。犬大好きです。でも、狸にどういう反応するでしょうね。弓張のシェルティーは、狸なしだと大はしゃぎなのに、狸つけてると警戒します。

投稿: あかねずみ | 2008年11月25日 (火) 20時55分

 すみません。私のとんだ思い違いで乙女のハートを
傷つけてしまいました。゚゚(´O`)°゚

 さくらが狸にどう反応するかは、ウチの狸で実験して
みますね。

投稿: ファーマー佐藤 | 2008年11月25日 (火) 21時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レナート・セラーニ・トリオ | トップページ | 北杜 »