« レジ袋有料化 | トップページ | 米粉パンに挑戦!? »

2008年11月14日 (金)

飛島紹介

 酒田市の沖合には飛島という小さな島があります。
私はまだ行ったことありませんが興味はあります。

 そこで、ちょっと調べてみたら、非常に面白くて
詳しく書いている紀行文を見つけました。
爆笑しながら読んでいました。噂通りです。
ご覧あれ。(↓)

http://www5a.biglobe.ne.jp/~ogihima/menu/menu5/baka/tobisima/tobisima.htm

|

« レジ袋有料化 | トップページ | 米粉パンに挑戦!? »

コメント

 「大昔の鳥海山の大噴火によって吹き飛んだ岩石が飛島になったんだよ!」と聞いたのは、小学生の頃クラス行事で飛島に日帰り旅行での事でした。裏づけるように島の周りの海は急激に深くなっています。

 2度目は高校3年の夏休みに思い出作りに有志10数名で一泊二日の海水浴にいきました。日中は素モグリでサザエのとり放題、夜は港の防波堤で飛島名物「一升瓶入りのイカの塩辛」でドンチャン騒ぎと楽しい思い出でした。

 3度目は磯釣りです。一泊二日の予定で訪れたのですが、二日目に海がシケて連絡船が航行出来なくなり、結局3泊4日の釣りザンマイと相成りました。一緒に泊まっていたサラリーマンの御一行は青い顔をして電話口で平謝りでしたが、こちとら自由業の輩は肝が据わっています。朝から酒飲みでした。手土産に持参したダイコンや野菜、タマゴがそのまま自分等の胃袋に納まったことは今でも笑えるエピソードです。

 ちなみにファーマー殿の近所を流れている赤川は潮の流れで飛島に行き着くそうです。昨年、川に身を投じた近所の婦人の遺体が飛島沖で漁師に発見されたことも実話です。神秘の島、飛島に一度は言ってけらっしゃい!。

 

 

投稿: 面白ダデイ | 2008年11月14日 (金) 19時13分

 おおおおっ!、面白ダディ殿は3回も行かれたんですか!。

 小学校のクラス行事で行ったということは、その時は
運悪く隣のクラスだったということですね。残念!!。

 3回目のパターンは特に良いですね。

「自然には逆らえない」

という事を皮膚感覚で知っている我々とサラリーマンとの
違いは大きいですね。
彼らが困り果てている様子が目に浮かびます。

 それにしても、赤川の流れが飛島に向かっているというのは
知りませんでした。ということは……。
ドライスーツを着てウイスキーでもチビチビやりながら
プカプカ浮いていれば翌日には飛島に行けるということで
しょうか。船代もかからなくて良さそうですが、帰りは
どうしましょ?。うっかり寝過ごして飛島を過ぎてしまったら
行き着く先は北朝鮮??。

投稿: ファーマー佐藤 | 2008年11月14日 (金) 23時31分

いいな〜、行き着く先が飛島。
その先は嫌だけど。 
サラリーマンは大変だね〜、冬山とかも予定のばし気味で休まないと登れないもんね。 と言って自然が休みなさいと言ってるときは休んじゃいますが。

投稿: こうさく | 2008年11月15日 (土) 00時21分

>こうさくさん

 ぜひとも行きたいと思っているのは、実は飛島ではなくて
新潟県の粟島。ここは離島フリークの椎名誠氏のお気に入り
NO.1とのことです。キャンプOK、そこで食べる分なら貝を
採ってもOKというところに一番の魅力を感じます。
温泉もあるしね。退職したら一緒に行きましょう!。

投稿: ファーマー佐藤 | 2008年11月15日 (土) 08時57分

飛島には、何十回も行ってますよ。
元鳥オタですもので(笑)

飛島で食べ物がないとおたおたしている鳥屋がいるとは変ですね。おたおたしているのは、たいてい日帰りの観光客だけのはずなんですが。
普通は泊った宿で弁当を作ってもらうんです。
頼めば、昼も宿に戻って食べることもできます。忙しいときはだめですが。
釣り人も、鳥屋も日の出とともに行動する。釣り人は二回分の弁当持って小島に渡るのかなぁ?鳥の人は早朝まず出動し、朝ごはんに宿に戻り、昼の弁当を持って夕方までうろつきまわるという行動パターンです。
タブの林は、なんとなく東北っぽくなく、海ごしに見る鳥海山が見事だし、一度行ってみるといいですよ。日帰りも可能です。

投稿: あかねずみ | 2008年11月20日 (木) 00時15分

>あかねずみさん

 うひゃー、何十回とはビックリ!。
酒田市の税収アップに貢献されていますねー。
ありがとうございます。

 やはり弁当ですか。そうだと思っていました。
紹介した記事の家族は単なる観光客のようで、
事情を知らずに昼食に窮したのでしょう。

 飛島には行ってみたいと思うんですが、素潜りすると
ウルサイらしいので、二の足を踏んでしまいます。

投稿: ファーマー佐藤 | 2008年11月20日 (木) 13時01分

下調べなしで行った場合は、とりあえず宿の人に聞けばいいんですけどね。
どこか食べ物売ってますか?やっている食堂ありますか?と。
わたくし学生のころから毎年一回、たまに秋も行くと二回行っておりました。漁船チックだった旧飛島丸のころからです。波の荒いときには、半鐘が揺れてガンガラガンと鳴ったりしてました。(あの日なんで出航できたのか?)
でも、鳥見が目的なので、海水浴シーズンは行ったことありません。
でも、絶対に5月の方が鳥海山きれいですもん。

投稿: あかねずみ | 2008年11月20日 (木) 21時04分

 飛島から望む鳥海山……、キレイでしょうね~。(^^

 飛島郵便局に移動願いを出し続けていた山仲間が
いるので、それが実現したら遊びに行くつもりでした。
残念ながらそれはかなわずに、来春早期退職するそうです。
 それにしても、飛島郵便局はあまりにも暇なので、
ノイローゼになる職員が出るそうです。(~~

投稿: ファーマー佐藤 | 2008年11月20日 (木) 21時48分

私の定宿の民宿のおじさんは郵便局務めでしたよ。もう定年退職しましたが。島の人だと、たいてい、漁業と畑と民宿を兼業しているから、暇でノイローゼはないかも。
私は教育学部だったので、卒業したら飛島希望しろと言われてましたが、会社勤めしちゃいました。今ではその学校も、子どもゼロ。

投稿: あかねずみ | 2008年11月20日 (木) 23時19分

 なんでも、自ら希望して赴任した都会の若者がいた
そうなんですが、朝一時間で仕事が終わってしまうので、
あまりの退屈さにおかしくなったそうです。
勤務中では釣りも出来ないでしょうしね。

 その点、島の人間なら大丈夫でしょう。

 しかしまあ、子供が全くいない島というのも不気味な
気がします。(^^;

投稿: ファーマー佐藤 | 2008年11月21日 (金) 07時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レジ袋有料化 | トップページ | 米粉パンに挑戦!? »