« 自動車不振 | トップページ | 改造流れ止め »

2008年12月 4日 (木)

椅子修理

 去年も直しましたが、35年使っている食卓の椅子
がまた壊れました。二脚目で、前回と全く同じ壊れ方
です。

00000002

 中貫が抜けたために、

00000001

無理がかかって座面の台座が割れたんです。

 家具屋で一番高い食卓セットだったそうですが、
なんでプラスチックなんか使ったのかなー。
コストを下げるためというのは分かりますが、板一枚に
穴を開ければいいだけなので、治具を作ってしまえば
量産するのは簡単なんですけどね。
作った頃にプラスチックが流行したんでしょうか。
勿体ない椅子です。

 まあ、35年も使えば充分と考えて、普通の人は
買い換えるかも知れませんね。

 しかし、そこはファーマー佐藤。ササッと修理します。
三脚目に備えて、修理部材を二つ同時に切り出し
ました。カットした欅の端材を合わせて穴開け。

00000003

 それを台座の穴に合うように切って削って収め、
ボルト3本で固定しました。中貫も接着します。

00000004

 座面を取り付けて修理完了です。
あとは、乾いてからハタガネを外せばOKです。
一時間もかかりませんでした。

00000005


|

« 自動車不振 | トップページ | 改造流れ止め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 自動車不振 | トップページ | 改造流れ止め »