« トラックシート 展帳編 | トップページ | 簡易プレス機 »

2008年12月21日 (日)

ハイパワー紙薪製造機

 新聞紙で薪が出来る!、ということを知って以来、

「ぜひとも試してみたいものだ

と思っていました。

 しかし、紙薪を使う気も無いのに¥4,450を出すワケ
にはいかないので、ササッと自作しました。
材料は、トラクター用接地キャリアを修理した際に余った
鋼材と古ジャッキです。

8z210002

 新聞紙を詰める箱とザル(?)です。

8z210001

 これに一枚ずつ濡らして丸めた新聞紙を詰め込んで、

8z210005

 本体にセットすると…、

8z210004

 あとはハンドルを回すだけです。
水がムニューッと出てくるのは快感です。(笑)
かなり楽しいです。市販品は両手に体重を載せて頑張る
仕様なので結構大変だと思いますが、これなら楽々。
自動車用のジャッキですから、その圧力は人力の比では
ありません。

 水が出なくなったらジャッキをクルクル戻して取り
出せば、紙薪の完成です。

8z210006

 こりゃ簡単だーっ

 と言いたいところですが、新聞紙を濡らして詰める
作業がかなり面倒くさいです。ハッキリ言ってやって
らんない感じ。よほどの暇人なら良いかも知れませんが、
あまり現実的では無いと思いました。

 って、試してみるだけにわざわざ機械作るか?、
普通……。

 でもこれ…、木工とかで圧着する時にも使えるな。
用途は限られるけど。

 と思ったら早速役立って、翌日には改名しました。(笑)

|

« トラックシート 展帳編 | トップページ | 簡易プレス機 »

コメント

その無駄さ加減が良いじゃない。
やってみないと分からないし。

詰める箱の上をロート状にしてみるとか詰め方の改良機を考えてみると…。

使わないんならお遊びと言う事で

投稿: こうさく | 2008年12月21日 (日) 13時28分

 こうさくさん、こんばんは~。

 遊びなんだから無駄で良いワケですが、分かりませんよ。
ストーブを作るかも知れないし。(笑)
 
 詰めるのが面倒っぽいとは予想していましたが、
全くその通りでした。まず、一枚ずつ広げるのが面倒だし、
結構な枚数が必要です。シュレッダーを使ってみたい
ところです。

投稿: ファーマー佐藤 | 2008年12月21日 (日) 19時18分

こんばんは~
やってますね!

うーむ、やっぱり鉄人ファーマーさん鉄工ができるというのは強みですねえ♪

新聞紙から薪をつくるなんて、なんともいえない発想ですが、やっぱ面倒ですか。。

冬場は水も冷たいし、作るなら夏だったりして(笑)

私は、明日は休みなので、流木をとりに河に行こうかと思います。晴れるといいんですが。

投稿: 大工協奏曲 | 2008年12月22日 (月) 00時05分

ぬらさずにそのまま詰めといて、最後に水を入れてやるのではだめですか?
その方が簡単な気がするけど?

・・・でも手間は同じか?

投稿: ツネオ | 2008年12月22日 (月) 00時10分

>大工協奏曲さん
 
 ハハハ、笑ってやって下さい。(^^;
乾燥させるためにも、やはり夏が良いと思います。
水遊びみたいなものだし。(笑)

>ツネオさん

 新聞紙って意外に吸水性が良くないんですよ。
やはり水に入れて揉むようにしながら充分に吸わせないと
だめでしょう。  

投稿: ファーマー佐藤 | 2008年12月22日 (月) 08時10分

たらいに新聞と水を入れ、一日そのままにしておくのではだめですか?かなり柔らかくなっているので、やりやすそうですが。

投稿: 松本 | 2008年12月23日 (火) 10時28分

すごい、、
実は僕も例の新聞を薪にするもの買ったんです・・
でも

今は・・(^^;

投稿: NaO | 2008年12月23日 (火) 11時04分

>松本さん

 紙薪が燃えるのは、濡らした新聞紙を丸めて圧縮
しているからと見て間違いないです。
畳んだ新聞紙が燃えにくいのは気層が少ないからですが、
丸めることで適度な気層が出来るので、木のように
燃えるというワケです。そこに着目した点は素晴らしいですね。

 ですが、一枚ずつ広げるのはやはり面倒……。

>NaOさん

 あ゛ー、やはりそうでしたか。
私の場合は、簡易プレス機として使えるので作った甲斐は
ありました。(笑)

投稿: ファーマー佐藤 | 2008年12月23日 (火) 12時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トラックシート 展帳編 | トップページ | 簡易プレス機 »