« インナー修理 | トップページ | 銀杏 »

2009年1月26日 (月)

大雪警報

 昨日は何年ぶりかで大雪警報が出ました。

 私の所では昨日の朝の積雪が30cm程で、妻が
4WDの軽ワゴンでは畑にたどり着けなかったようで
戻って来ました。先月買った4WDトラックの出番です。
パイプハウスの間にある道を通るので、両側からの
落雪があって通行を一層困難にしているのです。

 しかし、さすがにトラックです。軽ワゴンとは違います。
難なく目的の畑へ行き着くことが出来ました。
いや~、買って良かったなー、アトラス君。

Photo

 これ以上積もらない気はしましたが、念のために
パイプハウスの間に溜まった雪を踏むことにしました。
特製スキーを履いて踏むのです。

4z310008

 裏には前進できて後退はしない溝を切ってあるので、
歩行性は抜群です。

520900021

 これを履いてハウスの間を歩き回っていたワケです。
屋根部分に積もった雪を落とすためですが、不用意に
歩くと雪崩れてきた雪にスキーが埋まって身動きが
取れなくなってしまいます。

 私は冬山登山を始めて24年になりますが、雪崩れ
に襲われたことがまだ一度もありません。山スキーで
下降中に雪崩に遭遇して、その上を滑って逃げたことは
一度だけありますが、埋まったことはありません。

「雪崩に遭ったらとにかくもがけ!」

という教えを聞いたことがありますが、確かにその通り
です。雪崩れが止まってからでは全く遅いんです。
雪が動いている内はとにかくジタバタすることが肝心
です。動いていると雪が体にまとわりつかないので、
止まってからの脱出が容易になります。

 ということで、仕事しながら雪崩れに遭った場合の
訓練をしていた感じでした。(笑)

 でも、こうしたイメージトレーニングはとても大事な
ことだと思いますねー。

|

« インナー修理 | トップページ | 銀杏 »

コメント

いや〜、今年は大ゆぎだあんの。
ま〜んず、大変だなや。
(先ほど田舎出身の方と電話してたら何となく訛ってみたくなりました)

投稿: こうさく | 2009年1月26日 (月) 02時41分

 湿った重い雪なので厄介です。豪雪地帯の人達は
本当に大変だと思いますねー。

投稿: ファーマー佐藤 | 2009年1月26日 (月) 12時41分

>これ以上積もらない気はしましたが、念のために
パイプハウスの間に溜まった雪を踏むことにしました。

この記事を見て、さっきBS2で見た韓国の雪を思い出しました。
たいした雪でもないのに、ハウスが5、6棟一度にぐっちゃり!
つぶれたハウスの中の作物も、すっかりやられてしまっていて、悲惨でした。
被害は、そこだけではなくてその地域全部でした。
その地域では珍しい大雪と、あちらの旧正月のお祝いが重なって、対応が遅れたと言うことでしたが・・・

それに比べて庄内の浜中は元気ですねぇ!

投稿: ツネオ | 2009年1月28日 (水) 00時28分

「消雪対策を万全にした年は雪が降らない」

というジンクスがあります。今年は消雪用のチューブを
敷設しなかったんですが、そしたら積もりました。(^^;

 でも、いつでも伸ばせるように配管だけはしっかり
していました。すでに散水している農家も多いんですが、
私はなるべくなら水を掛けたくないので、天気を見極めています。
今回溜まった雪を消すには3~4万円の電気料が掛かる
からです。春になれば融けるものにお金は掛けたくないから、
なるべくなら人力で対処するというワケ。

 韓国での被害もそうですが、日本国内でもこうした
気象災害があると、不謹慎ですが嬉しかったりするのが
農家の本音です。生産物の値段が長きに渡って低迷して
いるからで、市場原理の無情を感じます。

投稿: ファーマー佐藤 | 2009年1月28日 (水) 04時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« インナー修理 | トップページ | 銀杏 »