« ペッタンコ | トップページ | 休憩所 »

2009年2月 4日 (水)

SUPER X2

 数年前からポリカーボネート製のスコップを修理
したいと思っていましたが、使える接着剤がなくて
そのままになっていました。

 それが、使えるのがあったんです。
それは、セメダイン社のSUPER X2。

Img_0231

 全く初めての使用感です。粘度が高くて何日経って
も固くなりません。弾性を残したまま接着するタイプの
ようです。これは意外に良いかも。

 今までは諦めていた物が接着できました。

Img_0233

 山用の携帯スコップと、仕事で使うジョーロの首(?)
です。無理しなければ実用になりそうです。happy01

「超多用途・高機能」

というのは決して大袈裟ではなさそうです。
やっぱり、壊れた物はなるべくなら自分で直して使い
たいので、こういう製品は嬉しいですねえ。

 私が知らなかっただけかも知れませんが、接着剤の
世界も随分と進んでいるようです。

|

« ペッタンコ | トップページ | 休憩所 »

コメント

  おばんです!

  私にも修理しなければならないものが沢山ありますが、この冬期間に溶接機を導入したおかげで随分修繕を図りました。(^^

カーボネート製のスコップなんかは壊れた手押し式噴霧器を解体してステンレス薄板として割れにあてがいリベット止めをして使用していますが、この接着剤も良さそうですね。

  接着剤と云えばなんでも福岡市にある「クラフトハウス」という会社の「GM‐8300」というあらゆる物に使用可能な超強力接着補修剤があるそうです。

  かなり高価なので購入意欲がそがれますが使用感をリポートしてくれませんか?
ファーマー殿………。(^^;

投稿: 面白ダデイ | 2009年2月 4日 (水) 19時11分

 おお!、面白ダディさん、ついに溶接機を導入されましたか!。
それも順調なようで何よりです。happy01

「もっと早く買えば良かった!!」

と思っていることでしょう。

 ご紹介のGM-8300ですが、高いのは無理です。
買えませ~ん。私の場合はどちらかというと、何かを
あてがって修理することが多いので、必要性は特に無いような
気もしますし。

投稿: ファーマー佐藤 | 2009年2月 4日 (水) 20時18分

やはり経済観念に長けているファーマー殿は騙されませんでしたね。(^^

このGM‐8300はいわゆる低温溶接資材のカテゴリーに位置する資材のようですね。

  最近は地下水揚水ポンプの凍結による亀裂破損事故が温暖化のためか減少傾向にあるようですが、万が一災害に遭った場合にこの資材は役に立ちそうです。

  タービンポンプのような鋳物溶接は溶接棒も高価な上に加工技術を必要としますからね。

  私は冬になるとポンプを電気毛布で保温していますからその心配はないですけどね。(^^

結局、酔っ払いの自画自賛でした、スンマセン!。(^^;

投稿: 面白ダデイ | 2009年2月 4日 (水) 21時03分

 おお、電気毛布ですかー。マメですね。(^^
私は凍りそうな日には必ず水抜きをします。

 ちなみに、バルブが割れた場合にはエポキシ樹脂で
補修しますが、バッチグーです。

投稿: ファーマー佐藤 | 2009年2月 4日 (水) 21時12分

エポキシ樹脂は初耳です!

  今年も一個のボールバルブが災害にあったのですが、スラックスとハンダ付けで補修したばかりでした。(^^

投稿: 面白ダデイ | 2009年2月 4日 (水) 21時23分

 エポキシ樹脂だと現場でバルブを外すことなく補修
できるのがメリットです。丈夫ですよ。

投稿: ファーマー佐藤 | 2009年2月 5日 (木) 06時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ペッタンコ | トップページ | 休憩所 »