« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

ミッドナイトラン

 今夜もちょっとした仕事の為に自転車で畑へ行って
きましたが、夜中に走るのって気持ち良いですね。
静かな夜は特にそうで、自動車の通行量も少なくて
とても走りやすいです。

「午前零時スタートで、本当のチャレンジワンデイラン
をやりたいっ

と心底思いました。去年9月には12時間で250Km
走ったから、目指すは24時間で500Km

 などと、野心を燃やしていますが、真夜中に走る事の
快適さに、ついそう思ってしまいます。(笑) 

| | コメント (0)

2009年3月30日 (月)

定額給付金

 定額給付金の申請書がようやく届いたので、早速
手続きをしました。

「フン、そんなモン、生活費に消えるよ」

と言っていましたが、主に高2の息子が使っている茶の
間のノートパソコンが使用不能になってしまいました。 
今は無き高木産業製(パーパス)で、もう10年も前の
代物ですから、給付金で買い換えることにしました。

 いや~、凄~く安くなっていますね。
高木産業機の1/3の値段で性能は約20倍ですよ
性能が良くて値段が安いGateway製のノートにしました
が、初期設定後にソフトをインストールしていると、何だか
ガタツキが……。
 裏を見ると、足が一個付いていませんでした。
もちろん本体交換で、今度はバッチリです。

「速えーっ

と、高木産業機にフマンたらたらだった息子も、驚き喜んで
いました。

 というワケで、我が家が受給する定額給付金は、選挙
権が無い息子に全て注がれました。選挙対策以外の
なにものでもないだけに愉快です。

 って、振り込まれるのは5月だそうですが。

| | コメント (3)

2009年3月29日 (日)

初心者マーク

 初心者マーク(若葉マーク)の車が見られる季節と
なりました。調べてみると、道路交通法第71条の5
第1項には初心者マークについて、

「周囲の運転者はこの標識を掲示した車両を保護する
義務を有する」

とあります。これに違反した運転者には、「初心運転者
等保護義務違反」が適用され、1点の違反点数と、
大型車で7千円、普通車で6千円の反則金が科せられ
ます。高齢運転者用のもみじマークも同じ扱いです。

 しかも、運転免許取得後の一年間は掲示する義務が
ありますが、それ以降についての記載がありません。

 つまり、運転歴数十年でも掲示して良いというワケです。
これは貼っている方が絶対得ですね。車両同士の事故
では過失割合が10%程度減るようだし。

 ということで、我が家では帰省した子供がたまに乗る車
には貼りっぱなしです。(笑)

| | コメント (0)

2009年3月26日 (木)

ニッキ・パロット

 最近のお気に入りCDがこれ。

Img_0264

 ウッドベースを弾きながら歌うのは、オーストラリア出身
の金髪レディ、ニッキ・パロットです。その歌声は、なんとも
私好みです。\(^〇^)/

 ですが、購入の決め手になったのはその歌声や容姿
ではなくて、名ベーシスト、ルーファス・リードに師事した
ということです。

「これは買わなくては!」

 聴いてみると、さすがに野太いベース音はしませんが、
独特の柔らかい音色です。雰囲気もあります。意外に
良く響きます。

 さらに、共演者が良いっ
チョットだけ話したことがあるジョン・ディ・マルティーノを
初めとして、ハリー・アレン、ポール・マイヤーズ、ビリー・
ドラモンドですから、悪い筈がない。これは買いですよ。

 CDだから画はありませんが、ウッドベースを弾きながら
マイクスタンドに向かって歌う姿を想像すると一層楽しい
です。もちろん、手にはロックグラスです。

| | コメント (0)

2009年3月24日 (火)

祝WBC連覇!!

 やりましたねー。\(^〇^)/
近代野球史に残るような素晴らしい内容の決勝戦
でした。韓国は本当に強い
サインの伝達ミスもあったようですが、延長戦で
イチローに対して真っ向勝負したことも、堂々として
いて見事だと思いました。立場が逆だったら日本は
敬遠していたでしょう。

 今回のWBCで一番印象に残ったのは、全く誰も
指摘していませんでしたが、準決勝のアメリカ戦で
君が代が流れた時のイチローの表情です。
少年野球に熱中する子供達のようなあどけない表情
を見た時に、

「あ、イチローの中で何かが変わったな」

と感じました。現役ながら伝説となった感すらある
世界一の野球選手「イチロー」という男を自ら演じて
いるのではない、生身の姿を見ました。

「日本は優勝する!!」

と確信した瞬間です。

 さて、そのイチローが放った決勝打も見事でしたが、
最も凄いと思ったのは、内川のスーパープレイ。
ワンバウンドになった外野フライを神懸かり的にグローブに
収めて瞬時に二塁へ送球しバッターを刺したプレイです。
あんなのは初めて見ました。
 あと、青木の一塁線上へのバントヒット。正に芸術的だと
思いました。岩隈の全く無駄のない投球も本当に見事で
した。杉内も凄いっ

 皆バカみたいにはしゃいでいたシャンパンファイトも
終わった後に、青木と岩隈と内川がインタビューに答え
ていましたが、内川があのスーパープレイについて聞か
れて、

「今日はオレの日だな、と思いました」

と答えたのには爆笑!。好きだなー、こういう男。
打撃も本当に見事でした。

 いや~、いいものを見せて貰いました。\(^〇^)/

| | コメント (3)

2009年3月21日 (土)

栗原健太、緊急招集

 WBCの二次リーグ最終戦で故障した村田選手に
代わって緊急招集されたのが、広島カープの栗原選手。

 ヤッター
我が山形県出身ですからねー。(天童市出身)
最終候補から外れて残念でしたが、こんなこともあるん
ですね。本人もビックリだったようですが、かなり嬉しい
でしょう。大暴れして欲しいものです。

 幸いなことに、日本は昨日の韓国戦に勝ったので、
ロスに着いてから丸一日あります。時差が17時間もある
だけに、なんとか上手く調整して欲しいものです。

 それにしても、栗原選手ですが、野武士をイメージ
させるようなワイルドな風貌が良いですね。
原監督も好みのタイプだそうで、期待値大です。
昨期の怪我の状態から判断した結果が、WBCの代表
落選となったようですが、オープン戦では結果を出して
いるので、やってくれるでしょう。是非とも、ドジャースタ
ジアムのスタンドに豪快な一発をぶち込んで欲しいです。

「栗原、ぶちかませ~っ」 

 明後日の試合では、テレビを見ながら仕事出来るように
準備万端整えています。(笑)

| | コメント (0)

2009年3月20日 (金)

納棺師

 映画「おくりびと」観ていて違和感を覚えた事があり
ました。庄内弁がヘンだとかではありません。
「納棺師」が忌み嫌われる職業として扱われていた
ことに対してです。

 我が家で葬式を執り行ったのが3年前。納棺師の
指示の下で故人に足袋を履かせたりしたので、その
仕事振りはつぶさに見ました。そういう仕事をする人が
いることに対して元々違和感が無くて、

「そういう人も必要だよな」

 と思っていたくらいですから、その仕事ぶりを見てから
「納棺師」という職業を見直すこともありませんでした。

 逆に、

「高い料金(¥29,400!)取るんだから、もっと上手く
化粧しろよな」

と思ったほどです。皮膚が冷たくて化粧品の伸びが悪い
のだったら、それに応じた物を使うべきです。企業努力が
足りないと思いました。(個人なのかな?)
映画の中では、本当に生きているように見えるほど
上手な化粧だったんですけどね。(笑)

 それにしても、「おくりびと」の影響で、納棺師志願者
が急増するという珍現象が起きているそうです。

「月給50万」

が効いたんでしょうか。(笑)

| | コメント (4)

2009年3月17日 (火)

「おくりびと」

 DVDで「おくりびと」を観ました。

Img_0254

 ウン、これは稀に見る良い映画ですね。
鳥海山の美しい風景を背景にしながら、「人の死」と
いうものも、そうした自然の一部なんだと表現している
ように感じました。その印象は私の価値観そのものでも
あります。

 更に、音楽も含めて、音の使い方が巧みなことに感心
しました。大したモンだ

 笑いあり、涙ありの傑作です。


 さて、このDVDですが、日本映画としては珍しく画質
も結構良いです。大ヒット作を劇場で観る場合、普段は
映画を全く観ない観客が多くなるのでマナー最悪で嫌な
思いをすることになりがちですが、DVDなら心底堪能
できます。二人以上が観れば、映画館へ行くよりも安上
がりだしね。

 とにかくオススメです。二度三度と観たいと思った作品
は久しぶりです。

 しか~し、外箱なんか不要ですよね。棺桶のつもりなの
かも知れませんが、パッケージは簡素にして中身で勝負
して欲しいものです。つまりは、もっと安くして欲しいという
ことですが。

| | コメント (2)

2009年3月16日 (月)

新鮮椎茸

 ムチムチプリプリの椎茸を貰いました。

Img_0252

 採ったばかりの超新鮮な椎茸です。
肉厚で旨そうだナー。

 こういうのはシンプルに食べるのが一番です。
網焼きにしようと思ったものの、網が見あたらなかった
のでバター焼にしました。味付けは塩胡椒です。

Img_0251

 ウン、これは旨いなあ。幸せを感じます。

| | コメント (2)

2009年3月15日 (日)

モンテディオ山形 名古屋に善戦

 J1で昨年3位の名古屋グランパスをホームに迎えて
の第二戦。0:0の引き分けで勝ち点1を獲得しました。
今日の山形新聞も大きく取り上げていました。

 ウン、大したものです。降りしきる雪が有利に働いたの
かも知れませんが、相手の特徴、戦術を見極めていた
ような印象を持ちました。雪が激しく降ったことで、

「山形らしくて面白かった」

という、サポーターの声が微笑ましかったです。 

 名古屋の玉田選手は、

「こんな雪でやったのは初めて。目が見えなかった」

と苦笑いしたそうな。(笑)

 初戦で大勝したことで県内のモンテ熱が一気に
ヒートアップして、寄付金もどんどん集まっているよう
です。良い傾向ですね。

 ますます目が離せなくなってきました。

| | コメント (0)

2009年3月14日 (土)

景気対策

 政府は躍起になって「景気対策」をやっていますが、
「選挙対策」にしか見えませんねえ…。

「どうせ自民党は負けるんだから、さっさと解散して
しまえ

 と思っていましたが、待てよ……。

 保守王国山形での県知事選で、二期目を目指した
自民系の現職が女性候補に敗れた結果を見ても明らか
なように、自民党への信頼は地に落ちました。

 農家も心底頭に来ているので、

「去年と今年の転作達成者には、水稲作付け面積
10aあたり¥3,000を支給します!」

と言われても、

「フン、3万円ならまだしも、たった3千円?。
 バカにしてんじゃねーぞ

と誰も評価しません。

 すると、農民票の取り込みに危機感を持ったらしく、
21年度は1万円以上を支給しようと言う話が出てきま
した。財源は知りませんが、打ち出の小槌のように次々
と出てきます。解散が先送りになれば、もっと色々出て
来るかも知れませんね。(笑)

 それにしても、麻生さん。
やっと座れた総理大臣の椅子ですから、なんとしても
しがみついていたいみたいですね。
 
 昔、麻生家ではきっと、

「太郎ちゃんは大きくなったら総理大臣になるんだもんね。」

「ウン!、ボク総理大臣になる!!」

 という会話があったんだろうなー、と勝手に想像していま
す。ヤレヤレ……。

| | コメント (4)

2009年3月13日 (金)

決算完了!

 事務仕事は嫌いですが、これだけはやらないと
いけません。そう、確定申告です。

 データ入力は年明け早々に済ませていましたが、
決算が延び延びになっていました。

「エイヤアッ

と気合いを入れないとやる気になりません。

 まあ、向かえば大したことはないんですけどね。
2時間半で決算から確定申告書(二人分)の印刷まで
完了しました。ワーキングプアとはいえ、実に晴れやか
な気分です。今日は奮発して発泡酒で乾杯です。(笑)

| | コメント (2)

2009年3月12日 (木)

オーディオチェックCD

 AUDIO BASIC vol.50に付いていたオーディオ
チェックCDには、定位確認用や各種音源等々、様々
収録されていましたが、パイプオルガンの最低音域まで
の一オクターブも収録されていました。これは使えます。
B&Wのサブウーファー用15インチウーファーを使って
いるので余裕で再生されますが、部屋のあちこちが
ビビるんです。

 つまり、部屋のサウンドチェック用に最適というワケ
です。(笑)

 いや、笑い事ではありません。マジに対策を講じないと
いけません。

 というか、以前にもビビリ対策はしていて、天井に4Kg
ものペットボトルを於いたり、天袋の戸に木片を挟んだり
しています。重低音のパワーは凄まじいので大変です。

| | コメント (0)

2009年3月11日 (水)

三種の神器

 寒の戻りです。

93110014

 先月からスイカとメロンの育苗が始まっていますが、
3月は天気の変化が激しいので育苗ハウス中の温度
管理には気を遣います。ちょっと日が差しただけで温度が
急上昇するからです。今日のように吹雪模様になったりも
します。

 そこで活躍するのがこれら。

93050008

93050009

93050010

 シャッター付き換気扇と、制御用のサーモスタット、
対面には負圧シャッター付きの吸気口です。

 さらに、低温時には、花のハウスから移設した100坪
用の暖房機が自動運転します。

93050011

 もちろん、育苗床には電熱線を敷設していますが、
育苗担当だった母が3年前急逝した時に急遽導入した
これらの機器のおけがで、育苗が随分と楽になりました。
「三種の神器」って感じです。

| | コメント (0)

2009年3月10日 (火)

スルメ煮

 夜更けにちょっとした仕事で出向いた畑の休憩所で、
缶詰のイカを肴に一杯やりましたが、汁が残ったので
水を足してスルメを煮込みました。

93100013

 ウーン、こういうのってシンプルで旨いなー。
古き良き時代の庶民の味って感じです。

 こうやっているうちに、子供の頃の記憶が甦りました。
用水路で釣ったフナをその場で空き缶で煮て食べたん
ですが、それがとっても美味しかった…。
40年も前の話ですが、鮮明に覚えています。

 さてと…、煮汁が残っているので、スルメをまた買って
こなくっちゃ。(笑)

| | コメント (2)

2009年3月 9日 (月)

丸刈り中学校

 奄美地方の中学校では、男子生徒の頭髪は校則で
丸刈りと決まっているというニュースに唖然としました。
まだそんな学校があるのか

http://www.mbc.co.jp/newsfile/news-v/00142504_20090306.shtml

 私の母校も兄の時代までは全員丸刈りでしたが、
生徒会が猛烈に反対して校則撤廃を学校側に求め、
ついには勝利しました。民主主義を実感する画期的な
出来事でした。私が小学6年の時に、中学校の生徒
総会を見学するという機会があったので、その激論の
様子は記憶に焼き付いています。36年前の話です。

 今回のニュースでは、

「丸刈り強制は人権侵害だ!」

ということで問題になっているようですが、丸刈りを拒否
している生徒もいました。頑張れ中学生

| | コメント (4)

ドライビング・ポジション

 言うまでもなくドライビング・ポジションは大事なワケ
ですが、レーシングマシンとなれば尚更です。

Img_0249

 って、カーレーシング・シミュレーターの「GTR2」での
話ですが、ハンドルの角度が低くて非常に運転しづらい
状態でした。SideWinder Force Feedback Wheel には
角度調整機能が無いんですね。

 そこで、ハンドルを上向きにするために米ヒバで角度
修正材を作りました。

Img_0250

 ヒバの香りがする運転席なんて、まず滅多に無い
ことでしょう。(笑)

 ポジションとしてはバッチグーです。
最初は厚めに作って、試運転してから削り直して角度を
少し浅くしました。

 いや~、簡単なんだからもっと早く作れば良かった
です。

| | コメント (0)

2009年3月 8日 (日)

川口 顔面蒼白!

 今日の山形県はモンテディオ山形劇的初勝利の
話題一色でしょう。山形新聞でもデカデカと取り上げ
ていました。

 その中の小見出しに思わずニンマリ。

「磐田の川口、顔面蒼白」

 あの名キーパー川口から6点も取ったんですからね。
きっと彼のサッカー人生に置いて、最も屈辱的な日と
なったことでしょう。アウェイの空に「スポーツ県民歌」
が高らかに響き渡ったかと思うと胸が熱くなります。
新聞を読みながら心の中で一緒に歌っていました。
私はサッカー好きでもモンテファンでもありませんが、
郷土愛はたっぷりありますからね。

 昨夜のスポーツニュースでゴールシーンを全部観ま
したが、立派なもんでした。まぐれではありません。
この勝利で、一気にモンテ熱がヒートアップすることで
しょう。\(^〇^)/

 その一方で、ジュビロファンは超ガッカリでしようね。

 それにしても、今年は「天地人」に始まって、東北初の
女性知事誕生。撮影地だった映画「おくりびと」が米アカ
デミー賞を受賞して、お次はモンテディオの劇的勝利です
よ。山形に風が吹いている感じですねー。

| | コメント (0)

2009年3月 7日 (土)

モンテディオ山形 初戦勝利!

 やりましたー
今期初めてJ1に昇格したモンテディオ山形がジュビロ
磐田との初戦を6:2で快勝しました。\(^〇^)/
今日現在、得失点差でJ1首位

 いや~、ギリギリセーフでJ1残留の相手とはいえ、
日本代表選手が二人もいるチームです。初戦の勝利
の意味は大きいでしょう。山形からバスを連ねて応援
に行ったサポーターも大満足ですね。
ご苦労様でした~。

 それにしても、東北、北海道地区では唯一のJ1所属
チームが山形というのは凄いことだと思います。
なんたって雪国の超貧乏チームですからね。
この調子で頑張って欲しいものです。

| | コメント (2)

2009年3月 5日 (木)

池田昭二/忘れがたい山

 私が所属していた、今は無き酒田勤労者山岳会の
会長だった池田昭二先生から、著書を頂きました。
無明舎刊「忘れがたい山」です。

Img_0248

 息子を迎えに行く前の10分間に、パッと開いたページ
を読んでみたら大爆笑でした。今まで数多くの山の本を
読んできましたが、

「こんな面白い本は無いっ

と思ったほどです。\(^〇^)/

 ということで、帰宅後に最初から一気に読み通しました。
11篇からなるエッセイ集になっていますが、最後の章は
実戦的な雪洞掘りのマニュアルと言えます。それ以外は、
昭和30年代の類い希な記録となっています。

 特に、「鉾立東面壁初下降」と「飢餓山行」とかでは、
予備知識があったことも手伝って大爆笑でした。
かなりシリアスな描写もあることから、メリハリがあって
なかなか良い内容だと思いました。

 なんと言っても、温暖化が甚だしい上に気象情報が
豊富で装備も万全の現代とは全く比較にならない時代
の話です。当時の厳しい冬山を想像出来るだけに、多少
のホラが入っていたとしても,、素直に、

「凄いなー

と感心してしまいます。温泉巡りの新婚旅行をキャンセル
して晩秋の鳥海山へ新婚登山した挙げ句に、遭難しかけ
て危うく奥さんを死なせるところだったという話には絶句…。
今度会ったら、詳しく聞いてみたいと思います。(~~

 山好きなら、ぜひ読んでみて下さいね。無明舎のHP
から、送料、振り込み代無料で注文できるので。

| | コメント (4)

2009年3月 4日 (水)

年金記録

 昨年届いた年金特別便ですが、若い頃に会社勤め
していた3年間が抜けていました。

「聞きに行かなきゃなー」

と思いつつ半年過ぎていましたが、新たな通知が来ま
した。

「ねんきん特別便」でお送りした記録の他に、あなた様の
ものである可能性が高い記録が見つかりました。

という内容です。

 あ゛ー、やっぱりなー。
厚生年金に加入した期間が抜けていたんです。

 こんなずさんな管理をした社会保険庁に対して、憤り
を覚えます。

「責任者を出せ

と言いたいです。頭に来るなー。

 そもそも、年金の納付状況が不明なのが問題だと
思います。私も加入している小規模企業共済では、
年に何度か共済金の納付記録が送られてきますが、
これは当然のことと思います。独立行政法人で、モロ
に国の機関ですからね。

 社会保険庁の怠慢はもっと糾弾されるべきだし、
職員のボーナスカットも当たり前と思いますが、それは
ナシで、結局のことろ責任の所在もうやむやになった
ような印象があります。保険料の徴収状況が酷いのも
変わらないワケで、減俸ものだと思いますがね。

 それに、

「年金って、いったいいくら貰えるのよ?」

という誰もが抱くであろう疑問にすら答えていません。

 一から十まで、システムに問題があると言わざるを
得ません。

| | コメント (0)

2009年3月 3日 (火)

テントで寝る位置

 「山と渓谷」3月号に遭難特集が載っていました。
その中で興味深かったのが、テントで就寝中に
雪崩に襲われて亡くなった人の寝ていた位置です。

 二例とも真ん中の人が助かって、テントサイドに寝て
いた人が亡くなっていたのです。テント地が顔を圧迫して
窒息したとみられるそうです。

 ウーム……。テントサイドは結露が凍ってパラパラと
顔に落ちてくるし寒いので、メンバーの上下関係で下の
者が寝るのが通り相場。ということは、若い者が犠牲に
なる公算が大きいと言うことです。

 その記事では、寝る時はヘッドランプとナイフをすぐに
取り出せるように、と結んでいました。
雪崩は起きないとされていた場所でも起きたという現実
がある以上、心にとめておきたいと思いました。

| | コメント (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »