« 栗原健太、緊急招集 | トップページ | ニッキ・パロット »

2009年3月24日 (火)

祝WBC連覇!!

 やりましたねー。\(^〇^)/
近代野球史に残るような素晴らしい内容の決勝戦
でした。韓国は本当に強い
サインの伝達ミスもあったようですが、延長戦で
イチローに対して真っ向勝負したことも、堂々として
いて見事だと思いました。立場が逆だったら日本は
敬遠していたでしょう。

 今回のWBCで一番印象に残ったのは、全く誰も
指摘していませんでしたが、準決勝のアメリカ戦で
君が代が流れた時のイチローの表情です。
少年野球に熱中する子供達のようなあどけない表情
を見た時に、

「あ、イチローの中で何かが変わったな」

と感じました。現役ながら伝説となった感すらある
世界一の野球選手「イチロー」という男を自ら演じて
いるのではない、生身の姿を見ました。

「日本は優勝する!!」

と確信した瞬間です。

 さて、そのイチローが放った決勝打も見事でしたが、
最も凄いと思ったのは、内川のスーパープレイ。
ワンバウンドになった外野フライを神懸かり的にグローブに
収めて瞬時に二塁へ送球しバッターを刺したプレイです。
あんなのは初めて見ました。
 あと、青木の一塁線上へのバントヒット。正に芸術的だと
思いました。岩隈の全く無駄のない投球も本当に見事で
した。杉内も凄いっ

 皆バカみたいにはしゃいでいたシャンパンファイトも
終わった後に、青木と岩隈と内川がインタビューに答え
ていましたが、内川があのスーパープレイについて聞か
れて、

「今日はオレの日だな、と思いました」

と答えたのには爆笑!。好きだなー、こういう男。
打撃も本当に見事でした。

 いや~、いいものを見せて貰いました。\(^〇^)/

|

« 栗原健太、緊急招集 | トップページ | ニッキ・パロット »

コメント

  やった!、やった!。

  侍ジャパンの緻密なプレーを堪能させていただきましたね。

  私もレフト内川のファインプレーを見た時は今日のベストプレーだな…ウンと思いました。

 ノーバウンドでスライディングキャッチするよりカッコ良かった~!。

 その昔、読売ジャイアンツでプレーしていた高田選手を彷彿させる芸術技でしたね。(^^

投稿: 面白ダディ | 2009年3月25日 (水) 19時01分

日本、やりたましたね~。
たまたま始めから見た試合が負け、終盤に見た試合が勝ったので以後見ない事を応援としていました。以後4連勝で優勝です。バンザイ!見ない念力が届いたようです。f^_^; しかし最後の2試合は特別番組もその後のニュースを何度も午前様で見ていました。f^_^;
気分がいいですね~。
元高校球児で日曜日しかや休みが無い頃早朝野球を含め週に4日試合をしたことがある野球バカなので見ないのは大変でした。f^_^;

投稿: ミミの父 | 2009年3月25日 (水) 22時12分

>面白ダディさん

 「両チームとも先発が抜群だから、前半は
動かんだろ」

と午前中は頑張って仕事して、お昼から最後まで
テレビにかじりついていました。14インチの
小型だったので。(笑)

 内川のプレーについて、解説の誰かが言ってましたね。

「内川は元々内野手だから出来たけど、外野手では
あのプレーは出来ない」

と。ホント見事でした。

 高田か~、V9時代ですね。懐かしいなー。


>ミミの父さん

 おお、面白ダディさんと同じく野球少年でしたか。
見ないのは拷問のようだったのではないでしょうか。
そういう篤い思いが念力となって侍ジャパンを
後押ししたのかも知れませんね。(^^

投稿: ファーマー佐藤 | 2009年3月25日 (水) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栗原健太、緊急招集 | トップページ | ニッキ・パロット »