« 年金記録 | トップページ | モンテディオ山形 初戦勝利! »

2009年3月 5日 (木)

池田昭二/忘れがたい山

 私が所属していた、今は無き酒田勤労者山岳会の
会長だった池田昭二先生から、著書を頂きました。
無明舎刊「忘れがたい山」です。

Img_0248

 息子を迎えに行く前の10分間に、パッと開いたページ
を読んでみたら大爆笑でした。今まで数多くの山の本を
読んできましたが、

「こんな面白い本は無いっsign03

と思ったほどです。\(^〇^)/

 ということで、帰宅後に最初から一気に読み通しました。
11篇からなるエッセイ集になっていますが、最後の章は
実戦的な雪洞掘りのマニュアルと言えます。それ以外は、
昭和30年代の類い希な記録となっています。

 特に、「鉾立東面壁初下降」と「飢餓山行」とかでは、
予備知識があったことも手伝って大爆笑でした。
かなりシリアスな描写もあることから、メリハリがあって
なかなか良い内容だと思いました。

 なんと言っても、温暖化が甚だしい上に気象情報が
豊富で装備も万全の現代とは全く比較にならない時代
の話です。当時の厳しい冬山を想像出来るだけに、多少
のホラが入っていたとしても,、素直に、

「凄いなーsign01

と感心してしまいます。温泉巡りの新婚旅行をキャンセル
して晩秋の鳥海山へ新婚登山した挙げ句に、遭難しかけ
て危うく奥さんを死なせるところだったという話には絶句…。
今度会ったら、詳しく聞いてみたいと思います。(~~

 山好きなら、ぜひ読んでみて下さいね。無明舎のHP
から、送料、振り込み代無料で注文できるので。happy01

|

« 年金記録 | トップページ | モンテディオ山形 初戦勝利! »

コメント

遅レスごめんなさい。
先日初めて弁慶山に行って来ました。
その前に池田先生の本をパラパラと見ていたら、あの伝説の記録が載っていました。
現地で実際に見る岩壁は、想像を絶する高度感で足がすくみました。
ファーマーさんに先生の本をご紹介していただき、予備知識のある山行が出来、感謝しております。
すごく楽しい山でした。
でも、軟弱者はもう行けないかな~ f(^^;)

投稿: lison | 2009年3月10日 (火) 22時20分

 おー、弁慶ですか。happy01
私も気にはなっていて地図を眺めてはいましたが、
まだ行ったことがありません。近くて遠い山って感じです。

 しかしまあ、とんでもない先生です。。
今だったら大問題でしょう。全国ニュース級です。(笑)

投稿: ファーマー佐藤 | 2009年3月11日 (水) 00時21分

ファーマー佐藤さんて誰かな? ファーマーしている方は一杯いっさげ・・・。
図々しいとは思いつつも、以下、本の補足、ご勘弁を! 
鳥海山中央火口壁一周の酒北山岳部メンバーは、
アタック隊:池田昭二(顧問)、菅原敏一、雨森由
      貴夫、阿蘇慎一、高橋・・(名前、思
      い出せません)
      池昭の助っ人・高橋毅(酒工OB)
      の6名
サポート隊(数度に亘る偵察や荷揚げも含めて):
     田中博、小松、阿部、菅原、など6名
こんな形(池昭の出版)で、また、火口壁一周が思い出されるとは。 嬉しかったり、懐かしかったり! 当時の16~18歳の少年達にも名前の記憶を、と願って投稿させて頂きました。
でも、もう42年が経ち、小生の脳細胞も日々死滅する日々。 全員の名前が出てこない!「申し訳ねの~」。 池昭、有難う!
★ついでに、1966年4月3~6日の4日間で、
 個人山行として、酒北山岳部の雨森由貴夫、菅原
 敏一、向博の3名が出羽丘陵縦走を弁慶山を越え
 て清川に出るルートで成功しています。

投稿: アメ | 2009年5月13日 (水) 16時20分

 アメさん、初めまして。残念ながら接点はないと思います。
山形県境縦走の記念誌をお持ちでしたら、後半の多くに
参加している佐藤です。
 
 本書は「酒田労山の思い出」からの抜粋となっているだけに、
第二弾があるかも知れませんね。そういう要望もあるそう
ですから。

投稿: ファーマー佐藤 | 2009年5月13日 (水) 21時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 年金記録 | トップページ | モンテディオ山形 初戦勝利! »