« フロントフォークのリジッド化 | トップページ | 気分転換 »

2009年5月 7日 (木)

ショート

「あれっ?、ライトが点かないゾ」

 仕方ないので、昨夜は無灯火で帰宅しました。
フロントフォークを引き抜いた時にどこか外れてしまった
のかな?、と思って調べてもちゃんと繋がっています。
電球も切れていません。どこか断線したのでしょうか。
電気関係は苦手ですが、しっかりと直さないといけま
せん。catface

 テスターでじっくりと調べてみました。

Img_0327

 まずは、ハブダイナモとライトを繋ぐコードからですが、
何故か片方が漏電しています。

「へっ?、どういうこと??」

 カプラーの中を覗いてみました。

Img_0326

 よ~く見ると、撚り線の中の一本が切れて隣に伸びて
いました。あー、これだな。flair

 フロントフォークをリジッド化する際にカプラーを外しては
いなかったので、MTBをひっくり返した時にでも伸びて
しまったんでしょうか。不思議なこともあるものですが、
とにかくその細い電線を元に戻しました。

 バッチリ直りました。happy01
ハブダイナモは負荷をほとんど感じないので、ライトを毎日
使う人には最適です。通勤通学用の自転車には普通に
使われていますよね。

 ですが、私が調べた限りではMTBで標準装備している
のはセンチュリオンのBACKFIRE 50 EQ TOPだけでした。
ホントに便利です。good

  

|

« フロントフォークのリジッド化 | トップページ | 気分転換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フロントフォークのリジッド化 | トップページ | 気分転換 »