« パワーアンプ | トップページ | マイタワシ »

2009年7月 3日 (金)

ウエットスーツの想い出

 4日前に、超久しぶりに使った後に水洗いして洗濯物
乾し場に下げておいたウエットスーツですが、婆ちゃん
が気を利かせて居間に取り込んでおいてくれました。
ウエットスーツって結構重いし、丈が長いので腰の曲が
った婆ちゃんには扱いにくかったと思いますが、さすがに
並の婆様ではありません。

Img_0465

「盗まれっど悪いがらの~」

と心配してのことだったようです。
ウエットスーツってオーダーメイドで他の人には合わな
いことが多いから、その心配は殆ど無いんだけどね~。

 でもまあ、気持ちはありがたいです。

 で、改めて良く見ると、痛みが殆ど無くて色落ちも
ありません。よ~く思い起こしてみると、それもその
ハズ。このスーツは、ほんの数回しか着なかったの
です。

 約25年前にスクーバ・ダイビングを始めてから暫くは、
安物の吊るし物スーツを着ていました。レギュレーター
やスタビも買って、それなりの装備を整えていましたが、
どうも面白くない。慣れてしまうと、エアータンクを背負って
潜るスクーバ・ダイビングって、楽すぎて面白くなくなったの
です。子供の頃からやっていた素潜りの方が、苦しいけれ
ども楽しいと思いました。

 そこで、機材を売りに出しました。やること早いです。(笑)

 と、その時に、海に落ちて行方不明になった釣り人の
捜索活動に加わることになったのです。波が高くて普通
なら絶対に船を出さないような時に船から潜りました。
視界ゼロです。辛うじて見えた夜光塗料付き方位コンパス
の針を頼りに、底濁りが酷い水深10mの海底を捜索しま
した。文字通りの手探りです。大波が来るたびに体が大きく
煽られました。ダイバーが潜るなんて非常識な状況です。

 でも、ゾクゾクしたんです。死亡確定の釣り人には気の毒
でしたが、たまらなく気持ちよかったんです。きっと、アドレナ
リンが出まくりだったのでしょう。

 それをきっけけにして、ダイビングショップに雇われることに
なりました。潜水士の免許も取得して、海中でのガイドもやる
ことになりましたが、スーツがあまりにもダサイ。

 そこで、オーナーの指示で作ったのがこのスーツというワケ
です。何度かは着たものの、まもなくダイビングショップは
閉店して、海洋工事の仕事に転向することになりました。
そのために6.5mmのプロ用O式ドライスーツを作ったこと
から、ウエット・スーツを着ることは全くなくなってしまったと
いうワケです。

 第一、脱着が楽なドライスーツを着慣れると、ウエットスーツ
なんてメンドクセーって感じだし、今となってはドライすらも面倒。
裸が一番です。(笑)

|

« パワーアンプ | トップページ | マイタワシ »

コメント

こんにちは!
ファーマーさんのウェットスーツには物語りがあるんですね、しかもかなりハードだ。

私のウェットは3,4年でかなり劣化してしまいました。安物だったしね。

ときどき、ウェットスーツを着て海でカヌーしたくなります。カヌーといってもウィンドサーフィンのボードみたいなボードの上に体育座りしてパドルをつかって波乗りするんですが、海はいいですね。
潮水に浸かって波に揺られていると、ゆったりした気分になれますね。

投稿: 大工協奏曲 | 2009年7月 3日 (金) 23時09分

 大工協奏曲さん、おはようございます。

 へー、そんなカヌーがあるんですか。
遊んでみたいですねー。(^^

 波に揺られるといえば、ドライスーツで
プカプカ仰向けに浮いているのが好きでした。

投稿: ファーマー佐藤 | 2009年7月 4日 (土) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パワーアンプ | トップページ | マイタワシ »