« アレイ エアースパンシステムサドル | トップページ | バイク・アラーム »

2009年10月25日 (日)

コンパクト・ドライブ

 今回購入したBOMAのロードレーサーに搭載されて
いるフロント・ギアは50×34Tのコンパクトタイプです。

Img_0965

 下り坂での最高速チャレンジに不利なのは分かって
いましたが、インナー39Tで鳥海ブルーラインを登るのは
今の脚力では無理だろsign01という冷静な読みがありました。

 で、昨日の90Km試走で、それは実証されました。
10%の上り坂をローギアで登っていたんですから。
39Tではやっぱり無理っぽかったです。

 当然ですが、下りは不利になります。
最高速チャレンジでは重さが有利に働くMTBに負けました。
昨日は時速70Kmすら出なかったのですが、ギア比では
48×11Tより劣るし、足も高速回転しなかったしねえ…。coldsweats01

 これがもし53×11Tだったら時速80Km以上は出たハズsign02

 でも、39Tじゃ登れませ~ん。crying
まあ、乗用車をブッちぎりだったので、気分は良かったですが。

 ということで、クランクギアを3枚にしないで2枚でという
ことになると、コンパクトドライブが大正解ですね。
このトシになると特に…。coldsweats01

|

« アレイ エアースパンシステムサドル | トップページ | バイク・アラーム »

コメント

こんばんは!。

  「万年青年」トレードマークのファーマー殿からトシの話題が出るとはねぇ。

  最近、重労働をすると頓に神経痛と思しき症状を足腰に認識している「歳相応」を座右の銘とする私にとって、悲しきかな頷けるものがありますってか~っ!。(^^;

  

投稿: 面白ダディ | 2009年10月25日 (日) 20時32分

 面白ダディさん、こんばんは~。

 私も山登りだったら、そんじょそこらの若者には負けない
自信がありますが、自転車のクランクを超高速回転させる
ような動きはダメですね。やってみれば分かると思いますが、
あの動きには年の差が現れると思います。

 ちなにみ、私には「歳相応」という概念は全く無いです。
あったとしたら、チャリで一日に400Km走ろう!なんて
考えませんよ。wink

投稿: ファーマー佐藤 | 2009年10月25日 (日) 20時58分

こんばんは。

以前、後輪を代える時11にしようとしたら自転車屋さんに反対されました。 なぜなら11位のギヤになるとまずレース仕様でないと使わないと言うことと、ちょっとしたことで外れやすくなるからだそうです。スピード第一のプロレーサーだったらちょっと外れやすくなるくらいのリスクよりも順位の方が大事でしょうが、後ろ8段の普通の自転車乗りでしたら使わないだろうとのこと。
因みにその当時はケイデンス重視がそんなに叫ばれていなかったので筋力が有れば思いギヤ比でもOKの風潮があってそれでしたから。
53x12(確か)で乗ってますが10数年前のバリバリ乗ってた頃は一番思いギヤ比で漕いでましたが、今では滅多に(平地のちょい追い風で最低でも30m以上は見通せる所でないと)使いません。

それにしても斜度10%を12で登りきれるってどういう足? パワーと持久力両方有るって良い物です。 羨ましいcoldsweats01

投稿: こうさく | 2009年10月25日 (日) 23時03分

 こうさくさん、こんばんは~。

 間違えました。カセット10枚の最低ギアです。(^^;
12で登れたら有名ヒルクライムレースで優勝出来るかも!?。
(本文も修正しました)

 53×12だったら80キロいきそうですね。いいなあー。(笑)

 そういえば、私も高校時代はいつもトップギアで
走っていました。あの頃の脚力があればコンパクトドライブ
じゃなくても良いですけどね。(^^;;

 それにしても、ケイデンスってのは目から鱗ですね。
一日中でも漕いでいられるんですから、初めて試した時は衝撃的でした。

投稿: ファーマー佐藤 | 2009年10月26日 (月) 00時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アレイ エアースパンシステムサドル | トップページ | バイク・アラーム »