« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

モンテディオ山形J1残留!

 地元の山形新聞には、昨日今日とモンテディオ山形の
J1残留関連記事が大きく載っています。シーズン前には、

「最下位間違いなし

という既定路線のような下馬評が専らでしたから、関係者の
興奮振りが伝わってくるようです。私も大変嬉しいです。

 なんせ、運営費がダントツ最下位の10億円ということで、
「運営費=成績」と言われるJ1で残留を決めたということは
奇跡に近いことのようです。上位チームは軒並み40億円
以上ということで、浦和は70億だとか。凄いですねー。

 しかし、この奇跡、全国ニュースでは全く取り上げられま
せ~ん。

 それにしても、小林監督の手腕は大したものです。
続投の要請をするそうですが、ぜひ続けて貰いたいです。
小林監督は長崎出身だそうですが、実に山形県人っぽい
ので高感度大です。それも百姓のダダ(オヤジ)と言っても
誰も不思議に思わない程なのです。

 いっそのこと、試合中は背広なんかやめて、野良着を着て
大根を持って指揮したらバッチリ似合うと思うしマスコミが
取り上げると思うんだけどなー。人気が出て観客動員数も
大幅アップ。テレビ中継もされてりして。

 なんてことになれば面白いんですが。(笑)

| | コメント (0)

2009年11月29日 (日)

ドラム缶ストーブ その2

 ドラム缶風呂と全く同じ作りでは芸がない、というか
作っていて楽しくないので、少し工夫することにしました。

 まずは、天板に穴を開けました。大鍋でお湯を沸かす
には直火の方が効率が良いからです。

Img_1090

 ジグソーに自作のオフセット・ガイドをセットして正円に
切り出します。落ち込まないようにクランプで固定して
います。

 カット終了。煙突穴も開けました。

Img_1091

 次ぎに、全体的にサンディングしてから高さ可変式の
脚を取り付けました。

Img_1093

 拡大すると…、

Img_1095

 錆びが深いことから、かなり前の角パイプを使ったことが
分かりますね。

 さて、塗装前にもう一工夫必要ですが、工房二階の材料
保管所で丁度良い鋼材を見つけました。とにかく、お金を
掛けない為に在り合わせの材料だけを使っているので嬉し
いです。

 すでに完成しているパーツもあります。

Img_1094

 空気穴付きの扉と灰取りです。灰取りは、鉄板焼用に
昔作った大型ヘラを改造しました。鉄板のコビ取りにも
使うつもりです。

 明日には完成するかなー?。

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2009/12/post-8aa3.html

へつづく…

| | コメント (3)

2009年11月28日 (土)

アネロビック・ダンシング

 「サイクルスポーツ」11月号の54~55ページに、

[上級編]アネロビック・ダンシングを効果的に活用する!

という記事が載っていました。より高出力なダンシング
方法ということですが、読めば読むほど、

「これってこの間、鳥海山を登る時にやっていたことじゃん」

と思いました。私にはダンシングに関する知識や経験は
ありませんでしたが、インナー・ギアを封印したことで強力
なパワーが必要になったことから、必然的にやっていたと
いう事です。

 具体的には、重いギアでペダルを踏み込んだ時に発生
する反作用の大きな力を、下ハンを持った両手と上体で
ガッチリ押さえ込むと同時に、

「クリートが外れたら転ぶなー」

と思った程に力強い引き脚を使っていたのです。

 「必要は発明の母」ではありませんが、何ら予備知識も
無いままにアネロビック・ダンシングをやっていたということ
です。確かにあれは効率が良かったです。爆発的なパワー
が発揮できると言っても良いくらい。おかげで、

「登りって楽しいなー

と思った程に調子よく登ることが出来ました。

 記事では、

「トレーニングを積んだ選手だからそこ可能になる方法だ」

とありましたが、初心者の私が自然に出来たのは、ひとえに
10年近く毎日欠かさずやっている筋トレの成果に違いありま
せん。

「継続は力なり」

ということでしょう。自転車に乗るためにやっていたワケでは
全くありませんが。

| | コメント (0)

2009年11月27日 (金)

スノコ改良

 先日、山仲間との飲み会でドラム缶風呂を利用しま
したが、後から私が入ろうとしたらスノコが浮き上がって
いました。先に入った酔っぱらいが重しの鉛を蹴飛ばした
からです。

 そこで、浮き上がることが無いように対策を講じました。

Img_1088

Img_1089

 裏側に一個2.5Kgのウエイトをボルトで固定したので、
今度は安全安心で足元スッキリです。
って、最初からやれば良かったのにね~。

| | コメント (0)

2009年11月26日 (木)

当選通知

「おめでとうございます。佐藤様が特等に当選致しました。」

 などと、応募したまま忘れていた懸賞に大当りしたと
いうのだったら大喜びですが、迷惑至極な当選通知が
届いたのが2週間前。某国某最高機関からです。

「冗談じゃねーぞー、こんなの要らんっ

とそのままゴミ箱に入れる事も出来ない事情があります。

 やれやれ……。面倒くさいですが、当選を取り消して貰う
ために、法律を調べて申立書と上申書を書いて郵送しました。
これでダメだったら憲法を持ち出して抵抗するつもり。

 全くもって迷惑な話です。応募した人にだけ当選権を与えれ
ば良いだけのことでしょうに。また、それが民主主義というもの
でしょう。

 って、何の話かって?。具体的には書けないので、ご想像に
お任せします。

| | コメント (0)

2009年11月25日 (水)

鳥海山へGO!

 今日は晴れるのが分かっていたので、4時起きして
仕事を片付けると、鳥海山まで走りに行ってきました。
といっても、夕方からまた仕事なので、ほんの3時間しか
なかったんですけどね。

 BOMAのステムを短くしたことで快調快調
空気圧を7.5キロにしたので軽快そのものです。
気温も16℃と高かったので、長袖シャツ一枚で腕まくり
して丁度良い具合でした。

 先日の岩城~深浦サイクリングで脚力不足を痛感した
ことから、普段使いのセンチュリオンMTBでは48×11T
のトップギアだけ使ってトレーニングもどきを続けていますが、
今日は軽いギアでケイデンス100をキープするようにして
走りました。効果の程は不明ですが…。

 やがて、鳥海山の入り口に着きました。

Img_1083

 ここからはひたすらの上り坂が5Km続きます。
地図ソフトで調べてみると平均勾配7%で、道路標示に
よれば最大11%です。去年初めてセンチュリオンMTBで
登った時には、クランクトリプルの最低ギアでヒーヒー言って
いましたが、今日は行ける気がしました。

「よしっ、今日はアウターだけで登るぞ

 妙な自信が漲っていたのです。漫画「シャカリキ!」で
登り方を学習していたし、(笑)

「上りは気持ちで登る

みたいな考え方は、私の山スキーの理念に相通じるものが
あります。

「一に気合いで二に体力。三四が無くて五に技術

というものにです。

 ということで、34Tのインナーは封印して50Tだけで登り
ました。登り出しは快調です。車重がMTBの半分しかない
のはかなりの違いとして感じられますね。ホイールも軽いし、
回転系がスムーズに回る感じです。ダンシングも違和感なく
出来ます。

 途中キツイ所もありましたが、ギア重めのダンシングと
軽めのシッティングを交互に入れて休むことなく湯の台まで
駆け上がることが出来ました。ケイデンスは60キープで最大
心拍数は多分180位まで上がったと思いますが、まだまだ
行ける気がしました。引き脚の効果が顕著だったこともあって、
去年のMTBと比べると二倍以上のスピードだったしね。

「滝の小屋まで行きた~い

 が、そこでタイムリミット。暗くなるまで帰らなければ
いけません。しばしの間、鳥海山を眺めました。

Img_1086

 まだ雪が少ないのでスキーは無理ですが、眺める
だけでも満足です。良い山だね~~。

 さてと、あとは下って帰るだけです。
あまり飛ばせるコースではありませんが、それなりに
楽しめました。気持ちイイッ~~~

 里に下りてから夕日に染まる鳥海山を一枚。

Img_1087

 いや~、ホントに美しい山だね~~。\(^〇^)/

 行きも帰りも交通法規遵守の安全運転で、予定通りに
16:30には帰宅できました。気分爽快です。


※本日の走行記録

 走行距離      88Km
 走行時間    3時間3分
 平均走行速度 28.9Km/h
 最高速度    68.3Km/h 

| | コメント (2)

2009年11月24日 (火)

ドラム缶ストーブ その1

 育苗ハウスでも使うつもりで改良したドラム缶風呂ですが、
設置場所を片付けてシミュレーションした結果、浴槽は邪魔
だという結論に至りました。

 そこで、午後から新たな薪ストーブ作りを始めました。
材料は軒先に転がっていた古いドラム缶です。
速攻で1/3を切断して、昔切断しておいた別のドラム缶の
底を落とし込みました。すると上手い具合にハマったので、
縁を叩いて包み込みました。

Img_1078

 拡大すると…、

Img_1079

 どうです?。ハンマーで叩いた割には綺麗でしょ?。

 この面を下にして使うのであればこのままで良いと思い
ましたが、対面が腐りかけていたので天板に使うのは
避けたい。

 ということで、予定通りにこの面を天板にすることにして
溶接しました。

Img_1080

 次ぎに、在り合わせの2.3mm平板を扉の大きさに
切ってからプラハンで叩いて彎曲させました。
ウルサイですが、板金屋みたいで楽しい作業です。

Img_1081

 次ぎは本体に口を開けて、扉に空気窓を開けたり周辺
パーツを揃えて本日の作業はお終い。

Img_1082

 その気になればあと2時間程で完成しますが、ネタは
取っておかないと…。(笑)

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2009/11/post-22b0.html

へつづく…

| | コメント (0)

2009年11月23日 (月)

サイクリストはどこ行った?

 昨日は天気が良かったので、お昼にBOMAで少し
走ってきました。

Img_1072

 穏やかな海を眺めながら時速35Km程で気持ちよく
走りました。ステムを25mm短くしたら実に良い具合です。

 途中で国道7号線を走りましたが、車が多くて危なかった
ので、345号線へ進路変更。水沢~湯田川~鶴岡を巡って
来ました。紅葉の盛りで里の秋って感じが良かったです。

 白鳥が落ち穂を食べている様子も長閑です。

Img_1074

 更に接近します。

 Img_1073

(「旨そうだな~~」)

という私の心が分かるんでしょうか。遠ざかっていきました。

 〆には14%の急坂をアウターギアのままシッティングで
一気に駆け上がりました。写真右側の細い道です。

Img_1075

 こんな道が延々と続いていたら面白いのにねえ~。
天まで届くような気がするんじゃないでしょうか。

 で、2時間で54Km走ってきましたが、サイクリストを
見かけることは全くありませんでした。皆さんシーズン
オフに入ったんでしょうか。

 まあ、元々庄内には自転車愛好家が少ないですが、
一台も見ないなんて…。天気が良いのに勿体ない。 

| | コメント (2)

2009年11月22日 (日)

火床

 短時間燃やすだけで済む薪ストーブ風呂なので別に
必要無いとは思いましたが、「究極のドラム缶風呂」と
称した手前、一応火床も作りました。

Img_1070

 普通の形状では面白くないので、平板を一枚一枚斜め
に取り付けて灰が下に落ちやすいようにしました。
一工夫することで作る意欲が増すワケです。

 一日中焚いているような薪ストーブなら脚をもっと長く
しないといけませんが、風呂を沸かすだけなら短時間で
済むので、燃焼室を広く取る為に最低限の高さにしました。

 でも、火床があると無いとでは大違いでしょう。

 これで、「究極のドラム缶風呂」は本完成です。

| | コメント (0)

2009年11月21日 (土)

補修布

 お気に入りのTシャツに開いた大穴を塞ぐことにしま
した。

Img_1063

 このシャツを手芸店に持って行って、どうやって塞いだら
良いか聞くと、アイロンで接着する補修用の布を勧められ
ました。

Img_1069

 なるほど、これなら簡単そうです。

 穴が大きいので内側と外側に貼ることにしました。
角を丸くしてスチームを当てながらアイロンで加熱
接着です。

Img_1068

 お店ではほとんど同じに見えた色が微妙に違うぅ。

 でもまあ、遠目には分からないことにして、補修完了です。
このシャツは機能性抜群で着心地が良いし、なんと言っても
高かったので大穴が開いたくらいでは捨てられませ~ん。
また着られるようになって良かったです。

| | コメント (0)

2009年11月20日 (金)

ステム交換

 どうセッティングしてもBOMAのハンドルが遠いので、
ステムを110mmから85mmに変更しました。

Img_1066

 BOMA純正の場合では90mmが最短で、値段が高いし
納期がかなり先になるというのでヤフオクで探しました。
新品ですが1/3の値段です。見た目はカーボンですが、
中はアルミなので安いのでしょう。違和感は全く無いし、
丈夫そうな気がします。

Img_1067

 早速跨ってみると正にジャストフィットって感じです。
これは当たりだなー。

 ちょうど天気も良かったので、ヘルメットにヘッドランプを
装着して夜道をひとっ走りしてきました。

 おおおっ、良いねえ~~~
バッチグーだよ~。\(^〇^)/

 二カ所の坂道を含めて8Km程走ってきましたが、
大満足です。ほぼベストポジション
とっても気持ち良かったです。

 ただ、ヘッドランプのズームレバーに光が当たる為に
眩しくてかなり目障りだったので、帰ってからすぐにレバー
とその周辺を黒く塗りました。やはり実際に使ってみないと
分かりませんね。

 ということで、晴れた日の日中にでもちゃんとした格好で
走ってみたいと思います。

| | コメント (0)

2009年11月19日 (木)

肥料高騰緊急対策事業

 旧政府が衆院選挙目当てに打ち出した政策がこれ。
去年後半から価格が高騰している肥料について、国が
農家へ助成するという事業です。

 その実績の取りまとめが昨夜と今晩にありました。
私は水田農業推進協議会役員としてその指導係りに
かり出されましたが、バカバカしいことこの上ありません。

 その内容は、事業年(平成20年7月1日~21年6月
30日)の肥料費から基準年(平成19年7月1日~20年
6月30日)の肥料費を差し引いた金額×0.7の支給額
算定方式と、事業年の肥料費だけを元にして算出する
方式とがありますが、どちらも簡単に出来ることをわざわざ
複雑にしているのです。非常識で細かい比較対照を求める
上に、肥料の使用量を2割カットする新技術を導入していな
ければ認められない、などという実効性ゼロのバカな条件
付きの内容です。

 後者の方式に至っては支給額を算出する計算式が非常に
面倒なものでした。

「もっと簡単に出来るだろ

と連立方程式にして解いてみると、なんのことはない。
肥料費に0.075を掛けるだけで良いのでした。
つまり、実際に使った肥料の金額の7.5%が支給額になる
訳です。

「バカヤロー

ですよ。こんなに無駄で、自分たちの仕事を確保する為の
仕組みを作った官僚と部署なんてそれこそ無駄です。
即刻人員削減、廃止して貰いたい

 この支給額ですが、酒田市だけで1億円になるそうなの
で、全国的には数百億円規模になるのは間違いありません。

「蓮舫議員に見つかったら基金もろとも没収されるんじゃ
ないのか

と話していました。現実味がありますからね。

 ということで、今日はムカムカしていたので、大根の結束
作業中に丸々と太った青虫を見つけると、その度に官僚に
見立てて、

「クソ役人め

と内心罵りながら、

「プチュッ」

と指で潰していました。結構快感です。少しだけスッキリしま
した。

| | コメント (2)

2009年11月17日 (火)

尿道圧迫 2

 300Kmランの後、二日間に渡ってチ○ポの痺れが
残ったことから、BOMAのサドルには”アレイ・エアー
スパンシステムサドル”を採用した話は先月書きましたが、
その後実施した長距離ランの結果を書いていませんでした。

 というか、すっかり忘れていました。
忘れるくらいですから、バッチグーだったワケです。
230Km走った後も全く痺れなかったのです。
もちろん、翌日も平気。お尻の痛みは少し残りましたが、
これはセッティングで解決できるでしょう。このサドルは
当たりみたいです。なんといっても、状況に応じて走行中
でも空気圧を自由に変えられるのは、やっぱり便利です。
 これで、車のシートの様に走行中でもサドルの位置を
スライド出来れば言うこと無しなんですが、そんなサドル
は存在しないでしょう。多分…。

 長距離走行後の局部の痺れは自転車乗りにはつきもの、
と思っている人は少なくないと思いますが、諦めずに自分に
合ったサドルを探して欲しいですね~。

| | コメント (0)

2009年11月16日 (月)

煙突

 薪ストーブに必要不可欠なのが煙突ですが、私の
認識としては、

「煙突は横はなるべく短く、縦には長くでしょ?」

程度のものでした。

 しかし、今回の薪ストーブ化したドラム缶風呂は
育苗ハウスでも使うつもりなので、改めて調べて
みました。仕事後に入浴しようというのではないですよ。
スイカの接ぎ木(断根刺し継ぎ)作業には温度と湿度を
高く保つことが必要なのですが、既設の灯油暖房機や
反射式ストーブで使う灯油代がバカにならないので、
ドラム缶風呂をそれらに代えようということです。
何せ、薪の材料ならいくらでもありますから。

 さて、専門業者のHPによれば、横筒は1m以内で、
縦筒は5m以上にし、屋根を貫通させて設置するのが
望ましいとのこと。へ~、そうなんだ。
 
 しかも、煙突内のドラフト(上昇気流)を効率よく発生
させる為には煙突の温度を高く保つのが重要なので、
二重煙突を使うようにだって。

 そういえば、実家で昔焚いていた薪風呂の煙突は
太い陶管で屋根よりも高かったです。逆流なんて全く
ありませんでした。なるほど、そういうことだったんですね。
へ~へ~へ~~。

 そこで改めて改良型ドラム缶風呂を見てみましょう。

Img_1062

 横筒に対して縦筒の長さは6倍あります。
外で風呂として使う場合はこれほど長く要りませんが、
育苗ハウス内で使うことを想定しています。実際には
横筒がもう少し長くなるので、まだ足りません。

 まあ、接ぎ木で使うのは来年のことなので、少し
遊びながら詰めていきたいと思います。
 

| | コメント (3)

2009年11月15日 (日)

干し大根

 今日から大根を洗って干す作業を始めました。

Img_1059

 時折暴風雨となりましたが、南風ということで気温は
高めだったので、辛くはありませんでした。
一年前の作業後に大根洗い機に更なる改造を施して
以来初めて使いましたが、バッチグー
長くて曲がった大根でも傷つけることが全くなくなり、
実に快調でした。キャブレターの掃除もしておいたので
エンジンも絶好調。\(^〇^)/

 と思いきや、暗くなってきてから、

「これを洗えば今日の仕事は終わりだ~」

とエンジン始動。かからない……。
いくらスターターを引っ張ってもかからない……。

 折からの暴風雨で電気系統がショートしたと考えられ
ました。原因が見当付いても暗くてはどうしようもありま
せん。ここは何とか頑張ってかけるしかないゾ。

 しかし、かからない……。

 20分位奮闘したでしょうか。辺りはすでに真っ暗です。

「やったー。かかったー」 

 ヤレヤレ……。ようやく始動しました。雷も接近して
来てヤバイ状況となったので、急いで洗って撤収しました。

 明日もこれでは仕事にならないので、修理するための
材料を仕入れてきました。明朝直したいと思います。

 毎年、何らかのトラブルは起きるもんです。

| | コメント (2)

2009年11月14日 (土)

近所でヒルクライム

 昨日は快晴だったので、お昼休みに近所を走って
きました。作業着に手ぬぐいの鉢巻きという姿で、
靴だけはSPD-SLです。チェーンに絡まないように、
ズボンの裾は靴下の中に入れました。(笑)

 で、「シャカリキ!」の影響で坂を登りたかったので、
距離は短いものの、一番急な坂で遊んできました。
工作でたまに使う傾斜計を持って行ったので、測って
見ると、8°ありました。ということは14%の勾配という
ことになります。鳥海ブルーラインでも最大10%なので、
かなりの傾斜です。

 でも、距離が100mもないので楽勝です。
時速20Km位でグングン登れました。
これが5Kmとかなったら死にそうになるでしょうが。(笑)

 小春日和に走るのは本当に気持ちが良いですね。

| | コメント (0)

2009年11月13日 (金)

究極のドラム缶風呂完成!!

 秋の夜長を最大限使って、煙突式のドラム缶風呂に
更なる改良を加えて、「風呂付き薪ストーブ」へと進化
させました。炊き出し用の鍋として使えば、豚汁400杯
が調理できます。

Img_1058

 昨日までの焚き口はこうでした。

Img_1039

 これでは火力調整が出来ないので、扉を取り付けた訳
です。
 
Img_1055

 2.3mm厚の鉄板を横長に切って彎曲させてから
切り出しました。空気調整用の窓も付けました。
写真では半開状態で、任意の位置で固定できます。
 ついでに、無駄に大きかった庇をカットしたので、中が
見えやすくなりました。

 写真では分かりませんが、扉を付ける都合上、去年
開けた焚き口の上部に30mm幅の鉄板を溶接して
塞いでいます。

Img_1056

 留め具を回して外すと、張力で扉が自動的に全開に
なります。

 それと、トラックで運搬する際には横置きになるので、
煙突下部が動かないようにステーを追加しました。

Img_1057

 あとは炉内に敷く火床を作るだけです。
これは簡単です。

 ということで、ここに「究極のドラム缶風呂」完成を
宣言します。(笑)

 本体以外の附帯品はこちらに載っています。(↓)

http://homepage3.nifty.com/farmersatoh/myweb1_131.htm

 煙突取付け編はこちら。(↓)

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2009/11/post-9aa9.html

 使うのがとっても楽しみです。

| | コメント (0)

2009年11月12日 (木)

めっちゃ明るいヘッドランプ

 GENTOS(ジェントス) のヘッドランプ、「ヘッドウォーズ
プロフェッショナル HW-767H 」は衝撃的に明るいです。
今まで使っていたのは何だったんでしょう

Img_1051

 私は仕事と山登りでヘッドランプを使いますが、これは
BOMA用です。先日の深浦ロングライドでは、BOMAに
オマケで付いてきたLED4灯式ライトを使ったんですが、
暗くて参りました。路側帯の白線を照らすのがせいぜいで
後ろから来る車のライトが頼りとなってしまいました。

Img_0936

「これでは危険だ

という訳で調べてみると、マグライト型で180ルーメンと
いう強力なランプもあるようですが、ヘッドランプの方が
サイクロコンピュータを照らすことも出来るし、自転車の
トラブルにも対応できるので利便性が高いです。

 残念ながら、仕事&山用のヘッドランプは明るさが
足りなくて、自転車走行用としては話にならないのです。
3ヶもあるのにねえ…。

 で、今回選択したモデルはLED1灯式でフォーカス可変
式です。単三アルカリ乾電池3本で最大投射10時間という
のも嬉しいですねえ。能書きでは最大150ルーメンとな。

 ルーメンってなんだっけ?。ラーメンなら知ってるが。

 驚きました。滅茶苦茶明るいです。(@@
外で試してみましたが、二つ点けたら車のヘッドランプ並
かも知れません。その位明るいです。

 さて、これをヘルメットに取り付けてみました。

Img_1046

 二種類のバンドが付属していて、ヘルメットには滑らない
ようにゴムバンドを使います。ヘルメットに引っかけるように
フックもありました。

Img_1048

 でも、自転車のヘルメットには適合しないので、火で
炙って曲げて無理矢理使えるようにしました。

Img_1047

 これで、走行中にずり上がる心配が無くなりました。

 横から見るとこんな感じです。

Img_1050

 ゴムバンドはストッパーを使って本体と連結するように
なっていますが、力が掛かると外れ易いので、前の方は
瞬間接着剤で固定して、後ろは折り返して抜けないよう
にしました。

 後ろはバッテリーケースになっています。

Img_1049

 このケースには赤色灯が付いていて、点灯と点滅を
選ぶことが出来ます。自転車での夜間走行では、とにかく
目立つことが重要なので、これは嬉しい機能です。

 しかし、メインライトの上に付いている、赤、青、緑の
LEDが分かりません。これって何のためにあるんでしょう?。
いっそのこと、全部一緒にも点けられるんだったら白色に
なるのでテントとかで使うのに丁度良さそうな気がしますが、
一ヶずつしか点かないのです。意味不明です。

 角度も変えられるので、使い勝手は非常に良いです。
スイッチも実に簡単で機能的。これで¥3,480は安いっ

 と思ってアマゾンの当該ページを紹介しようと思ったら、
なんと僅か数日の間に¥1,500も高くなっていました。
オーマイゴ~ッド。これから買う人が気の毒です。

 それにしても、妙な話なので注意深くアマゾンのページを
見ていると、日によって取扱業者が違うようです。
それに伴って価格も変動するということのようです。

 どっちにしても、アマゾンはピンハネするだけなので得する
ばかりですね。ヤルモンダ。

※ その後実際に使用してみたら、ズームレバーに光が
当たって眩しいので、レバーとその周辺を黒く塗りました。
これは是非やった方が良いです。

| | コメント (0)

2009年11月11日 (水)

煙突式ドラム缶風呂

 四日前に山仲間の小屋でやった飲み会に、また
ドラム缶風呂を持って行きました。保温用に銀マット
も巻きました。

Img_1018

 今回は、四連装式の練炭コンロを使ったので速く湧く
ハズでしたが、どうも中で酸欠気味になったようで、
イマイチ火力が上がりませんでした。

 山仲間も年齢が上がってきたので、せっかちになった
のでしょう。なかなか水温が上がらないことに業を煮や
して、

「ヌルぐでダメだ~。薪燃やせ~~

と騒いだ挙げ句に、通気を良くするために勝手に穴を
開けていました。

Img_1035

 電気ドリルが車に積んであるなんて、変な連中です。

 ウーム……。やっぱり練炭では無理があったか……。

 ということで、ドラム缶風呂を作る時から考えていた
煙突式に改造することにしました。

 ヤレヤレ…、まずは連中が開けた穴を塞ぐ作業から
です。ドラム缶は薄いので、溶接機の電流を最低にして
チョッチョッチョッと溶接棒を当てて、徐々に塞ぎます。
写真の穴の他にも開いていたので、完全に塞いでから
削って磨くまで40分程かかりました。

 あとは、煙突を入れる穴をジグソーで開けてから大きさ
を調整し、煙突を取り付けました。重さで下がらないように
支柱も付けました。

Img_1045

 ヨッシャー。完成です。
ついでなので、全体的に塗装し直しました。

Img_1044

 これで薪を燃やせば文句なしでしょう。巷のドラム缶
風呂と違って煙たくないだろうし、あっと言う間にお湯が
沸くはずです。

http://farmersatoh.cocolog-nifty.com/zakkicyou/2009/11/post-9728.html

へつづく…

| | コメント (4)

2009年11月10日 (火)

木製自転車!

 惚れ惚れするほど美しいマホガニー製の自転車が
ありました。

20090129191928

 メインコンポ以外は殆ど全てが手作りです。強度を出す
ために積層されたマホガニーを使っていて、なんとホイール
までも木製ですよ。曲げ木の技術も超一流です。
 しかも、総重量が8Kg程度だというのですから驚きモモ
ノキです。(@@

 それもそのはず。この自転車の製作者は、非常に美しい
木造艇を作ることで知られる名人、佐野末四郎氏なのです。
佐野氏のことは木工の専門誌で知っていましたが、まさか
自転車までも作っているとは昨日まで知りませんでした。

 こりゃー、とんでもなく手間が掛かっているなー

 ということで、私は200万円以上の価格を予想しました
が、ユーロバイクショー2009に於いて、招待した企業から
約260万円の値がつけられて3台の注文があったそうです。
佐野氏が持つ高度な技術が世界に認められた訳で、他人事
ながらも嬉しいです。\(^〇^)/

 いや~、これは本当に見事です。
なんといっても、金属フレームと遜色のない強度を持ちながら
も、独特の走行感があるというのですから、買うことの出来る
超マニアにはたまらないでしょう。私だって大金持ちだったら
買います。プリウスより佐野氏のマホガニー・バイクですよ。

 これは是非、実物を拝見してみたいものですねえ。
拝観料を払っても良いくらいです。

詳しくは下のサイトをご覧下さい。

http://sanomagic.world.coocan.jp/

 それと、you tubeで佐野氏自らが語っていたので、
是非ご覧下さい。(↓)

http://www.youtube.com/watch?v=pzO_YpwEf_Q&feature=related

| | コメント (6)

2009年11月 9日 (月)

バックミラー

 先日のロングライドではブッシュ&ミューラーのサイクル
ミラーが大活躍しました。

Img_1034_2

 去年からずっと必要性を感じていましたが、前傾姿勢が
より強いロードレーサーでは尚更だと感じたので取り付け
ました。いろんなタイプが売られていましたが、下ハンに
取り付ける小型タイプにしました。

 かなり小さいのでどうかな?、とは思っていましたが、
これは使えます。後続車の車種が分かるので、追い越さ
れる時に左へ寄るタイミングを測れるし、車線変更も不安
無く行えます。振り向く動作ってかなり大きいので、前が
おろそかになって結構危ないですからね。

 取り付けは簡単だし、走りながらの調節も容易です。
スパイミラーと違ってガラスなので歪みなく見えます。

 ただ、ブラケットを持っている時だと頭を下げないと見えない
ので、視認性としてはシマノSTIに取り付けるタイプの方が
良さそうです。私の場合は、駐車時に邪魔にならない方が
良いかな?、と思ってこのタイプにしましたが、実用的な性能
はあります。出来れば下ハン使用時用に左にも欲しいくらい
です。買うつもりはありませんが。

 いや~、もうバックミラーなしには乗れませんね~。

「安全快適」

 それが一番です。

| | コメント (0)

2009年11月 8日 (日)

シャカリキ!

 曽田正人著「シャカリキ!」全18巻を買いました。

Img_1032

 漫画本を買ったのは、「エイトマン」と「サイボーグ009」
を各一巻だけ買って以来、ナンと40年振りです。
なんせ漫画は立ち読み専門だったので~。

 内容としては、自転車で坂道を登ることに異常なまでの
執念を燃やす少年の話です。映画「シャカリキ!」に興味を
持って調べている内に、原作の方が圧倒的に面白いという
ことが分かったので、新品をオークションで半額ゲットしました。

 ウン、これは確かに面白い。タイトル通り、シャカリキに
なって全部読んでしまいました。(笑)

 読んでいる内に、すっかり忘れていた少年時代の事を
思い出しました。そういえば、私も自転車で急な坂道を
登るのが大好きだったんですよね。今でも、延々と何処
までも続くような急な登山道をひたすら登ることが大好き
なので、どうも昔から変わっていないみたいです。

 もし、高校時代にこの作品に出会っていたら、間違いなく
感化されたでしょうねえ。読み終えた今、ロードレーサーで
ヒルクライムをしたくてウズウズしているくらいですから。(笑)

| | コメント (2)

2009年11月 7日 (土)

何着て走る?

 昨日のロングライドでは何を着るか考えました。
今の時期は晴れれば日中は結構暖かですが、夜間は
ぐっと冷え込みますからね。荷物を入れるスペースは
僅かしかないので、ここは思案のしどころです。

 結局、夜中の2時過ぎに起きてすぐに外に出てみて、
外気を肌で感じて決めました。寒さは感じませんでした。

 そこで、夏用のレーパンと半袖シャツにウインドブレーカー
で、膝を冷やさないように「パワーレッグスリーブ・ロング」
というスタイルに決定です。

Img_0989

 靴下は機能性を考えると自転車専用が良いらしい
ですが、高いのでユニクロの「コンフォート・サポート・
アンクル・ソックス」というのを採用しました。

Img_0991

 二足で¥990とお手ごろ価格ですが、非常に良いです。
左右専用の立体設計で、爪先と踵、足首が厚くて他は
メッシュ構造になっているので、しっかりサポートするのに
蒸れにくいのです。爪先を上げるとSPD-SLシューズの
ソールに開いている穴から風が吹き込んで実に快適。

 履くとこんな感じです。

Img_0993

 臑毛が隠れるので、スベスベして綺麗な脚です。(笑)

 で、走ってみての感想としては、ほぼパーフェクト。
朝霧の中では少し寒かったですが、それ以外は夜も含めて、
暑くもなく寒くもなく快適でした。

 欲を言えば、レッグスリーブとレーパンが繋がれば良いと
思います。マジックテープでも付けようかな…。

 ということで、本格的な自転車走行の経験が少ない割
には上手くいきました。まあ、寒かったらコンビニでシャツ
でも買えば良いと思っていたんですけどね。

 それから、ウインドブレーカーはボトルホルダーにセット
したツール缶に収納しましたが、バッチグーでした。

| | コメント (0)

2009年11月 6日 (金)

♪は~~~るばる~~来たぜ深浦~~~♪

 今年最後のロングライドになるだろうということで、
BOMAによる「チャレンジ!ワンデイラン3」の予定で、
目標301Km以上だったんですが、予想外の
霧に阻まれました~。

 今回も北に行くほど天気の回復が早い見込みだった
ので、午前二時起きして道の駅「象潟」までBOMAを
載せたトラックで直行しました。

 が、まだ路面が濡れてる……。

 ならば、ということで、更に北上して西目の道の駅まで。
まだ路面は濡れていましたが、それ以上に厄介なのが
濃い霧です。内陸と違って沿岸部に霧が出ることは
少ないので予想外でした。霧の中を走るなんて考えられ
ないので、諦めて車中で寝ました。

 午前7時前。日の出となりましたが、まだロードレーサー
で走る状況にはなかったので、更に北上して道の駅
「岩城」まで行くと、ようやく路面乾燥です。

 やれやれ……。やっと走れます。7:16出発。
が、あちこちで霧が発生していたので、寒いしメガネが
濡れて困りました。ウインドブレーカーを着ていても
寒くて手もかじかみました。

 一時間余り走って秋田市に近づいた頃、ようやく霧が
晴れました。「予定」通り快晴です。

Img_0996
 
 秋田市内では朝のラッシュアワーに遭ってしまいま
したが、市外へ抜けるとまずまず快適に走ることが
出来ました。

 今回は国道7号線を能代まで北上しましたが、そこ
までの平均速度は31Km/hで快調快調

 能代からは国道101号線に入りました。
時間的に深浦が適当と考えたからですが、深浦といえば
やっぱりイカでしょう。焼イカを思い浮かべながらひた走りま
した。

 しか~し、アップダウンが連続する海岸道路を走っていると
両膝に痛みが出てきました。明らかに脚力不足です。
こりゃあ、どげんかせんといかんなー。

 道の駅ごとに休憩しながら深浦を目指し、ようやく秋田青森
の県境に到着したのは12:30でした。時間切れです。

Img_1007

 県境の50m先に食堂があり、念願のイカ焼きもやって
いました。

Img_1011

Img_1013

 焼き上がると写真を撮るのも忘れてすぐに食べてしま
いました。塩味で、なかなか美味しかったです。

 それにしても、高台になっている店の前から望む日本海
は見応えがありました。

Img_1008

 海の側に住んでいるくせに海を見ることは滅多にない
ので、海、特に磯を見るのは好きです。走ってもとても
気持ちよさそうな道が続いていますが、また今度にしま
しょう。

 近くには景勝地もあるようです。

Img_1009

 実は、この道は20年以上前に山登りの帰りに車で
通りましたが、やっぱり自転車の方が、

「来たぞーっ

という思いが段違いに大きいですね。岩城から走り出し
て、往復228Kmのサイクリングですから、さもありなん
です。

 今度行く時には日帰りではなくて、深浦から鰺ヶ沢に
抜けて、下北半島も巡ってみたいと思いました。
いつになるかは全く分かりませんが。

 最後に記念写真を一枚。

Img_1010

 って、カメラマンが私なのでチャリだけです…。

 帰り道は上り坂は多いし向かい風ということもあって
ペースがさっぱり上がりませんでしたが、日没前からは
無風になってそれなりのペースに戻りました。膝の痛み
にも慣れたようで…。

 特に、秋田市内に入ってからはラッシュの車の流れに
乗ってバンバン飛ばしました。時速50Km前後で車道の
真ん中を疾走するのはかなり気持ちいいです。
今日の最高速もそこで記録したくらいです。

 で、今日の走行記録は、道の駅「岩城」を出発して戻る
まで丁度11時間で、228Kmとなりました。
行き帰りともラッシュアワーで膝の調子も悪い中ではまず
まずって感じです。ホントは不本意だけど……。

 他の記録は以下の通りです。

最高速度    60.5Km/h

走行時間    8時間24分

平均走行速度 27Km/h

| | コメント (5)

2009年11月 5日 (木)

コンプレッション・プラグ

 BOMAのヘッドパーツにガタツキがあったので締め
ようと思いましたが、上手くいきませんでした。

 プラグを外してみると…、?????。
こんなんってアリ

Img_0994

 今のロードレーサーでは殆どが採用しているという
インテグラルヘッドというものを初めて開けたのですが、
見れば見るほど、

「こんなんじゃ締まらんでしょ

 ここはやはり、プロに相談しましょう。すると…、

「コンプレッション・プラグが入っていないから、これでは
締まらない」

とのことでした。やっぱりねえ~。

 しかし、売った業者も組んだ状態で仕入れたので気付か
なかった、ということで別のプラグを送ってくれました。
誠実な業者で良かったです。

Img_0992

 カーボン製のヘッドチューブにはこのタイプを使うの
だそうで、今度はちゃんと締まりました。
というか、締めすぎに注意が必要ですね。

 ヨッシャー
今度こそバッチリです。\(^〇^)/
 
 何をそんなに喜んでいるのかって?。

 フフフ……。

| | コメント (0)

2009年11月 4日 (水)

ウオーター・クライシス

「知らなきゃヤバイ!飲料水争奪時代がやってくる」

という本も出ていましたが、水不足は世界的な問題に
なってきているようです。

 人ごとではありません。
ウチでも深刻な水危機に見舞われたんですから。

 一ヶ月ほど前から畑の井戸水の上がりが悪くなって
いましたが、全く出なくなってしまいました。
ハウスにほうれん草を播いて芽が出始めた頃だったので、
そのまま水が出ないとアウトです。

 業者がポンプ回りの水密パッキンや弁を交換しても
ダメ。結局、井戸パイプの目詰まりだろうということに
なりました。

 しかし、業者の仕事が詰まっているということで、
すぐには来られない…。

 四日目。ようやく井戸掘りです。2.5インチ管の突き
井戸を新たに二本掘って貰いました。
二人で一日がかりでしたが、道具さえあれば私でも
出来る内容でした。ああいう仕事は好きなだけに、
残念です。

 夕方には作業が終わって、水がバンバン出るように
なりました。何とか間に合いました。\(^〇^)/

 もしこれが、春だったら大変でした。
水稲と野菜の育苗や植えたばかりのスイカやメロンには
水が必要不可欠だからです。

 ということで今回はラッキーでしたが、地下水が涸れる
ようなことがあれば絶望的。廃業するしかないでしょう。

 地球上の水の内で淡水は僅か3.5%しかなく、実際に
利用できる量はたった0.8%しかないそうです。
大切にしたいですね。

| | コメント (0)

2009年11月 3日 (火)

サイクロコンピュータ

 貯まったポイントでBOMAにサイクロコンピュータを
取り付けました。キャットアイのCC-RD200です。

Img_0986

 ハンドル・ステム左側の小さいヤツです。
ハンディGPSがあるので必要ないと思っていましたが、
ケイデンス計測機能が必要になったのと、地図やナビ
が必要な場面は当面全く無いので考え直しました。
セット重量380gもあるGPSとは対称的に、本機はたった
の18g+αしかありません。

 で、ロード乗りでは皆さん常識的に付けているサイクロ
コンピュータですが、今はワイヤレスタイプが主流のよう
です。

 しかし、私はあえて有線式にしました。たまには利用
するであろうGPSとの混信を回避出来るし、二カ所の
センサーに電源や発信器が要らない分、安くて軽い
操作もこれ以上ないくらいに簡単です。お見事
”made in japan”というのも嬉しいです。

 近頃はハートレート機能付きが流行っているようですが、
私には必要ありません。これで充分です。

 これで、必要な物は揃いました。
私は形から入るタイプではありませんが、安全と効率を
考えると今回のBOMA車購入に附帯した諸々の出費
には必然性があります。むしろ、安物で間に合わせると
後々高く付きますからね。

 ヨッシャー。これで、来年のチャレンジ!ワンデイラン
では400Km走破だあ。

 と気合いは入りますが、急に寒くなって雪交じりの雨降り
では練習走行も出来ません。ローラーを作る気も無いしね。

 仕方ないので、高揚する気持ちを静める為に久しぶりに
爪先立ちのヒンズー・スクワットを連続千回やりました。
体が温まって気持ち良いです。

| | コメント (0)

2009年11月 2日 (月)

SPD-SL

 インライン・スケート靴を改造したビンディング・シューズ
ですが、どうにも蒸れて暑いので冬専用にすることにしま
した。冬以外は、やはり自転車専用靴が良いという結論
に至ったワケです。

 そこで、買う前に徹底的に調べました。
選択肢は三つです。

①ロード専用のSPD-SLシューズ

②ロード専用だがSPD-SLとSPDの兼用型シューズ

③オフロード&街乗り用のスニーカータイプSPDシューズ

 最初は歩きやすい③が良いかな?、と思っていました。
ペダルもそのまま使えるしね。

 でも、私のように長距離ランを専門にするような場合は
ソールが堅いロード専用タイプの方が向いていることが
分かりました。

「じゃ、②かなー?」

 いや、待てよ。
兼用型というのは結局半端くさいのではないか??。
山スキー兼用靴と比べるのもどうかと思いますが、私が
20数年前の購入以来ずっと愛用しているコフラック製
山スキー兼用靴は定価5万円でしたが、スキー場でレン
タルした1万円もしないようなスキー靴に滑降では完敗
でした。あれは衝撃的な事件でしたねえ…。

 経験者の話だと、ロード用の靴でも専用タイプと兼用
タイプの差は、ペダルの違いも含めてそのくらいあるよう
なのです。

 となると、後から不満が出ないように、どうせ買うなら
少々高くても①しかない、という結論に達したワケです。
クリートが大きく出っ張っているために歩きにくいと言って
も、せいぜいコンビニや道の駅等を利用する時に歩く程度
なので実用上の問題はなさそうだし。

 そこで、上ノ山自転車店でフィッティングした上でシマノ
のSPD-SL専用靴を注文し購入しました。

Img_0983

 締まりが良いバックルタイプにしました。

 比べた結果、ソールはガチガチに堅いカーボン・ソール
を選びました。パワーロスを防ぐためには重要なポイント
だと考えるからです。

 当然のことですが、コストパフォーマンスに優れるモデル
を選びました。一足3万なんて買えないよねー。

Img_0984

 ランニングは無理っぽいですが、少し歩く分には別に
問題ありませんでした。全然オッケーです。

 もちろん、今までのSPDペダルは使えないので、専用
タイプを取り付けました。他のコンポに合わせて105です。
軽いデュラエースには手が出ませんでした。

Img_0985

 ヨッシャー。これでガンガン走れるぞー

 と思いきや、新たな問題点が見つかりました。
こりゃ、本格的に走る前に冬が来そうな……。

| | コメント (2)

2009年11月 1日 (日)

さらばTS!

 30年もの間、バイクに乗り続けてきましたが、ついに
降りました。最後の愛車TS125Rを手放したのです。
BOMA購入のために苦渋の決断をしたワケです。

Img_0982

 今日の夕方、青森の若いご夫婦が引き取って行きま
した。旦那さんはヤマハのWR250にお乗りだと言うこと
で、夫婦で林道を走りに行くのだそうです。良いですね~。
 
 そこで、奥さんが乗る足つき性が良いオフロードバイクを
探していたということでした。

「これなら両足が着く~

と大変喜んでくれました。軽いキックの一発始動でパワー
も丁度良いし、サスも柔らかめなので女性には理想的です。
良い人に貰われていって私もとても嬉しいです。

「♪ドナドナド~ナ~ド~~ナ~~♪」

 元気でな~~。

| | コメント (3)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »