« 尿道圧迫 2 | トップページ | ステム交換 »

2009年11月19日 (木)

肥料高騰緊急対策事業

 旧政府が衆院選挙目当てに打ち出した政策がこれ。
去年後半から価格が高騰している肥料について、国が
農家へ助成するという事業です。

 その実績の取りまとめが昨夜と今晩にありました。
私は水田農業推進協議会役員としてその指導係りに
かり出されましたが、バカバカしいことこの上ありません。

 その内容は、事業年(平成20年7月1日~21年6月
30日)の肥料費から基準年(平成19年7月1日~20年
6月30日)の肥料費を差し引いた金額×0.7の支給額
算定方式と、事業年の肥料費だけを元にして算出する
方式とがありますが、どちらも簡単に出来ることをわざわざ
複雑にしているのです。非常識で細かい比較対照を求める
上に、肥料の使用量を2割カットする新技術を導入していな
ければ認められない、などという実効性ゼロのバカな条件
付きの内容です。

 後者の方式に至っては支給額を算出する計算式が非常に
面倒なものでした。

「もっと簡単に出来るだろ

と連立方程式にして解いてみると、なんのことはない。
肥料費に0.075を掛けるだけで良いのでした。
つまり、実際に使った肥料の金額の7.5%が支給額になる
訳です。

「バカヤロー

ですよ。こんなに無駄で、自分たちの仕事を確保する為の
仕組みを作った官僚と部署なんてそれこそ無駄です。
即刻人員削減、廃止して貰いたい

 この支給額ですが、酒田市だけで1億円になるそうなの
で、全国的には数百億円規模になるのは間違いありません。

「蓮舫議員に見つかったら基金もろとも没収されるんじゃ
ないのか

と話していました。現実味がありますからね。

 ということで、今日はムカムカしていたので、大根の結束
作業中に丸々と太った青虫を見つけると、その度に官僚に
見立てて、

「クソ役人め

と内心罵りながら、

「プチュッ」

と指で潰していました。結構快感です。少しだけスッキリしま
した。

|

« 尿道圧迫 2 | トップページ | ステム交換 »

コメント

  オイッスっ!。

  政府が実施している「事業仕分け」ですけれど、大木の枝葉を落としてるに過ぎないと見る識者もいるようですね。

  いくら剪定したところで根っこが広範囲に伸びていることを御存じなのでしょうかね?。

  行きつく先、我々庶民の納税額に手を付けるんでしょうか?。_| ̄|○

投稿: 面白ダディ | 2009年11月20日 (金) 12時30分

>面白ダディさん

 そもそも、「概算要求」なんてやるのが間違いでしょ。
最初から限られた予算を各省庁に振り分けて、

「これでなんとかしろ

とやれば本気で事業を減らすでしょう。
そうすれば、官僚の仕事も減るので人も部署も
大幅に要らなくなります。
 
 極端な話、配分された予算が人件費で全部消える、
なんてことになるかも知れませんがねー。

 そもそも、実績を上げていないのにボーナスがちゃんと
支給されるのがおかしい
社会保険庁なんてあんなデタラメなことをやったんだから
ボーナスゼロ+減給20%にするべきでしょう。

 今やっている事業仕分けで廃止になったような事業を
推進した関係者のボーナスも当然カット

 そのくらいやらなければこの先見込み無しです。

投稿: ファーマー佐藤 | 2009年11月20日 (金) 13時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 尿道圧迫 2 | トップページ | ステム交換 »